makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【転売ヤー逮捕の話】筆者の予想が、的中した模様です(後編)

前回記事の続きです。

テーマは、
「筆者の予想が、的中したらしい」
「複数の転売ヤーが、これから逮捕されるかも」
というものです。

tenamaka26.hatenablog.com

 

前回記事の内容をザックリまとめると、以下の様なものになります。

 

◆2020年8月4日。大阪の吉村知事の会見で「うがい薬が、新型コロナウイルスに効く」との情報が出て、うがい薬が品切れになる騒動があった。

◆この騒動で、また「転売ヤー」が動き、世間の顰蹙を買う。しかし、マスク騒動の時と違い、転売サイトから速攻でうがい薬の出品が消えた。

◆消えた理由は、「吉村知事の示したうがい薬の転売は、薬機法(旧・薬事法)に触れる為、犯罪行為になるから」である。

◆しかし、ここで転売ヤーは諦めない。「薬機法に引っかからない」とされるうがい薬を探し出し、転売活動を始めた。

◆この転売を見て、筆者はこう考えた。
「薬機法には触れないかも知れないが、他の法律に触れる恐れが大きい」
「今は大丈夫でも、そのうち逮捕者が出るだろう」

この予想が的中した模様。うがい薬ではないが、他の商品の転売で逮捕者が出た。

 

------------------------------------------

 

先日のニュースで報じられた「転売ヤー逮捕」の話は、うがい薬の転売ではなく、ハンドソープの転売に関するものです。

ハンドソープは、「医薬部外品」というカテゴリに入る品物。転売しても、薬機法に触れない製品とされており、転売ヤーが気軽に転売していたのでしょう。

また、このハンドソープが「東京ディズニーリゾート限定品」であった為、転売が容易だったと思われます。

限定品ですから、普通のハンドソープに比べて、希少価値がある品物。ハンドソープが欲しいと思わなくても、ディズニー関連品が欲しいと思う方は多い。

泡ハンドソープ(新デザイン) 東京ディズニーリゾート ミッキーとミニー柄  おみやげ(提供:Amazon)

(上画像:報道で紹介された「東京ディズニーリゾート限定ハンドソープ」と同じもの)

 

しかし、このハンドソープ。薬機法に触れない品だとしても、他の法律に触れる商品だったのです。

その法律とは、「国民生活安定緊急措置法」という法律。

 

前回記事では、この法律の存在に触れたところで終わりました。

今回は、なぜハンドソープ転売で逮捕されるのか、その根拠を深掘りしていきます。

 

------------------------------------------

 

「国民生活安定緊急措置法」とは、昭和48年(1973年)に作られた法律。

その目的は、「生活必需品の不当な買占め・ボッタクリ販売を防止し、高値で売り捌く不届き者を取り締まること」です。

この法律に触れた場合、犯罪行為をしたものとして捜査対象になります。裁判で有罪となった場合は、懲役や罰金もアリ。
(参考:https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=348AC0000000121)

 

この法律で規制される「生活必需品」は、「政令」で定めることになっています。

政令とは、政府(内閣)が出す命令のこと。法律よりも決定スピードが早く、緊急事態に対処するのに向いているものです。

 

2020年5月、とある政令が出ました。それは「国民生活安定緊急措置法施行令の一部を改正する政令」です。

この政令によって、「薬機法に触れない製品でも、転売すれば逮捕される」という状況になりました。

www.meti.go.jp(2020/5/22)

 

この政令で新たに指定された品に、「消毒用アルコール」に関するものが含まれています。

今年発生したコロナ騒動に便乗して、マスクや消毒用商品の高額転売が多発しましたね。あの惨状を問題視した政府が、再発防止の為に「高額転売禁止」との政令を出したのです。

 

では、「取り締まり対象となる消毒薬」とは、どの様な品物なのでしょうか?

