makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【GoToキャンペーンとパチンコの話】確実に儲かる方法は、確実に潰される(前編)

新型コロナウイルス騒動で、どこもかしこも経済的に苦しい昨今。

読者様の周囲にも、厳しい話の一つや二つは存在していることでしょう。

 

特に観光・飲食・宿泊関係の落ち込みが厳しい。

新型コロナウイルス対策には、「人と人との接触を断つこと」が有効とされている為、接客系の業種が真っ先にダメージを受けます。

筆者の周囲でも、閉店したところが結構あります。全く他人事ではない。

 

------------------------------------------

 

そんな中、日本政府が打ち出した政策が「GoToキャンペーン」と呼ばれるもの。

これは、低迷する消費を底上げする為に、「特別に安く宿泊できる」とか「後で使える割引ポイントが溜まる」等、金銭的な補助を行うキャンペーンです。

読者様の中にも、既に利用された方がいらっしゃるでしょう。

 

しかし、この「GoToキャンペーン」が、ちょっとした問題を起こしています。

それは「錬金術」と呼ばれる利用法。これが制度の趣旨に合わないとして、騒ぎになりました。

www.j-cast.com(2020/10/7)

新型コロナウイルスの感染予防に取り組む飲食店を支援する国の「Go To イート」キャンペーンをめぐり、予約サイトを介した「ポイント付与」と「送客手数料」による、飲食店側のデメリットが問題視されている。

 

飲食代にかかわらず1回の夕食で一律1000円分(昼食は500円分)のポイントが得られるため、安く食事を済ませてポイントを稼ごうという動きが起こり、インターネット上では「錬金術」などという声がある。

 

一方、予約サイトによっては飲食店が送客手数料を支払う必要があり、利益が小さくなるため、一部の飲食店からは困惑の声があがっている。

https://www.j-cast.com/2020/10/07396161.html?p=allより。改行は筆者によるもの)

 

要は、「ポイント付与は、来店しただけで貰える」というルールの為、貰えるポイントよりも注文金額が少なければ、行けば行くほどに儲かるという仕組みになっていたのです。

例えば、一度の来店で1000円分のポイントが貰えたとしましょう。この時、200円の品物だけを頼んで直ぐに店を出れば、差し引き800円分のポイントが残る計算になります。これを繰り返せば、100%儲かります。

 

しかし、制度の趣旨は「消費喚起」であり、キャンペーン利用者を儲けさせることではない。

また、ポイントは裏付けもなく無限に湧いてくるものではありません。政府の事業としてやっているということは、税金が元手になっているということ。垂れ流しはNGです。

その為、早々に穴が塞がれてしまい、「100%儲かる」という方法は潰されました。

www.yomiuri.co.jp(2020/10/8)

nlab.itmedia.co.jp(2020/10/7)

www.asahi.com(2020/10/8)

 

今後は、「ポイント付与額よりも高い飲食費を支払わなければ駄目」という仕組みに変わるとのこと。

錬金術の命は、短く儚い。

 

------------------------------------------

 

この話から学び取れることは何か?

筆者の考えは、以下。

 

(1)「必ず儲かる方法」は、存在する。しかし、一攫千金ではなく、小銭程度の儲けしかない。

(2)その方法の根底にあるものは、「制度の設計ミス」であったり「突発的事故」みたいなもので、直ぐに修正されて長続きしない。

(3)世の中に広く知られた時点で、「必ず儲かる方法」は破綻する。

 

筆者が特に強調したいのは、(3)です。

必ず儲かる方法が世に広まれば、あっという間に対策を講じられ、破綻します。なぜならば、「ルールを決める側に知られたら、速攻で潰される為」です。

今回の錬金術は、まさにそれ。もっとコッソリやっていたならば、それなりに長続きしたのかも知れません。SNSで拡散され、錬金術に挑む人が増えてしまったので、潰れたのです。

「みんながやってる」を本当にやれば、上記の様な破綻コースに突入するのです。

 

------------------------------------------

 

この「絶対儲かる話を、皆がやれば破綻する」というのは、何もGoToキャンペーンに限ったことではありません。世の中全体に当てはまることです。

特に、今は怪しい儲け話が腐るほど転がっています。その宣伝文句に「絶対儲かる」「誰でも簡単に」「みんなやってる」という言葉がチラホラ。

 

中には「限定●名にだけ教える」という宣伝文句もありますが、本当に儲かるなら自分だけで独占するはずで、広く拡散するものではない。

必ず儲かる方法を広く知らしめたらならば、今回の錬金術騒動みたいなことになります。速攻で破綻し、「必ず儲かる方法」ではなくなる。

 

今回の錬金術騒動は、「怪しい商売が成り立たない」ということを再認識させてくれました。

 

------------------------------------------

 

ところで…

この「儲かる話が、潰された」という状況。実は、今回の錬金術騒動の他にも存在します。

その舞台となったのは、「パチンコ」です。

 

10年程前に、「違法性ゼロで、儲かる確率を格段に上昇させる方法」というものが出て、ちょっとした騒ぎになりました。

その詳しい内容は、次回記事にて。長くなるので、本日はここまでとさせてください。

 

 

--------------(記事了)--------------

 

 

ダマされない技術

ダマされない技術

  • 作者:間川 清
  • 発売日: 2014/08/28
  • メディア: 単行本