makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【PS5の話】やりすぎ転売ヤー、全方位からフルボッコ

先日、最新ゲーム機「プレイステーション5」の発売情報が流れました。

 

(提供:Amazon)

 

プレイステーション5(以下「PS5」と表記)の初期タイプは2種類。違いは”ゲームデータの保存方法”にあり、「ダウンロード&内部SSD保存のみ」のタイプと「SSDに加えて、ディスク媒体も使える」というタイプに分かれています。

価格は、ディスクとSSDの両方を使えるタイプが、希望小売価格・約5万円。SSDのみの方は、約4万円。ディスク機能を省いた方が、少し安い。

ただ、今後「ひと世代前の”プレイステーション4”のゲームディスクを、PS5でも使用可能にする」という計画があるそうです。詳細は未発表ですが、買う際には注意が必要です。

www.itmedia.co.jp(2020/9/17)

 

------------------------------------------

 

PS5は、超高性能ゲーム機。それでいて、価格はお手頃。筆者でなくとも、「これは売れるだろうな」と考える商品です。

そういう商品には、高確率で「悪質転売ヤー」が悪さをします。要は、「あらゆる方法を用いて買い占め、自分勝手な高額をつけて転売する」という行動。

今回も、同様の悪さをする輩が出てくるだろう。筆者を始め、多くの方はそう考えていました。

 

そして、この予想は的中。転売ヤーが悪さを仕掛けて来ました。

しかも、これまでにない酷いレベルで蠢いています。

転売ヤー連中が、一般ユーザーの怒りを買いまくり、大炎上発生。各種ネットニュースでも、大きく取り上げる始末。

nlab.itmedia.co.jp(2020/9/18)

www.j-cast.com(2020/9/18)

 

------------------------------------------

 

今回の問題で「これは酷い」と大炎上した点。それは、
「発売前に転売情報を流す…ということは、買い占める気マンマン」
「価格が超絶ボッタクリ」
という点です。特に後者が酷い。

 

当記事冒頭でも述べましたが、PS5の定価(メーカー希望小売価格)は、高い方でも5万円(ごまんえん)程度です。

しかし、悪質転売ヤーが設定した価格は、酷いもので定価の10倍・50万円(ごじゅうまんえん)に達する場合もアリ。

それだけなら、まだ可愛い方かも知れません。「間違えて購入しても、キャンセル不可」とか「キャンセルの場合は迷惑料を取る」といった、詐欺・犯罪紛いの脅しをかけてくる転売ヤーも出現しました。

この行為に非難が殺到し、かなりの炎上騒ぎに発展。関連ワードが、ツイッタートレンドに入る状況になりました。

 

騒動を察知した通販大手のAmazonさんは、直ぐに動きました。放置はヤバイと考えたのでしょう。2020年9月18日20時現在、PS5の取り扱いを全面停止。Amazonでは「商品在庫なし」の状態であり、新規出品もストップされています。

 

------------------------------------------

 

今後も、PS5絡みの悪質転売ヤーは、ワンサカ登場するでしょう。

正規の販売業者さんは、悪質転売ヤーに買い占められない様に、色々な方策を執っていらっしゃいます。一定の効果は出ていると思われますが、それで懲りないのが悪質転売ヤーという生物。手を変え品を変え、また悪さを仕掛けてくるでしょう。

 

一番簡単かつ効果的な方法は、「消費者が、相手にしないこと」です。

販売価格と定価とを比較すれば、その業者が悪質転売ヤーか否かを判断可能。ボッタクリの悪質業者だと思えば、そこで買わなければいい。それだけの話です。

 

ユーザーの「早く使いたい」「遊びたい」という気持ちも分かりますが、悪質転売ヤーを利用してまで購入するのは、メーカーや正規小売店に対する侮辱だと思った方がいい。

待てば、そのうち定価で手に入ります。時間はかかっても、そうした方がいい。

 

悪質転売ヤーを利用することは、価格の混乱を招くということ。

混乱した市場では、モノの流れが悪くなり、市場全体が衰退します。長い目で見れば、ゲーム関連企業を殴って・弱らせているのです。

ゲームファンの方は、そんなことを決して望まないでしょう。

 

------------------------------------------

 

しかし、今回の話で気になるのは、「悪質転売ヤーの身元がバレているかも?」という点です。

 

ネットで物品を販売する場合、「特定商取引法」により、様々な情報開示を求められます。

www.no-trouble.caa.go.jp(2020/9/18閲覧)

 

開示される情報には、「出品者の住所氏名」「連絡先電話番号」等が含まれています。つまり、悪質転売ヤーの身分がバレてしまうのです。

今回のPS5騒動でも、既に個人情報が特定され、SNS等でガンガン流れています。

 

その情報が「おとり」「デコイ」の可能性も無いとは言えないので、当記事では詳しく触れません。

しかし、怒りに任せて電話しまくったり、悪質転売ヤーの住所に突撃する連中も出てくるでしょう。一歩間違えば、身の危険すらあり得る。

 

その辺、悪質転売ヤーはちゃんと考えているのか?

同種の騒動が起きる度に、疑問に感じます。

 

 

--------------(記事了)--------------

 

 

炎上とクチコミの経済学

炎上とクチコミの経済学