上記リンクには、こう明記されています。

※消毒等用アルコールとは、

 

消毒等(消毒、殺菌その他これらに類する行為)に使用されることが目的とされている

①アルコールを含有する医薬品・医薬部外品

及び

②医薬品・医薬部外品以外のアルコール分60度以上の製品

を指します。 

https://www.meti.go.jp/press/2020/05/20200522003/20200522003.htmlより。改行・強調等は筆者によるもの。以下同)

 

上記引用によると、「殺菌に使うもので、アルコールを含む医薬部外品であれば、高額転売禁止品」となります。

上記の条件を満たせば、薬機法に触れなくても逮捕の恐れが出て来ます。

 

------------------------------------------

 

では、今回問題となった「東京ディズニーリゾート限定品ハンドソープ」はどうなのでしょうか?

 

ミッキー&ミニー シェイプハンドソープ 石鹸 ディズニー グッズ お土産【東京ディズニーリゾート限定】(提供:Amazon)

 

 

この商品、下部をよく見ると「ビオレU 泡ハンドソープ」と書かれています。

「ビオレU」は、有名メーカー「花王」さんが製造している商品。

つまり、この限定ハンドソープは、「パッケージデザインこそディズニーが関与しているものの、中身は花王製品」ということになります。

 

www.kao.com(2020/8/27閲覧)

【まとめ買い】ビオレu 泡ハンドソープ つめかえ用 800ml×2個セット(提供:Amazon)

 

花王さんのページに記載された、当該ハンドソープの成分表を見てみましょう。

成分

イソプロピルメチルフェノール*、水、ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸アンモニウム(1E.O.)液、PG、アルキルグリコシド、POE(21)ラウリルエーテル、エタノール

https://www.kao.com/jp/bioreu/bru_handsoap_00.html

 

「エタノール」という表記がありますね。これ、「消毒用アルコール」のことです。

先述の「国民生活安定緊急措置法施行令の一部を改正する政令」により、「殺菌に使うもので、アルコールを含む医薬部外品であれば、高額転売禁止品」とされています。

このハンドソープは、まさにそれ。

 

法律・政令で禁止されているものを高額転売した為、「ディズニー限定ハンドソープ」を扱った転売ヤーが逮捕されたのです。

もし、この製品に「消毒用アルコール」が含まれていなければ、逮捕されなかった可能性が大きい。

 

------------------------------------------

 

記事冒頭で触れた「医薬部外品のうがい薬」の中にも、ディズニー限定ハンドソープと同じく、「アルコールを含む医薬部外品」とされている品がゴロゴロあります。

そういった品を、転売サイトで売り捌いた転売ヤーも、多数存在します。

 

ハンドソープの逮捕案件を見ると、理論的には「該当するうがい薬を高額転売した者も、逮捕される」という話になりますね。

転売ヤーの方々は、「薬機法に触れない製品であれば、堂々と転売していい」という強気の姿勢で出品を続けていますが、その「薬機法に触れない製品の転売」で、逮捕者が出ました。

このニュースを見て、どう思うのでしょうか。

 

これから警察が動くかどうか?

それは警察関係者でないと分からない話ですが、可能性は十分にあります。

ある日突然、家に警官がやってきて、「この品物を高額転売したな?」と告げられ、そのまま逮捕…という状況もあり得る。

これが、商売のリスクです。

転売ヤーの方々は「自営業者」「立派な商売」と自負されているハズ。当然、商売上のリスクまで考えて、活動されているのでしょう。

 

本記事で紹介した内容を、事前にしっかりと考えていた転売ヤーの方々は、逮捕の心配は少ないでしょう。

しかし、しっかり考えずに・安易に高額転売禁止の品を扱った転売ヤーの所には、警察がやってくる恐れアリ。

 

状況は案件により別々であり、捜査や逮捕の判断を下すのは警察関係者です。が、逮捕案件が出た以上、似た様な話には・似た様な対応をするのが当然。

さて、どうなることやら。

 

 

--------------(記事了)--------------

 

 

カラー図解 よくわかる薬機法 医薬品販売制度編

カラー図解 よくわかる薬機法 医薬品販売制度編

  • 発売日: 2017/07/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)