makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【アニメの話】ラスボスの声が、耳に浮かびます

 (Warning:当記事には、1996年に連載終了した漫画『DRAGON QUESTダイの大冒険』のネタバレがあります。結末をご存じの読者様も多いと考えますが、そうでない方は注意願います)

 

先日、新作アニメ『DRAGON QUESTダイの大冒険』(以下ダイの大冒険と表記)について、追加情報が発表されました。その内容は、追加キャストに関するもの。

www.oricon.co.jp(2020/8/18)

28年ぶりに完全新作アニメで10月から放送される『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』の追加キャストが18日、発表された。

 

敵・魔王軍のキャラクター、ハドラー役を関智一、クロコダイン役を前野智昭フレイザード役を奈良徹、ミストバーン役を子安武人、ザボエラ役を岩田光央、バラン役を速水奨、バーン役を土師孝也が担当。

 

キャストそれぞれ別作品で悪役経験があることから、ネット上では「悪の集結」「この布陣は強すぎ」「DIO様いるじゃん…」と話題になっている。

https://www.oricon.co.jp/news/2169771/full/より。改行等は筆者によるもの)

 

ダイの大冒険』の主要キャラは、2020年5月の段階で発表されていました。が、悪役に関する発表はありませんでした。今回の発表が初めてとなります。

 

出てきた名前を拝見すれば、皆が皆「演技派」と呼ばれる名優さんばかり。『ダイの大冒険』以外の作品でも、重要な役柄を演じた経験のある方が揃っており、制作側の本気度が伝わってきます。

 

----------------------------------

 

この名優さん揃いの布陣で、筆者が最も注目しているのは、ミストバーン役の「子安武人」氏です。

タカラ ダイの大冒険 ミストバーン 冒険の勇者コレクション 09ドラゴンクエスト(提供:Amazon)

(上画像:「ミストバーン」のフィギュア)

 

子安氏は、主役からラスボスまでを演じる、多芸の持ち主。演じた役の一部を列挙すると…

 

ゼクス・マーキス(新機動戦記ガンダムW

◆ギム・ギンガナム(∀ガンダム

ムウ・ラ・フラガ機動戦士ガンダムSEED

クルル曹長ケロロ軍曹

ディオ・ブランドージョジョの奇妙な冒険

 

 

…こういったメンツが出て来ます。どの役も重要キャラ。これだけ大事な役を任されるということは、子安氏の力が重要視されているということです。

その子安氏が演じるミストバーン。かなり期待できます。

 

----------------------------------

 

しかし、筆者が子安氏に注目するのは、演技力の多寡だけではありません。他に重要な点があり、注目するのです。

その点を説明させて頂きますが、ここから先は冒頭で述べた様に「ネタバレ」の領域になります。その点を御承知頂けた方のみ、先へ進んでくださいませ。

 

ネタバレを嫌う方が、誤って読んでしまうといけないので、少し間を置きましょう。

以下に、矢印を20個並べます。その先にネタバレ文章がありますので、読みたい方のみ先へ進んでください。

 

↓5

↓10

↓15

↓20

 

では、続けます。

 

モトネタである漫画を読了した方は御存知でしょうが、ミストバーンは『ダイの大冒険』の敵キャラの中でも、最重要クラスの人物です。

何しろ、「ラスボスの半身」とも言える存在ですから。

ミストバーンは、「滅多に喋らない」という設定。その理由は「喋ると、正体がバレてしまう恐れがある。その為、ラスボスに会話を制限されている」というものです。

 

そのミストバーンの声を、子安氏が担当する。

子安氏は、チョイ役に使うのは勿体ない名優さんであり、恐らくは物語の最後まで登場し続けるでしょう。

これが何を意味するかというと、「ラストバトルまで描く予定で、アニメを制作しているのでは?」ということ。

 

----------------------------------

 

ダイの大冒険』がアニメ化されるのは、今回で2回目。

最初のアニメ化は、1991~1992年に実施されました。

第1話 オレは小さな勇者ダイ!!(提供:Amazon)

(上画像:1991年版『ダイの大冒険』のヒトコマ)

 

1991年当時、漫画は絶賛連載中。完結するのは、5年後の1996年です。

その為、1991年版アニメでは「原作が存在するギリギリの所」までしか映像化されていません。具体的に言うと「対バラン戦」まで。

ラストバトルからは程遠い所で終わっています。

 

1991年版では、ミストバーンを担当されていた声優さんは「難波圭一」氏。魔法使いポップの兼役として担当されていました。

難波氏のメインはポップですから、台詞の少ないミストバーンを担当しても、「同じ人がやってる!」とはバレ難いですし、声優さんへの負担も少ない。

ミストバーンが無口なうちに、アニメのラストを迎えた1991年版では、この配役でも問題ナシでした。

 

今回の2020年版アニメでは、ミストバーン専任で子安氏を起用しています。これは、ミストバーンの正体がバレ、その後ラスボス化し、喋りまくる」という前提で組まれたものではないか?…と。

そうだとすれば、ラストバトルまで描かれる可能性が高い。ラスボス=子安氏という図式になる。現時点で、筆者はそう考えています。

 

----------------------------------

 

仮にラストバトルまで描かれるとなれば、一年間・約50話でまとめるのは、ちょっと困難かも知れません。

1991年版アニメは、全46話。それで描かれたのは、原作全体の30%ほどです。2020年版が1991年版と同じ様な進行スピードだとすれば、単純計算で「3年間続く長寿アニメ」になるハズです。

 

「1991年版では冗長に描かれた部分をカットする」という行為に出ても、恐らくは2年くらいかけないと十分に描き切れないでしょう。

最近のアニメは、半年・25話を1シーズンとする傾向が強い。そうなると、2020年版は4シーズン以上になる可能性もある。

 

これは…かなり長く楽しめそうな予感。『ダイの大冒険』ファンにとっては、嬉しい話です。

放送開始は、2020年10月。今から待ち遠しい限り。

 

 

-----------------(記事了)-----------------

 

 

第1話 オレは小さな勇者ダイ!!

第1話 オレは小さな勇者ダイ!!

  • 発売日: 2020/01/06
  • メディア: Prime Video