makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【朝日新聞の話】引用で誤報?

インド洋にある島国「モーリシャス」。

今、この国の近海で、かなり大規模な環境汚染が進んでいます。

その原因は、「貨物船が座礁し、燃料の重油が漏れた」というもの。

 

座礁した船は、「WAKASHIO(わかしお)」という貨物船。名前から分かりますが、日本の船会社が所有する船です。

日本が関係している船である為、事故の様子は日本でも大きく報じられています。現地に日本の関係者が出向く等、解決に向けて動いている模様。

 

モーリシャス近海は、美しいサンゴ礁で有名な地域。そこに重油汚染が発生し、大きな騒動になっています。

モーリシャスの首都では、事故対応の不備を非難するデモが行われるなど、社会問題に発展しています。

www.news24.jp(2020/8/30)

 

------------------------------------------

 

で、ここからが当記事の本題。

テーマは、
「朝日新聞の記事は、正確なのか?」
というものです。

 

上記にもありますが、モーリシャスの重油問題は、日本でも大きなニュースになっています。新聞各紙や有名テレビ局は勿論、大小様々なネットニュースでも連日報道されています。

 

その中で、本日(2020/9/1)のツイッターに、以下の様なニュースツイートが出現しました。

f:id:tenamaka26:20200901182036j:plain

https://twitter.com/i/events/1300670038257459200より。筆者によるキャプチャ画像)

 

このツイートは、「@asahicom」からのもの。朝日新聞のアカウントです。

TBS報道を引用する形で、「モーリシャス政府が、重油流出事故に絡み、日本政府へ約32億円を請求した」という情報を伝えています。

 

しかし、引用元を調べてみれば、どうもおかしい。

朝日記事の内容が、引用元のTBSニュースに合致していない。

 

上記ツイートの元と思われるTBS記事は、以下。

念の為、内容を全て引用させて頂きます。

重油流出、モーリシャス政府が日本側に32億円請求
1日 8時36分

 

インド洋で座礁した日本の貨物船から大量の重油が流出した事故で、モーリシャス政府は日本側におよそ32億円の支払いを求めました。

 

7月25日にモーリシャス沖で座礁し、1000トン以上の重油が流出した長鋪汽船が所有する貨物船「WAKASHIO」をめぐっては、分断した船体の一部を沖合の海底およそ2000メートルに沈没させるなど、処分が進められています。

 

ただ、流出した油による漁業や観光業などへの影響は深刻化していて、地元メディアによりますと、モーリシャス政府は、漁業支援費として12億モーリシャスルピー(日本円にしておよそ32億円)の支払いを日本側に求めたことがわかりました。

サンゴ礁やビーチ沖合で使う近海漁船およそ100隻を日本やスリランカから調達し、その購入費用などにあてる予定だということです。

 

この事故をめぐっては、漁業だけでなく、観光業や多くの絶滅危惧種が生存するモーリシャス海域への損害が加わるため、所有会社の長鋪汽船に対する最終的な損害賠償額は確定していません。

(2020/9/1付。https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4066834.htmlより。改行・強調等は筆者によるもの)

 

さて、いかがでしょう。

上記TBS記事と、朝日記事ツイートとの間に、違いがあるとお分かりになるでしょうか?

 

筆者が思うに、「モーリシャス政府が約32億円を請求した」という点は、TBSも朝日も同じ書き方をしています。

違うのは、その請求先。

TBSは「日本側」と書き、朝日は「日本政府」と書いています。

この表記、文字面は少し違うだけですが、意味を考えると大違い。

 

------------------------------------------

 

日本の船会社が所有する船が、重油流出事故を起こしました。

乗組員の操船に問題があったとも報じられていますが、所有者や運航管理者が責任を問われることに異論はないでしょう。

そうなれば、「日本側」という書き方は納得できます。「日本の会社」に金銭を請求したのであれば、「日本側」に請求したと書いても間違いではない。

 

