makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【特撮の話】もう止めて! 怪獣のライフはずっとゼロよ!~(2)~意味不明なストーリー展開と、特盛の残虐性

先日掲載した記事の続きになります。

テーマは、「悪魔」「通り魔」と呼ばれた円谷ヒーローレッドマンについて。

www.makaranbox.com

 

前回記事の内容は、レッドマンの作品紹介・グッズ紹介がメインでした。

今回は、「なぜレッドマンが”通り魔”と呼ばれるのか?」について、詳しく述べていきます。

ポイントは、以下の3つ。

 

(1)説明ゼロ & 怒涛の展開

(2)刃物を持ったレッドマン vs 素手の怪獣

(3)「倒す」というより「念入りな殺害」

 

----------------------------------

 

(1)説明ゼロ & 怒涛の展開


レッドマン』は、大体同じパターンで話が展開します。

1:怪獣や宇宙人が、荒地を歩いている。

2:突然、レッドマン登場。「レッド・ファイト!」と叫び、怪獣に襲いかかる。

3:怪獣や宇宙人が、レッドマンに殺される。

4:亡骸はそのままに、レッドマンが去っていく。

こういう流れです。

 

上記の流れを見て頂ければお分かり頂けるでしょうが、『レッドマン』はウルトラシリーズ等と違い、「その怪獣の目的は何か」「その宇宙人は、どんな悪事を働いたか」という説明が一切ありません。

その為、「レッドマンが、ただ歩いているだけの怪獣に、一方的に襲い掛かる」という光景にしか見えません。

同様に、「怪獣を倒した結果、何が救われたのか?」等に一切触れないのです。


それ故、レッドマンの行為が善行なのか悪行なのか、画面から判断不能状況から考えて、レッドマンが加害者側なのでは?…という疑惑の方が濃い。

著しい情報不足が、「レッドマンは残虐」という解釈を可能にしているのです。

 

----------------------------------

 

(2)刃物を持ったレッドマン vs 素手の怪獣

 

「円谷ヒーローの必殺技」といえば、「スペシウム光線」「ゼスティウムメーザー」等の派手な光線技が有名です。

しかし、レッドマンはそういう光線技を殆ど使いません。
(正確に言えば、たった1回しか使ったことがない)

 

レッドマンが使う必殺技は、「レッドナイフ(刃物)」「レッドアロー(槍)」など、技というより「武器」の類ばかり。

対する怪獣・宇宙人サイドは、素手の者が多い。たまに「腕が武器に改造されている怪獣」とか「崖の上から岩を転がしてくる宇宙人」等が登場しますが、少数派です。

つまり、レッドマンは、素手の相手に対し、武器を片手に襲い掛かる」という話が大半なのです。普通に考えて、卑怯指数が高い状況。

レッドマン〈2〉ダークチャンネル編

(著:マット・フランク、ゴンカロ・ロペス/訳:長沢光希、ローズ賢/フェーズシックス)

 

至極稀ではありますが、パンチや光線技で相手を倒すことはあります。しかし、大半は武器による刺殺。「グサリ」「ブシュッ」的な、肉に金属を刺す音が響く…という、生々しい展開で終了する話ばかりなのです。

これも、「レッドマンは残虐」という解釈を可能にしているのです。

 

----------------------------------

 

(3)「倒す」というより「念入りな殺害」

 

必殺武器の使い方も、ひたすらワイルドに描かれています。『レッドマン』の劇中では、

「相手の急所に、レッドナイフを突き立てる」
「暴れる怪獣に馬乗りになって、レッドアローを何度も突き刺す」
「倒れて動かない相手にレッドアローを刺し、爆破炎上させる」
「ぐったりした相手を、ダメ押しで崖から突き落とす」

等々の描写がありました。

特に、相手をメッタ刺しにする描写は、「そこまでしなくても…」と言いたくなる展開。某「サスペンス劇場」も真っ青です。

 

レッドマンは、ヒーローと呼ぶには「いささか血の気が多い方」の様子。その事も、残虐ヒーロー認定を促す要因になっています。

HERO ACTION FIGURE~円谷プロ編~ レッドマン 300個限定ダークver.(提供:Amazon)

 (上画像:レッドマンの特注フィギュア「ダークバージョン」。劇中には出てこない姿だが、残虐性と暗黒面を象徴する外見になっている)

 

----------------------------------

 

この様に、情報不足と生々しい描写が、レッドマンを「悪魔」「通り魔」と解釈させているのです。

理由もなく、悪評を立てられているワケではない。

 

そうすると、次の疑問が浮かんできます。

「なぜ、説明不足&凄惨描写に仕上げたのか?」

 

これにも、明確な理由があるのです。

その詳細は、次回記事にて。長くなるので、本日はここまでとさせてください。

 

 

-----------------(記事了)-----------------

 

 

レッドマン〈1〉怪獣ハンター編

レッドマン〈1〉怪獣ハンター編

 
レッドマン〈2〉ダークチャンネル編

レッドマン〈2〉ダークチャンネル編

 
レッドマン〈3〉正義の怪獣編

レッドマン〈3〉正義の怪獣編

 
HAF レッドマン ノンスケール PVC&ABS製 塗装済み 完成品 可動フィギュア

HAF レッドマン ノンスケール PVC&ABS製 塗装済み 完成品 可動フィギュア

  • 発売日: 2018/03/31
  • メディア: おもちゃ&ホビー