makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【大阪万博の話】ロゴの奇妙な冒険

先日、「2025年開催予定の大阪万博」に関して、とある発表がありました。

その内容は、「万博のロゴマーク」についてのもの。

www.itmedia.co.jp(2020/8/31)

 

上記記事によると、大阪・関西万博の運営主体「日本国際博覧会協会」担当者の方が、「ロゴを使った品を、無断で製造・販売して利益を得るのは許容できないが、個人で楽しむのは問題ない」と仰っているので、当ブログでも遠慮なく貼らせて頂きます。

話題のロゴマークは、これ。

↓↓↓↓↓↓↓

f:id:tenamaka26:20200903004507j:plain

 

万博のテーマが「いのちの輝き」ということで、生物というか細胞と言うか、バイオなイメージで作られたロゴ。かなり異色の作品といえるでしょう。

 

万博に限らず、大きな催しのロゴマークは、「見た目が分かり易く、前向きなイメージを与える、そこそこ無難なデザイン」というものが多い。

しかし、大阪万博のロゴは、ハッキリ言って奇抜。賛否両論が激しそうなデザインです。

誘致段階で使われた試作ロゴマークに比べて、その差は顕著です。

EXPO 2025 大阪万博 ピンバッジ ケース付(提供:Amazon)

(上画像:誘致用のロゴマークをあしらった、ピンバッジ)

 

------------------------------------------

 

この奇抜なデザインに大きな反応を示したのは、SNS等のネット空間。

「気持ち悪い」「やりすぎ」という否定的意見から、「面白い」「斬新」という肯定的意見まで様々でした。

 

早速、「ロゴマークをモンスターに見立てたパロディ漫画」や「ロゴマークの形をしたパンの画像」などがアップされ、大きな話題に。

大阪万博知名度を上げる」という点においては、今のところ十分な効果を発揮していますね。

buzzap.jp(2020/8/25)

 

------------------------------------------

 

しかし、このロゴに決まった経緯がイマイチ分からない。

 

言いたくありませんが、2020年東京五輪ロゴマーク選出では佐野研二郎氏による盗作疑惑」が持ち上がり、グタグダになりました。

「ロゴ」という単語が出る度に、思い出す話です。

www.bbc.com(2015/9/2)

 

では、今回の大阪万博ロゴはどうなのか?

今のところ、佐野研二郎騒動の様な状況にはなっていません。その前兆もありません。

しかし、奇抜過ぎるデザインが突如出現したので、違和感は拭えません。

 

そう考えながら、ロゴマーク選考会の委員さんを調べてみると、強烈な説得力を持つ方がいらっしゃいました。

万博ロゴマーク選考委員会の委員(敬称略)

 

安藤忠雄(座長、建築家)
荒木飛呂彦(漫画家)
河瀬直美(映画監督)
澤穂希(元サッカー選手)
●根本かおる(国連広報センター所長)
●林いづみ(弁護士)
原研哉(グラフィックデザイナー)
●畠山陽二郎(経済産業省商務・サービス審議官)
●二宮雅也(経団連企業行動・SDGs委員長)
松井冬子日本画家)
ヨシダナギ(フォトグラファー)

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2008/31/news036.htmlより。改行・強調等は筆者によるもの)

 

荒木飛呂彦(あらき・ひろひこ)氏といえば、有名漫画『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの作者さんです。

未だにシリーズ作品が続いていますし、何度もアニメやゲームになった超有名作品。ご存じの方も多いでしょう。

ジョジョの奇妙な冒険 第1部 カラー版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)(提供:Amazon)

(著:荒木飛呂彦集英社)

 

ジョジョの奇妙な冒険』の異名は「ロマンホラー」でした。

掲載されていた雑誌は、熱血ヒーロー作品が多い「週刊少年ジャンプ」でしたが、その中では異質の漫画作品。敵が「吸血鬼」「ゾンビ」等であり、グロいシーンも多かった。

 

そういった作品を世に出した荒木氏の感性を考えると…

大阪万博のロゴに、奇妙な説得力が出て来ます。

 

メンバー表を見るに、荒木氏は委員会のリーダーではない。

どの程度の影響力があったかは記事紙面から読み取れませんが、荒木氏の感性にジャストフィットするロゴであることは否めないでしょう。

 

------------------------------------------

 

願わくは、この奇妙なロゴが人気の呼び水となり、万博の大成功へ繋がることを期待します。

以下に記す、『ジョジョの奇妙な冒険』の有名改変コピペの様に。

 

 

あ…ありのまま、今起こった事を話すぜ!

「俺は、”何だこの気味の悪いロゴは?”と思っていたら、いつのまにか”キモカワ属性”が山盛りになって、万博が大人気になっていた」

何を言っているのか分からねぇと思うが、俺も何をされたのか分からなかった…頭がどうにかなりそうだった。

催眠術だとか超スピードだとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。もっと強力なものの片鱗を味わったぜ…

 

 

--------------(記事了)--------------

 

 

クレイジー・D(ダイアモンド)は砕けない その1

クレイジー・D(ダイアモンド)は砕けない その1

  • 発売日: 2016/12/12
  • メディア: Prime Video
 
黄金体験(ゴールド・エクスペリエンス)

黄金体験(ゴールド・エクスペリエンス)

  • 発売日: 2018/10/10
  • メディア: Prime Video