makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【お手軽ダイエット?の話】もし本物が存在すれば、国が動くハズ

ダイエット。

老若男女問わず、頭の痛い話です。

筆者も…万年ダイエッターの人間です。

 

ダイエットは、楽なものではありません。しかし、できるだけ苦しまずに痩せたい。

こう思う方は多いでしょう。

その願望を見透かす様に、「簡単に痩せられる!」「これだけやればOK!」と威勢の良い広告を出す業者は多いもの。

そして、消費者庁から「根拠のないことを言うな!」と怒られる業者も後を絶ちません。

昨日も、そんなニュースがまたひとつ。

 

www.asahi.com(2019/11/29)

「体に貼るだけでやせる」などとうたったダイエット用品の広告表示には合理的な根拠がないとして、消費者庁は29日、景品表示法違反(優良誤認)で販売業者3社に再発防止などを求める措置命令を出した。

 

消費者庁によると、命令を受けたのは、

シンビジャパン(東京)

ユニッシュ(大阪市

タットワ(東京)

の3社。

 

3社は遅くとも今年4月以降、パッチ型のダイエット用品に関し

「貼るだけカンタン」

「へそに貼るだけでくびれが出現!」

などと自社のホームページに掲載し、短期間で著しい痩身(そうしん)効果があるかのような表示をした。

 

消費者庁は3社に表示の裏付けとなる資料の提出を求め、提出された資料を調べたが、合理的な根拠がないと判断したという。

3社は取材に対し、「誤解を招くような表示をしないよう努めていく」などとそれぞれコメントした。(兼田徳幸)

https://www.asahi.com/articles/ASMCY5Q7GMCYUTIL03H.htmlより。改行・強調等は筆者)

 

 

なお、消費者庁HPには、より詳しい内容が記載されています。気になる方は、以下のリンクからご覧くださいませ。

令和元年11月29日付「痩身効果を標ぼうするダイエットパッチの販売事業者3社に対する景品表示法に基づく措置命令について」https://www.caa.go.jp/notice/assets/representation_191129_1.pdf

 

----------------------------

 

消費者庁から措置命令が出ることは、業者にとって深刻な状況です。

 

「あんたらの言っていることには、根拠がない」とされたから、措置命令が出るのです。

一般人からは、「怪しい業者」という認識を持たれても仕方ない。

その結果、業者の売り上げが落ちたとしても、自業自得とされてしまいます。

 

 

今、この段階で、業者が「どうもすみませんでした」「今後は気を付けます」というメッセージを世間に向けて堂々と出せば…

「失敗を失敗と認め、公にしよう」「反省して、何とか挽回しよう」という意志が伝わります。

世間から、もう一度救いの手が差し伸べられるかもしれません。

 

逆に、今・この段階で謝罪を大々的に行わない業者は、「無かったことにしようと考えているな」といった評価を受けます。そうなれば、更に致命的なダメージを受けます。

初動が肝心。

 

----------------------------

 

筆者は、今回名前が出た3社のホームページを見ましたが、それぞれ反応が異なっていました。なかなか興味深い。

後で業者に絡まれても嫌ですから、名指しはしませんが…。

筆者の見立ては、以下の通り。

 

◆とある会社は、ホームページの分かり易いところに、堂々と謝罪文を掲げている。再発防止へ向かう姿勢があるな…という評価を受けやすく、最も信用できる。

◆別の会社は、一応は謝罪文を掲載しているけれど、置き場所が分かりにくい。また、文面が読みづらく、「何だか、失敗を隠そうとしているみたいだな」というマイナス評価を受けやすい感がある。不安な対応。

◆さらに別の会社は、謝罪文らしきものが無い。どこかにあるのかも知れないが、相当分かり難く、筆者は見つけることができなかった。こういう姿勢は「揉み消し」を連想させる。最も不信を招き易く、客が離れる恐れが大きい。

 

筆者と似た様な事を、監視のプロである消費者庁の職員さんも考えていると仮定すれば…「揉み消しに入っている」という評価を受けた会社に目を付け、重点的に監視するでしょうね。

似た様な問題を再発させた場合、更に大きなダメージを与えるハズ。

 

コソコソしない方が身の為だと考えますが…。

 

----------------------------

 

「これだけやれば、簡単に痩せる!」という商品は、無いと思った方がいいでしょう。

もし存在するのであれば、速攻で国や地方自治体が買い上げるハズです。

 

メタボリックシンドロームが問題になり、医療費のやりくりに頭を悩ませる役所が、「これだけで簡単に痩せる」という商品を見逃すハズは無いのです。

そういう品が本当に存在すれば、医療費の大幅な削減が期待できます。増税もしなくていい。メリットだらけ。

なぜそうならないか?…といえば、「これだけで簡単に痩せる…というのは、不可能だから」でしょう。

 

結局は、「摂取カロリーよりも消費カロリーが多い場合に、体重が減る」という所に落ち着きます。食事を見直し、運動をするという方向になりますね。

地味ですが、確実に効くのは間違いない。

 

f:id:tenamaka26:20191204190200j:plain

(イメージ画像 https://www.pakutaso.com/20121039289post-2031.html

 

 

ダイエットの話は、健康食品や医療情報と同じです。

大事なのは、バランス。

 

「バランスを無視する宣伝文句」を言う業者は、先ず疑ってかかるべきです。

 

 

--------------(記事了)--------------

 

 

【参考書籍】

『健康を食い物にするメディアたち ネット時代の医療情報との付き合い方』

【Amazon】

【Amazon Kindle】

【Yahoo! ショッピング】

【PayPayモール】

【楽天kobo】  

 

【7net ショッピング】

【au Wowma!】

【Book Live!】(試し読みアリ)

【BOOK☆WALKER】(試し読みアリ)

【ebook-japan】 (試し読みアリ)

【e-hon】

 

【Neowing】

【紀伊國屋書店】

【コミックシーモア】

【総合書店 honto】

【光テレビブック】

【漫画全巻ドットコム】