makaranTB

手作り&裏読み&日替わりブログ

【「大阪都構想」の話】選択の理由は、「子や孫に胸を張れるもの」が望ましい

本日も、いわゆる「大阪都構想」に関する話をば。

明日・11月1日に住民投票が行われる予定ですから、それまでにもう一度触れておきたい話題です。

 

------------------------------------------

 

筆者は関西人ですが、大阪市民ではありません。よって、今回の住民投票には参加できません。

しかし、ほぼ毎日の様に住民投票の話を見聞きするので、全く他人事には思えない。

また、大阪市は大都市であり、大阪市を廃止して特別区に分割するとなれば、少なからず関西地区全体への影響があると考えます。

そこで、「もし自分が大阪市民だったら、どうするか」という視点で考えてみました。

 

その結論は、

賛成するにしろ反対するにしろ、後で「なぜそうしたのか?」と尋ねられた時、明確な理由を言えるまで考えてから投票する

というもの。

「何か分からんけど、とりあえず雰囲気的に良さそうだからor悪そうだから」という理由では駄目。それは気分を述べただけで、理由と呼べるものではない。

 

------------------------------------------

 

特に、今回の住民投票は、今後数十年の大阪を変えるであろう投票です。

 

後になって、自分の子や孫に「なぜあんなことになったのだ?」と詰め寄られた場合、きちんとした答えを返せるかどうか?

そこがポイント。

 

「みんなが賛成するから、自分も賛成」
「世論調査の数字を見て決める」
「知り合いが反対と言っているから、よく分からんけど反対する」
「考えるの面倒だから棄権」

こういう理由ではNG。子や孫に胸張って言えないどころか、馬鹿にされます。

 

「あの時、自分は一生懸命考えて、裏付けを探して、それで出した精一杯の答えがコレだった」と言えるまでは、悩むべきです。

その手順を経て得た結論は、揺るぎないものになるでしょう。結果がどうあれ、ベストを尽くしたワケですから。

 

------------------------------------------

 

ちなみに…

筆者が投票権を持っていたとすれば、反対票を入れます。

その理由は、以下記事を読んで頂ければ伝わると考えます。端的に言えば、「素朴に考えて、賛成派の主張にツッコミどころがある為」です。

tenamaka26.hatenablog.com

tenamaka26.hatenablog.com

 

ただ、この理由は「筆者が、自分の頭で考えて出したもの」です。

他の方に賛同して頂けるかどうかは、全く未知数。

 

仮に賛同して頂けるとしても、読者様が心底納得し、「自分の意見として説明できるレベル」にまで吸収して頂いた状況に至るのが望ましい。そう考えます。

 

重要なことは、自分の言葉で説明できること。

自分の言葉で説明するには、自分の頭で考え・悩むことが必要。

なかなかシンドイかもしれませんが、子々孫々に対して堂々と接するには、避けては通れない道です。

 

 

--------------(記事了)--------------

 

 

やさしく解説! すっきりわかる! 大阪都構想

やさしく解説! すっきりわかる! 大阪都構想

  • 作者:東 徹
  • 発売日: 2020/10/03
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
都構想の真実 「大阪市廃止」が導く日本の没落

都構想の真実 「大阪市廃止」が導く日本の没落

  • 作者:藤井 聡
  • 発売日: 2020/10/12
  • メディア: 単行本
 
政令指定都市 百万都市から都構想へ (中公新書)

政令指定都市 百万都市から都構想へ (中公新書)

  • 作者:北村亘
  • 発売日: 2020/03/13
  • メディア: Kindle版
 
住民投票までに知っておくべき「都構想」の嘘と真

住民投票までに知っておくべき「都構想」の嘘と真