makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【給料ファクタリングの話】聞き慣れない名前ですが、実際はただの非合法業者

「お金は、借りたり貸したりするものではなく、稼ぐもの」

我が家に伝わる言葉です。それはその通り。

 

ただ、長い人生では何が起こるか分かりません。借金の話は、何時・誰にでも起こり得るものです。車や家のローンも、一種の借金。関わり合いにならない方は、多くないでしょう。

 

------------------------------------------

 

しかし、世の中には様々な借金があります。中でも闇金ヤミ金)」に関わるのは怖い。

 

闇金」とは、正規免許を持たずに貸金業をやっている者の総称。正規免許を持たないということは、正規ルール(主に法律)の影響下にないということです。

法律を守らない為、利息がとんでもなく高い。回収方法も荒っぽい。警察沙汰になることも珍しくないのが闇金案件です。

 

闇金側も、そのことは承知しています。その為、あの手この手で「闇金」のイメージを隠し、ちゃんとした業者の様に見せかけて、客からカネを巻き上げようとします。

そんな案件に、またひとつ新規名称が発生。その名は「給料ファクタリング(給与ファクタリング)」です。パッと見、闇金とは分からない名称です。

www.jiji.com(2020/7/29)

給与を受け取る権利を買い取るなどとうたい金を貸したとして、大阪府警は29日、貸金業法違反(無登録営業)の疑いで、東京都荒川区の「SONマネジメント」社員岩田俊一容疑者(29)=山形市=ら4人を逮捕した。認否は明らかにしていない。

 

こうした手口は「給与ファクタリング」と呼ばれるが、金融庁などは実態はヤミ金業として注意喚起しており、府警によると、摘発は全国初。

 

他に逮捕されたのはいずれも20代の男女で、4人は「D―ライン」などの屋号で営業。

債務者は3月から6月までに、全国各地で約2800人に上るとみられ、業者の口座には計約1億1800万円が振り込まれていたという。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020072901119&g=socより。改行・強調等は筆者によるもの)

 

上記事件で発生した利息を計算すると、法定利息の80倍・年利約1600%だったとのこと。

複雑な計算抜きで単純に考えれば、この数値だと
「10万円借りたら、1か月後の利息だけで13万円」
「元本も合わせると、23万円を返済しないと借金が消えない」
となります。

 

------------------------------------------

 

こんな暴利、利用するワケが無い!…と考える方が大半ですが、それでも利用する人がいる。

そうなる理由は、やはり名称によるところが大きいでしょう。「闇金」ではなく「給料ファクタリング」というカタカナ文字。受ける印象が違います。

 

では、実際にどういう形でカネのやりとりをしていたのか?

上記記事では、流れを紹介しています。分かり易くまとめると、以下の様なものになります。

 

(1)給料ファクタリング業者が使うのは、ツイッターやLINE等の媒体である。

(2)SNS等で、「お金を用意します!」「給料の前借りみたいなモンです!」等々の言葉を並べ集客。

(3)問い合わせてきた客に身分証や給与明細を提示させ、身元と給与額を確認する。

(4)給料ファクタリング業者は、客の給与に応じたカネを渡すのだが、その際「手数料」の名目で、若干差し引いた額しか客に渡さない。例えば、月給20万円の客に対し、手数料3万を引いた17万円を渡す…という具合である。

(5)その後、客に給与が支払われた時、給料ファクタリング業者は返済を迫る。先の例でいうと、17万円を渡した客からは、20万円を給料ファクタリング業者に支払わせる。これで17万円の返済と、手数料3万円の支払いが完了する。

 

…こんな感じです。普通の借金に比べて、ちょっと複雑な手順ですね。

この手順を踏むからこそ、給料ファクタリング業者は「これは金貸しではない」「従って、貸金業関連の法律も適用されない」と主張してきました。

 

------------------------------------------

 

しかし、多少複雑な手順を踏んでいるとはいえ、「金を借りて、後で返す」という形態は、どこからどう見ても借金です。手数料が実質的な利息に当たります。

そう判断した警察が動き、業者を摘発しました。今後も、同じ様な逮捕案件が増えていくことでしょう。

金融庁からも、「給料ファクタリング業者は、違法金融業者・闇金である。手を出さない様に」との呼びかけが出ています。

www.fsa.go.jp(2020/8/8閲覧)

いわゆる「給与ファクタリング」などと称して、業として、個人(労働者)が使用者に対して有する賃金債権を買い取って金銭を交付し、当該個人を通じて当該債権に係る資金の回収を行うことは、貸金業に該当します。

貸金業登録を受けていないヤミ金融業者により、年利に換算すると数百~千数百%になるような法外な利息を支払わされたり、大声での恫喝や勤務先への連絡といった違法な取立ての被害を受けたりする危険性があります。

 

また、いわゆる「給与ファクタリング」の利用により、本来受け取る賃金よりも少ない金額しか受け取れなくなるため、経済的生活がかえって悪化し、生活が破綻するおそれがあります。

 

違法なヤミ金融業者を絶対に利用しないでください。

https://www.fsa.go.jp/ordinary/chuui/kinyu_chuui2.html

 

ただ、こういう呼びかけが出ていても、給料ファクタリング業者を利用する者がいます。それは「即日融資が必要」という切羽詰まった人や、「あちこちで借金しまくって焦げ付き、ブラックリストに登録されて借金できない」という多重債務者が多い。

給料ファクタリング業者も分かっているのか、「即日融資!」「ブラックでもOK!」との文言を添える所が多い。

しかし、「給料ファクタリング」というカタカナ表記ではありますが、結局は暴利の借金。金融庁の警告にある通り、生活が行き詰まります。手を出さない方が賢明。

 

なお、ツイッターで「給料ファクタリング」と検索すれば、高確率で「ソフト闇金」という単語もついてきます。どうやら、業者も自覚している模様。

こうなると、尚更質が悪い。自分で違法だと認識しているので、何でもアリ。高確率で警察沙汰になります。近寄るな危険。

 

------------------------------------------

 

「ファクタリング」自体は、立派な金融取引です。勿論、各種法律を遵守する必要はありますが、ファクタリングの全てが違法というワケではない。

ただ、ファクタリングは「事業者や営利組織」を主対象にしたサービスであり、一般的な労働者へのサービス提供を想定していません。要は、「プロが使う、資金繰り補助サービス」なのです。

 

その理念を捻じ曲げ、個人に暴利を押し付ける「給料ファクタリング」は、違法です。

くれぐれも注意しましょう。

 

 

--------------(記事了)--------------

 

 

闇金ウシジマくん

闇金ウシジマくん

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 
闇金ウシジマくん(1) (ビッグコミックス)