makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【犯罪捜査の話】「プロファイリング」の古典は、面白い(前編)

「プロファイリング」

この言葉を聞いたことのある方は、それなりにいらっしゃると考えます。

 

プロファイリング(profiling)は、英語です。プロフィール(profile)と意味合いを同じくする言葉。

プロフィールは、「その人の性格や姿などの人物像」を意味します。自己紹介文の中には、必ず存在するものです。

そこから転じて、プロファイリングとは「様々な手がかりから、対象の人物像を明確にすること」を指します。

 

----------------------------------

 

プロファイリングの目的は、「相手の人物像を明確にすること」ですので、そのバリエーションは多彩。

例えば、「ネットで何を検索し、どんな品物を買っているか」を調べて、顧客の人物像を明確にすることも、立派なプロファイリング。

言ってみれば、顧客の心理傾向を調べる「心理学」の側面と、アンケート調査と同じ統計学の両方を含む分野になります。

 

統計調査である為に、最近話題によく出てくる「ビッグデータ」との相性が良い。

多くのデータから共通点を見つけ、どんな人が、このサービスをよく利用するのか?」という人物像がハッキリすれば、より利益のあがるサービスを開発・提供することも可能になります。

その典型例は、通販サイト等で「こんな商品もオススメ」と表示される広告。

あれは、プロファイリングの結果、「今、このサイトを見ている人は、こんな商品を買う可能性が高い」という結論を得て、それを基に表示する広告を決めているワケです。

プロファイリングは、結構身近に溢れているもの。

 

----------------------------------

 

しかし、「プロファイリング」という言葉を聞いて、多くの方が思い浮かべるのは犯罪者プロファイリングでしょう。

詳しく言えば、「殺人などの凄惨な事件が起こった時、現場に残された手がかりから、犯人像を絞り込む作業」のことですね。

 

犯罪捜査を行う時…

警察官が担当するのは、「被害者周辺の人間関係に関する情報」や「当時の目撃情報」などの聞き込み・収集作業。

鑑識官(科学捜査官)が担当するのは、「現場の写真撮影」「指紋やDNAの採取と分析」などの科学分野。

法医学者は、司法解剖を担当します。遺体の状況を調べ、どんな状況で亡くなったのかを調査します。「亡くなった方の、最後の声を聴く仕事」とも言われますね。

 

これらに対し、プロファイリング担当者が行うのは、「犯罪者は、何を考えて行動を起こしたのか」という心理分析です。

転じて、

「犯行の様子を見れば、犯人の心理状況や思考回路が、ある程度は分かる」

「そこから考えれば、犯人はこういう身体的特徴を持ち、こういう服装をして、こういう行動様式をとる可能性が高い」

という分析結果を出せます。犯人の人物像を絞り込めるわけです。

犯人の人物像が分かれば、限られた人員でも・効率的な捜査の実施が可能。早期の犯人逮捕に繋がる話です。

 

----------------------------------

 

この「犯罪者プロファイリング」を、一躍有名にした書籍があります。当記事では、この本をご紹介します。

タイトルは『FBI心理分析官~異常殺人者たちの素顔に迫る衝撃の手記』です。

(提供:Amazon)

(著:ロバート・K・レスラー、トム・シャットマン/翻訳:相原真理子早川書房)

 

『FBI心理分析官~異常殺人者たちの素顔に迫る衝撃の手記』(以下『FBI心理分析官』と表記)は、1994年発表の書籍。

作者の「ロバート・K・レスラー」氏は、元FBI特別捜査官であり、犯罪プロファイリングの第一人者でもありました。

 

レスラー氏とプロファイリングを有名にしたものとしては、上記『FBI心理分析官』の存在もありますが、大ヒットしたサスペンス映画羊たちの沈黙の影響も大きかったと言えます。

羊たちの沈黙』は、第64回アカデミー賞の主要部門を総なめ。未だに語り継がれる名作中の名作です。

(参考:アカデミー賞 1990年代~歴代のオスカー映画

 

(提供:タワーレコード)

 

羊たちの沈黙』の主人公・クラリスジョディ・フォスター)は、FBI捜査官の訓練生です。

その主人公クラリスの上司であり、犯罪者の心理分析担当「クロフォード捜査官」のモデルが、『FBI心理分析官』の著者であるレスラー氏…とのこと。

 

----------------------------------

 

ただ、『羊たちの沈黙』で描かれるプロファイリングと、『FBI心理分析官』で語られるプロファイリングは、似て非なるもの。

 

『FBI心理分析官』で扱う話は、実際に起こった・いくつかの事件がベースになっており、リアルで不気味な感じが漂います。

 

その中身については…次回記事にて。

『FBI心理分析官』の中から、筆者が特に興味を引かれた話について触れていきます。

 

 

-----------------(記事了)-----------------

 

 

(注意:書籍購入・閲覧を考えていらっしゃる方へ)

筆者が所持している『FBI心理分析官』は、ハードカバーの第17版(1994年発行)です。

当時は、今ほど制限がきつくなかったからでしょうか。筆者が持っている書籍には、「遺体の白黒写真」が少々掲載されています。

古い写真で解像度は低め。グロテスクな印象は受けないものですが、苦手な方はご注意ください。

 

↓↓『FBI心理分析官』書店リンク↓↓

【Amazon】

【Amazon Kindle】

【Yahoo! ショッピング】

【PayPayモール】

【楽天市場】

 

【7net ショッピング】

【au Wowma!】

【e-hon】

【Neowing】

【TSUTAYAオンライン】

【紀伊國屋書店】

【総合書店 honto】