makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【台風の話】シャレにならない、台風10号

台風が多発する季節になってきました。

2020年9月2日17時時点では、九州近海に台風9号が存在し、朝鮮半島の方へ北上しています。

お近くの方は、既に対策を整えられているでしょうが、油断大敵。台風が去るまでは、気を抜かないで頂きたい。

www.news24.jp(2020/9/2)

 

------------------------------------------

 

そして、台風9号より危険だとされているのが、次に日本へやって来そうな台風10号です。

現在、日本のはるか南の海をウロウロしていますが、今後進路を北に変え、日本へ到達するとの予報が出ています。

今のところ、「9月5日~9月7日くらいに、日本へ最接近するのでは?」とのこと。

 

この台風10号ですが、強烈に危険視されています。

日本の気象庁が、現段階で早くも「未曽有の被害を出す可能性アリ」と警告。異例の対応です。

 

weathernews.jp(2020/9/2)

 

9月2日(水)15時現在、台風10号(ハイシェン)はマリアナ諸島を西に進みながら発達中です。

 

今後は記録的に暖かい海面水温の影響で猛発達し、4日(金)には「非常に強い」勢力、5日(土)には「猛烈な」勢力になる見込みです。

発達ピークに近い勢力を保ったまま、6日(日)に九州などに近づくおそれがあります。

 

中心気圧は日本列島に近づいても930hPaと「特別警報級」

やや進路は西よりに変化しているものの、過去最強クラスで近づくため、上陸しない場合でも近くを通れば甚大な被害につながる危険性があります。

最悪のケースを想定して極力早めに台風への備えを行うようにしてください。

https://weathernews.jp/s/topics/202009/020135/amp.htmlより。改行・強調等は筆者によるもの)

 

予報では、沖縄・九州・四国・中国地方が危険視されています。

しかし、予報はあくまで予報。台風の場合、ザックリ70%程度の的中率くらいに思っていた方がいい。

予報円を見て、現段階で「ウチの近所には来ないな」と油断するのは早いです。来るものとして行動した方がいい。

 

また、台風の中心から遠く離れていても、強烈な被害が出る場合は存在します。

決して油断してはいけません。

 

------------------------------------------

 

今回は、台風のパワーが凄く、沿岸地域に強烈な高潮が来る可能性アリ。

悪くすると、1959年に発生した「伊勢湾台風」クラスの被害が出るかも知れません。

www.youtube.com(2013/4/23)

 

伊勢湾台風では、近畿・東海を中心に、日本全国で被害が発生。5000人を超える犠牲者が出ました。

犠牲が出た原因は様々でしたが、最も多かったのは「高潮被害による死亡事例」です。津波と同じ様に、海から高い波が押し寄せ、市街地を襲いました。

今回の台風10号でも、高潮による浸水被害が予想されています。

 

 

2020年現在では、伊勢湾台風の時よりも、防災設備や技術は発達しているのかも知れません。

しかし、自然は強大。決して油断してはいけない。

特に、今は「新型コロナウイルス騒動」の真っただ中。例年に比べ、避難所生活が困難になることも予想されます。

 

情報を常にキャッチし、早めの対応を。

 

 

--------------(記事了)--------------

 

 

忘れない 伊勢湾台風50年

忘れない 伊勢湾台風50年

  • 発売日: 2009/08/07
  • メディア: 単行本
 
自衛隊防災BOOK

自衛隊防災BOOK

  • 発売日: 2018/08/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)