makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【都市伝説&映画の話】77年前に隠蔽された、超科学計画が存在した?

この記事を書いているのは、2020年10月28日(水曜日)です。

当記事では、この日付にちなんだ話をひとつ、ご紹介します。

 

----------------------------------

 

今から77年前。

1943年の10月28日(木曜日)に、世界を震撼させる大事件が起こった…という話があります。

その事件とは、「フィラデルフィア計画の失敗」というもの。

 

1943年といえば、第二次世界大戦の最中。

各国が軍事技術を競い合って、ガンガン開発していた時代です。

 

そんな1943年の10月28日。

この日、アメリカ東部のフィラデルフィアで、軍艦を使った実験が行われたとのこと。

その実験とは、「大きな軍艦を、レーダーに映らない様にする装置」の稼働実験。いわゆる”ステルス技術”の実験でした。

 

この実験を担当した科学者の名前は、「ニコラ・テスラ」氏。

発明王エジソンのライバルであり、現在でも「磁力を示す単位」や「電気自動車の製造メーカー」等に名を残す大人物です。

天才の発想力 エジソンとテスラ、発明の神に学ぶ (サイエンス・アイ新書)(提供:Amazon)

(著:新戸雅章/SBクリエイティブ)(上画像の右側、髭の男性が「ニコラ・テスラ」氏)

 

ただ、テスラ氏は計画を最後まで担当せず、途中で「ジョン・フォン・ノイマン」という科学者に引き継いだとされています。

このノイマン氏も、超有名な科学者。コンピューターの基礎を作り出した人として知られています。

 

----------------------------------

 

この二者が関わったとされる、フィラデルフィア計画。その中身は、

(1)高電圧を発生させる特殊装置「テスラコイル」を、軍艦に積む。
(2)コイルを起動させ、特殊なフィールドを形成する。
(3)艦がレーダーに映らなくなる。

というもの。

アメリカの科学者を代表する二人が関わったのですから、成功確率は高いハズ。周囲は強い期待を胸に、実験を見守りました。

 

軍艦に乗り込んだスタッフが、コイルの起動スイッチをONに。

すると、当初の目論見通り、レーダーから艦の姿が消えました。

「やった!成功!」と皆が思った…その時。艦の姿が、レーダー上だけではなく、見守っていた人々の目からも消えたのです。文字通り「消失」したのです。

 

驚いた地上スタッフは、艦を探しました。が、レーダーにも映らないし、目にも見えない。気配もない。乗組員の声も聞こえない。

全く手掛かりなし。何が起こったのか、見当もつきません。

 

----------------------------------

 

艦が消えてから数分後。

驚いたことに、消えたハズの艦が、突然出現しました。

地上スタッフの目には、艦の姿がシッカリ見えます。テスラコイルを積んだ、実験艦に間違いありません。

 

乗っていたスタッフの安否を確認する為、艦内の様子を探ると…そこは地獄絵図。

全身火傷を負い倒れている者。
逆に、全身が凍り付いて動けない者。
鉄の壁にめり込んでいる者。

通常ではあり得ない状況のスタッフが、艦内のあちこちに転がっていました。

 

ただ、艦に乗っていた者全てがこうなったワケではなく、無事な者も何人かいました。

彼らの証言によると、

「艦は一瞬にしてフィラデルフィアから移動。約500キロ離れたノーフォークにテレポートした」

とのこと。何とも凄い話です。

 

実験は失敗し、多数の犠牲者を出してしまった「フィラデルフィア計画」。

表沙汰になるのを恐れ、軍は情報を秘匿。しかし、とある人物の手で暴露され、広く知れ渡ることに。

これが、1943年の10月28日(木曜日)に起こった大事件なのです。

 

----------------------------------

 

…とまあ、まるで見てきた様に文章を書きました。が、残念ながら、これは「都市伝説」「デマ」の類だと結論付けられています。

その理由は、以下。

 

◆実験に使われた艦の航行記録や、目撃者の証言などに大きな食い違いがある。また、アメリカ海軍の記録とも合致しない。

◆話の内容が統一されておらず、バラバラ。
数分で戻ってきたという話もあれば、数時間後に戻ってきたという話もある。
レーダーから消えるのではなく、姿を消すことが計画の骨子だったとする話もある。
500キロメートルを瞬間移動したという話もあれば、2500キロメートルだと述べる話もある。
戻ってきたのも瞬間移動とする話と、自力航行で戻ってきたとする話がある。

◆コイルを積んだだけで瞬間移動できるなら、70年以上経過した現在では、とっくに実用化されていてもおかしくない。しかし、そんな話は無い。

 

要は、眉唾なのです。

 

----------------------------------

 

ただ、こういう陰謀論めいた話を好む方は多い。

都市伝説の発祥地・アメリカでは、フィラデルフィア計画を下敷きにした映画まで作られました。

タイトルは、ズバリ『フィラデルフィア・エクスペリメント』です。1984年の作品。直訳すると、「フィラデルフィア実験」となりますね。

フィラデルフィア・エクスペリメント [Blu-ray](提供:Amazon)

 

この作品の主人公は、「実験で消えた船」に乗っていたクルー。

彼が瞬間移動に巻き込まれ、あまつさえタイムワープして未来に飛んでしまう…という、超常現象テンコ盛り作品になっています。

興味のある方は、是非ご覧くださいませ。

 

----------------------------------

 

フィラデルフィア計画は、都市伝説とされています。

しかし、未だに信じている方もいらっしゃる様子。

 

まぁ、都市伝説は「信じる余地」か「隠蔽の疑い」が少しでもあれば、未来永劫に渡って信じられるもの。

恐らく、フィラデルフィア計画もそうなる。来世紀・22世紀になっても、信じる人が残っているでしょう。

100年後の2120年10月28日に、当記事と似た様な話を述べる人がいるかもしれません。

 

 

都市伝説のミステリアスな魅力は、なかなか色褪せない。

ただ、のめり込んでしまうのは危険。鵜呑みにして騒ぐのは如何なものかと考えますが、程よく楽しむのは…アリです。

陰謀論者にならない程度で、ぼちぼち楽しみましょう。

 

 

-----------------(記事了)-----------------

 

 

フィラデルフィア・エクスペリメント [Blu-ray]

フィラデルフィア・エクスペリメント [Blu-ray]

  • 発売日: 2015/08/04
  • メディア: Blu-ray
 
フィラデルフィア・エクスペリメント [DVD]

フィラデルフィア・エクスペリメント [DVD]

  • 発売日: 2013/04/03
  • メディア: DVD