しかし、これが「日本政府」だと、話が全く違います。

日本政府が所有・運航している船であれば、問題発生時に日本政府が賠償しなければならないでしょう。が、上記TBSニュースには、そんな情報は書かれていません。

 

念の為、「WAKASHIO」の運航担当会社のプレスリリースを閲覧しましたが、日本政府との直接的関係は読み取れませんでした。

www.mol.co.jp(2020/8/7)

当社は座礁事故発生後より社長をトップとする海難対策本部を立ち上げ、日本およびモーリシャスをはじめとする関係当局と連携して対応しています。

また、現地への早期要員派遣を含め準備しています。当社は、引き続き船主や関係者と協力し、早期の事態解決に向けて全力で取り組みます。

 

【本船要目】

船種 :鉄鋼原料船ケープサイズバルカー

全長・全幅 :299.5メートル・50メートル

乗組員 :20名(インド人、スリランカ人、フィリピン人など)

船籍 :パナマ

船主 :OKIYO MARITIME(長鋪汽船株式会社の関連会社)

竣工年 :2007年

https://www.mol.co.jp/pr/2020/20046.html

 

------------------------------------------

 

念の為、TBS以外の報道を探してみると、日本テレビのニュースを発見。

しかし、こちらも「日本政府に請求が行った」とは書かれていない。TBSと同じく、「日本側」とだけ。

www.news24.jp(2020/9/1)

インド洋のモーリシャス沖で日本の貨物船が座礁した事故で、モーリシャス政府が日本側に漁船の購入費用などとして、約32億円の支援を求めていることが分かりました。

 

モーリシャス沖で座礁した日本の貨物船「WAKASHIO」をめぐっては、約1000トンの重油が流出して漁業などに深刻な影響が出ています。

 

地元メディアは、モーリシャス政府が日本側に約12億モーリシャス・ルピー、日本円で約32億円の支援を求めていると伝えました。

外洋に近い海域で漁業を始めるために新たな漁船約100隻を購入したり、漁師らを再訓練したりする費用にあてるということです。

 

一方、日本政府は、周辺の環境の回復を支援するため、3度目の国際緊急援助隊を2日、現地に派遣する予定です。

https://www.news24.jp/articles/2020/09/01/10711609.html

 

日テレニュースでも、請求先は「日本側」になっています。

日本政府の名前も出て来ますが、文脈からして「約32億円を請求された」という立場ではない。

 

朝日は、どこから「日本政府が約32億円払え」という話を持って来たのでしょうか?

 

------------------------------------------

 

朝日新聞には、興味深い記事が多い。

しかし、誤報も多い。

最近では「従軍慰安婦問題」や「福島原発騒動」で誤報を認めています。ただ、その認め方にも批判が出ていて、スッキリしない状態が続いています。

 

今回の重油流出ニュースでは、どうも「日本側」と「日本政府」を混同している模様。

筆者の勘違いなら筆者が謝罪しますが、上記引用の数々を見れば、混同した理由がよく分かりません。

 

朝日新聞が自ら調査したものであれば、これから続報が出てくるのでしょう。しかし「TBS記事を引用」と明記しているので、その線はありません。

なぜ「日本政府が支払う」という話になるのか?

 

まだ表に出していない情報があるのか、ただの思い込みなのか。

今後ハッキリしてくるのでしょうが、朝日新聞は誤報でボロカスになった前科が多い。「またか」と言われそうな行動は、できるだけ控えた方がいいでしょう。

 

 

--------------(記事了)--------------

 

 

崩壊 朝日新聞

崩壊 朝日新聞

  • 作者:長谷川煕
  • 発売日: 2018/07/26
  • メディア: Kindle版
 
財務省「文書改竄」報道と朝日新聞 誤報・虚報全史

財務省「文書改竄」報道と朝日新聞 誤報・虚報全史

  • 発売日: 2018/04/13
  • メディア: Kindle版