makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【世論調査の話】結果が出る前に数字が上昇しても…

先日、以下のニュースが流れていました。

主題は、「菅内閣の支持率」について。

news.tbs.co.jp(2020/10/5)

最新のJNNの世論調査で、先月発足した菅内閣の支持率が7割に達したことがわかりました。

一方、菅総理が日本学術会議の会員候補の学者6人の任命を見送ったことについては、51%の人が「妥当ではない」と答えています。

 

菅内閣を支持できるという人は、先月の調査結果より8.3ポイント上昇し、70.7%でした。

一方、支持できないという人は12.0ポイント減って24.2%でした。

 

調査方法が違うので単純に比較はできませんが、政権発足時の支持率としては1994年以降で4番目の高さです。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4094243.htmlより。改行は筆者によるもの)

 

現時点における、菅内閣の支持率。70%超え。かなり高い数字ですね。

 

しかし、このニュースに対して、ひとこと申し上げたい。

元も子もない発言になりますが、それでも申し上げたい。

「仕事の成果がまだ出ていない段階なのに、どんな根拠で支持表明できるのか?」
「支持者の考えが分からないし、支持率を報道するマスコミの思惑も分からない」

 

現段階では、「支持・不支持の判断材料に乏しい」という意見が圧倒的多数のはず。なぜなら、仕事を始めたばかりで・何も成果らしいものが出ておらず・良し悪しの判断が不可能な為です。

今の段階で示せるのは、支持率ではなく期待値言葉の指し示す意味が違います。

 

今に始まったことではありませんが、「情報や文章が商品」のマスコミにしては、言葉の扱いが雑。

こういう報道は、読者・視聴者の認識を混乱させ、誤解を与えかねないもの。ちゃんと考えて欲しいところです。

 

------------------------------------------

 

で、世論調査といえば、この話が記憶に新しい。

覚えていらっしゃる読者様も多いでしょう。

2020年の夏、フジ産経グループが「インチキ世論調査の結果」を流したことがバレてしまい、大炎上を招いた話。

toyokeizai.net(2020/6/21)

フジテレビ系列のFNN(フジニュースネットワーク)と産経新聞社が実施した合同世論調査で、委託先の社員が14回にわたり、電話をかけずに架空の回答を入力していたことが明らかになった。

 

世論調査の信頼性を著しく損なってしまうのみならず、報道機関への信頼も損ないかねない衝撃的なニュースであり、驚かれた方々も多いだろう。

 https://toyokeizai.net/articles/-/358011

 

この話は、フジ産経側が「インチキやれ」と言ってやらせた…ワケではありません。

フジ産経側がやったのは、調査を外部に丸投げしたこと。そして、下請け会社がインチキ調査をやったのに、出てきた結果を鵜呑みにして報道したこと。

捏造に積極関与したワケではなさそうですが、ちゃんとした分析をせずに嘘情報をタレ流したのは、報道機関として致命傷です。

 

そして、業界に与えた悪影響も大きい。

「世論調査って、インチキやんけ」という話が、現実のものになったワケです。疑いの目が、あちこちに向けられる。

 

------------------------------------------

 

他方、このインチキはフジ産経だけのものだ…とも言いづらい。「氷山の一角」と思われて当然です。

なぜなら、同業他社でも「やらせ報道」がしばしば発生しており、元から信頼度は高くない為です。

 

読者・視聴者は、マスコミ不祥事をただ”忘れている”だけで、機会があれば思い出すのです。「時間が経てば忘れられる」というのは、そろそろ終わりにしないといけない。

現在のマスコミ苦境は、その不信の積み重ねによるものです。収入減が顕著であるのも、不信が招いた結果。

 

そんな状況のマスコミから、「発足したばかりの内閣は、こんなに支持率が高いですよ!」と言われても、どこまで正確なのか疑問です。

情報の信頼度&価値が低い。

 

------------------------------------------

 

そもそも、我々一般人が世論調査の結果を見たところで、何も出来ることは無い。

世論調査の結果を必要とするのは、主に「選ばれる側」です。内閣支持率でいえば、国会議員や与党が気にするもの。ただそれだけ。

 

一般有権者は、自分の考えで支持・不支持を決め、投票時には自分の価値観のみで投票すればいいのです。

「他の人がどう思うか」を気にする必要は無い。いや、気にしてはいけない。

有権者が、自分の頭や価値観で判断し、それらが積み重なって生まれるのが「国民主権」というヤツです。他人に流されていては、主権を持ったとは言えない。

 

 

世論調査や統計は、「自分の意見を見直す切っ掛け」にはなり得ます。

しかし、どこにインチキが隠れているか分からないので、油断は禁物。鵜呑みはNG。

最終的には、自分の頭で考え、「なぜそう思うのか」を説明できる様にする。それが大事です。

 

 

--------------(記事了)--------------

 

 

ニュートン式 超図解 最強に面白い!! 統計

ニュートン式 超図解 最強に面白い!! 統計

  • 発売日: 2019/05/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
Newtonライト『統計のきほん』

Newtonライト『統計のきほん』

 
眠れなくなるほど面白い 図解 社会心理学

眠れなくなるほど面白い 図解 社会心理学

  • 発売日: 2019/08/27
  • メディア: Kindle版
 
眠れなくなるほど面白い 図解 統計学の話

眠れなくなるほど面白い 図解 統計学の話

  • 発売日: 2019/06/25
  • メディア: Kindle版