makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【プレゼント企画&詐欺の話】貰う前に払う? ギブアウェイ詐欺

詐欺師というものは、手を変え品を変え、思いもよらぬ方法で財貨を盗もうとします。

何百年経っても、変わらない傾向。

 

そんな詐欺話に、また新しいネタが出現しました。

www.itmedia.co.jp(2020/8/11)

ZOZO創業者の前澤友作氏がTwitter上でたびたび開催する、現金の配布企画が注目を集めている。

しかしこれに乗して、同氏に成り済まして金銭をかすめ取る「ギブアウェイ詐欺」が6月末に発生した。

 

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2008/11/news041.htmlより。改行・強調等は筆者によるもの。以下同)

 

「ギブアウェイ詐欺」という呼称は新しいものかも知れませんが、実際はかなり前から存在する手法です。要は「先に1万円を支払えば、後で100万円が貰える」という類のヤツです。

しかし、詐欺師のやることですから、約束は守られません。先に払ったものを奪われて終了。催促してもノラリクラリと躱され、そのうち音信不通に…というのが典型的なパターンです。

 

この詐欺は、古典的な手口です。が、「古典的」と評されるのに、未だに騙される人が存在する。これは「人間の本質を突いた詐欺手法」であるが故の状況だと考えます。

つまり、「油断すれば、誰でもコロッと騙される」ということ。自分だけは大丈夫…と思ってはいけない。

 

------------------------------------------

 

今回の舞台は、ツイッター等のネット空間。狙われた財貨は、「ビットコイン」等の暗号通貨です。どちらも、古典的詐欺手法とは正反対の新しいもの。

しかし、人間が関わっていることに変わりはなく、そこに詐欺師が付け込む隙があります。

 

詐欺の成否を左右するポイントは、「相手をどうやって信用させるか」

これには様々な手がありますが、よく使われるのは「有名人の名を出すこと」です。

今回の詐欺でも、その方法が使われました。

 

ただ、今回の件で特筆すべきは、「偽物が、本物の名を騙った」という低レベルなものではなく、「本物しか使えないハズの方法を使って、詐欺の下地を作った」という点。

簡単に言えば、「本物が使っているアカウントをハッキングした」ということです。その具体的な手口は、以下の様なもの。

 

(1)ツイッター社のシステムに侵入し、本物のアカウントを乗っ取る。

今回の件では、前アメリカ大統領「バラク・オバマ」氏や、マイクロソフト創業者「ビル・ゲイツ」氏などの超有名人を始め、コンピューター大手「アップル」の企業アカウントなど100を超えるアカウントがハッキングされた。

 

(2)乗っ取った「本物のアカウント」を使って、仮想通貨を募る旨のツイートを拡散。

本物の有名アカウントがツイートしている為、信じる閲覧者が続出実際に仮想通貨を支払う人も出た。

 

(3)乗っ取り犯が流した偽ツイートを引用したり、偽ツイートに返信したりすることで、活発なヤリトリを演出。

「有名人とヤリトリしている」という雰囲気を醸し出し、詐欺の材料を増やした。そのヤリトリの様子を画像保存しておけば、後でハッキングツイートが削除されてしまっても、詐欺のツールとして使える。その画像を加工することで、更に詐欺ツールを増やすことも可能。様々なバリエーションを用意しておけば、詐欺の成功率も上がる。

 

(4)それらの詐欺ツールを使って、詐欺師が用意したページに誘導。そのページ上で仮想通貨を送金させる。

乗っ取りはいつかバレて、犯人はシステムから締め出されてしまう。しかし、犯人が作ったページに誘導すれば、もうしばらく詐欺を継続できる。

 

------------------------------------------

 

今回の件では、「偽ツイートをよく見ると、IDが違う」とか「日本語が微妙におかしい」等、怪しい点が残っていました。

しかし、人は「信じ込んだが最後、少々怪しい面があっても疑わない」という思考回路を持ち易い。

詐欺師が狙うのは、そういう盲点です。

 

騙されない為には、とにかく慌てないこと。「急いで!」「今だけ!」「あなただけ!」という文言が出てきたら、どこの誰が言っていようとも身構えた方がいい。

詐欺は、冷静な思考能力を持った状況で、時間をかけて裏取りされたら、高確率でバレるものです。詐欺師が奪いたいのは、「冷静な判断力」と「考える時間」。

 

相手が誰であっても、どんなにオイシイ話であっても、慌てて鵜呑みにしないこと。それが一番大事です。

 

 

--------------(記事了)--------------

 

 

サイバーアンダーグラウンド / ネットの闇に巣喰う人々

サイバーアンダーグラウンド / ネットの闇に巣喰う人々

  • 作者:吉野次郎
  • 発売日: 2020/01/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
11歳からの正しく怖がるインターネット

11歳からの正しく怖がるインターネット

 
ネット詐欺の手口―現代犯罪の実情

ネット詐欺の手口―現代犯罪の実情

  • 作者:山瀬 和彦
  • 発売日: 2002/05/01
  • メディア: 単行本
 
金かえせっ! 実録 ネット詐欺との死闘

金かえせっ! 実録 ネット詐欺との死闘

  • 作者:中島 慎一
  • 発売日: 2004/07/22
  • メディア: 単行本