makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【マンガの話】こんな心のサプリも…アリですねぇ

本日は、とある「実録体験漫画」をご紹介します。

作品のタイトルは『うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち』です。

 

(提供:Neowing)

(著:田中圭一角川書店)

 

『うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち』(以下『うつヌケ』と表記)は、2017年に世に出た作品。

作者の田中圭一氏は、長い間「うつ病」で苦しみました。が、長い時間をかけて暗闇から抜け出し、その体験談を『うつヌケ』という作品に仕上げたとのこと。

 

田中氏は、漫画の冒頭でこんなことを述べています。

「運良く、自分の具合は良くなった。だが、まだ苦しい思いをしている人が大勢いる。その人たちを助けたい」

「ただ、自分の具合が良くなった方法が、皆に当てはまるとは思えない」

「自分は医者ではないから、こうすればいいと指南できない。が、うつから抜け出した人の話をたくさん聞いて漫画に仕上げ、少しでも改善のヒントにして貰えたら嬉しい」

 

経験者だから出てくるのでしょう。何とも優しい言葉です。

田中氏の考えと、手塚治虫風の絵柄が絶妙にマッチして、『うつヌケ』はトゲトゲしさが皆無の優しい作品に仕上がっています。

 

----------------------------------

 

『うつヌケ』の特徴としては、先に述べた様に、「田中氏の話だけではなく、うつから抜け出した人々の話をたくさん聞いて、漫画にする」という点があります。

 

話をしてくれた方の職業は様々。雑誌編集者、ゲームクリエイター、教師、普通の会社員、AV監督、文筆家、占い師…等々。

その中に、バンド「筋肉少女帯」で知られたミュージシャン「大槻ケンヂ」氏の名前がありました。彼も、うつ病で苦しんだ過去があったんですね。

 

皆さんの症状は、それぞれ異なるもの。同じ部分もあれば、そうでない部分もあり。

バラエティに富んでおり、十把一絡げにできない側面があります。

 

----------------------------------

 

『うつヌケ』の中で、筆者の心に残った言葉は…「うつは、心のガン」というもの。

よく、「うつは、心の風邪」という表現は見聞きしますが、ここまで強い表現は初めて見ました。

 

この表現、なかなか的を射たものだと考えます。

ガンは、適切な治療を施せば良くなりますが、放置しておくと命の危険アリ。

また、ガンは人間である以上、誰でも罹患する可能性があります。

うつも、それと同じ。

 

自ら命を絶ってしまった人は、往々にしてうつを抱えています。

生きる力は、心持ちで強くも弱くもなるもの。弱くなれば死に近づきます。その弱める要素の中に、うつが存在します。

決して、馬鹿にしたり・軽く扱ったりしていいものではありません。

 

----------------------------------

 

他方、作品内で「うつは、上手な付き合い方をすれば、怖いものじゃない」という言葉もアリ。

ものの考え方や、普段の過ごし方を見直す事で、症状が大幅に改善される場合が多い。

 

『うつヌケ』の中で、その改善方法について語っている部分が多く、かなり参考になります。

うつには様々なパターンがあるので、具体的対処法も様々。しかし、重要なポイントがいくつかあり、そこを押さえることで良くなった人は多いとのこと。

 

うつというものを、「得体の知れない相手ではなく、困った悪戯をしてくる妖怪」くらいに思えば、何も恐れることはない。

作者の田中氏は、そう仰っています。

 

----------------------------------

 

うつは、誰でもなるもの。

筆者は、『うつヌケ』の中で描かれているレベルの、かなり強烈な症状が出た経験は…ありません。

しかし、それに近い状況になった経験は数知れず。

 

今は大丈夫ですが、これから先はどうなるか分かりません。

「あ、これはやばいかも」と思う時が来れば、病院に行くことも考えます。

そうなった時には、『うつヌケ』で強く主張されていた、以下の言葉を噛みしめることにしましょう。

 

「今は苦しくても、希望は常に存在し、光が差す時が来る」

「時間は最高の治療薬。後で振り返れば、あんなこともあったね~と笑える日が来る」

「闇のトンネルには、必ず出口がある。焦らずに生きてほしい」

 

 

-----------------(記事了)-----------------

 

 

↓↓書店リンク↓↓

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

【Amazon】

【Amazon Kindle】

【Yahoo! ショッピング】

【PayPayモール】

【楽天市場】

【楽天ブックス/楽天kobo】

 

【7net ショッピング】

【animate ONLINE SHOP】

【au Wowma!】

【Book Live!】(試し読みアリ)

【BOOK☆WALKER】(試し読みアリ)

【ebook-japan】 (試し読みアリ)

【e-hon】

【Neowing】

 

【TSUTAYAオンライン】 

【Renta!】(試し読みアリ)

【紀伊國屋書店】

【コミックシーモア】(試し読みアリ)

【総合書店 honto】

【タワーレコード】

【ひかりTVブック】

【漫画全巻ドットコム】