makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【プラットフォーマーの話】トンデモ医療情報に、新たな監視の目が

トンデモ医療記事が、なかなか無くなりません。

ネット上には真偽不明の情報が溢れており、その背後には高確率で「自費診療」「高額サプリ」などの商業臭があります。

悪質な業者になれば、明らかに健康を害する品を、超高額で売りつけることもアリ。要は、顧客の健康はどうでもよく、単に金儲けが目的なのです。

 

この手の商売は、度々問題視されています。が、悪質業者は取り締まりをする役所から目をつけられたら姿を消し、扱う品や店の名前を変えて復活し…というパターンで商売を続けており、当局とはイタチごっこ

それ故、いつまで経っても堂々巡りなのです。

 

----------------------------

 

しかし、このままではいけない。

そう考える人々も大勢いて、新たな対策が講じられています。

本日のニュースにも、そんな話がひとつ。

 

www.j-cast.com(2019/11/24)

科学的根拠が不十分だとして批判を集めた「血液クレンジング療法」(オゾン療法)。

インターネット上では、こうした真偽不明の健康・医療情報が、たびたび物議をかもしながらも蔓延している。

 

情報発信の基盤となるデジタルプラットフォーマーも危機感を覚えており、各社は信頼性向上に向けた取り組みを進めている。

https://www.j-cast.com/2019/11/24373301.html?p=allより。改行・強調等は筆者によるもの)

 

「デジタルプラットフォーマー」とは、ネットサービスの基礎となるものを提供する企業や集団のこと。

 

メッセージのやりとり、ブログの執筆と公開、画像の投稿、通信販売サービスの提供…などなど、ユーザーはネット上で様々な行動を起こします。

その時、情報の入力フォームを整備したり、画像投稿の場を設けたり等、行動の基礎を支えるシステムを整備し運営するのが「デジタルプラットフォーマー」と呼ばれる方々。

具体的には、GoogleAmazonAppleFacebookTwitterなどが該当します。

当記事を掲載させていただいている「はてな」さんの様に、ブログ設営サービスも同様。似た様な所だと、AmebaライブドアSeesaamixi…等の名前も出てきます。

 

こういったプラットフォーマーさん達の中で、怪しい医療情報に対して・警戒レベルを上げる方々が増えているとのこと。

 

----------------------------

 

この動き、良いものだと考えます。

 

怪しい医療情報が蔓延する理由は、「ストッパーやフィルターが無いから」です。 

書いたもん勝ち・目を引いたもん勝ちの無法地帯で、正確性よりも奇抜さが重視されると、今の様なカオス状態になってしまいます。

カオス化を防ぎ、内容の正確性を担保するには、誰かが見張らなければなりません。

そうなると、最も適任であり・なおかつ監視能力を持つ存在といえば、「サービスを提供するプラットフォーマー自身」となります。

 

f:id:tenamaka26:20191125203313j:plain

(イメージ画像 https://www.pakutaso.com/20180859220post-17060.html

 

怪しい情報の流出に関し、最も悪いのは「流した者」です。言い出しっぺが最も大きな責任を負うのは当然。嘘やインチキのレベルになれば、犯罪行為として警察が動く話になります。

 

しかし、サービス提供者が「インチキを流したのはユーザーで、自分らは関係ない」という主張ばかりでは、それもまた問題。

書いたもん勝ちの無法地帯になっているのに、サービス提供者が見て見ぬふり…では、サービスそのものの信用度が下がります。

「あそこのサービスは、インチキ情報ばかり。利用しない方がいい」という評判が固まれば、サービス提供者・プラットフォーマーにとって死活問題。

 

怪しい情報に目を光らせるには、それなりのコストがかかりますが、信用には代えられません。直ぐに利益に直結しないでしょうが、長い目で見れば「情報の信頼度が高い」「正確な内容を提供してくれる」という信用・ブランドを獲得できます。これば、とてつもなく大きなパワーになります。

今やっておけば、後で大きな利潤になって返ってくるでしょう。損な話ではありません。

 

----------------------------

 

筆者が考えるに、数あるプラットフォーマーの中で最も頑張って頂きたいのはTwitterツイッター)」さんです。

筆者も頻繁に利用させて頂いてますが、怪しいアカウントが多過ぎますし、防衛策も甘い。

 

挙動が明らかにBotであり、自動的に迷惑ツイートを連投し、内容に無関係なトレンドタグを貼り、アプリ連携で他アカウントへ乗っ取りをかける…という”マルウェア”に近いものが多数。

「ミュートやブロックをかけても、検索に表示されてしまう」といった仕様も、未だ変わらず。

明らかな犯罪勧誘ツイートも野放し。違法薬物取引・犯罪行為への勧誘・詐欺の窓口…等々、素人が見ても分かる物騒なツイートだらけです。

 

Twitterは、今やインフラレベルで活用されているのですから、もっと厳しく管理して頂いても結構でしょう。

正確性を確保し、安全性を高めておけば、「信頼できる情報源だ」として認知されます。そうなれば、利潤が倍々ゲームで増えていくでしょう。

ユーザーとしても、安心できるところに金を入れるのは自然なこと。ちゃんとしたものを提供してくれるのであれば、ボッタクリ云々はあまり考えません。

大事なのは、サービスの中身。

 

----------------------------

 

最後に生き残るのは、中身がしっかりしたものです。

中身をしっかり作るには、時間とコストが必要。

安物を投じて・目先の利益だけ追いかけている様では、後で巨大なシッペ返しを喰らいます。それまで貯めてきた利潤が吹っ飛ぶどころか、その何倍もの損害が出る可能性もアリ。

その典型例が、インチキ医療メディア「WELQ」の騒動です。あの騒動を見て、「これはマズイ。気を付けよう」と思わない方がおかしい。

 

後で蒼白にならない為には、早くから正確性について気を揉む必要があります。

そういう意味で、今回ニュースになった「プラットフォーマーさんの動き」は、大正解でしょう。

このまま活動を続けて頂き、より良いネット環境の構築に向かって頂きたい。筆者も微力ながら応援しておりますし、自分が書く記事に対しても、厳しい目を向けていく所存です。

 

 

--------------(記事了)--------------

 

 

【参考書籍】

『健康を食い物にするメディアたち ネット時代の医療情報との付き合い方』

【Amazon】

【Amazon Kindle】

【Yahoo! ショッピング】

【PayPayモール】

【楽天kobo】  

 

【7net ショッピング】

【au Wowma!】

【Book Live!】(試し読みアリ)

【BOOK☆WALKER】(試し読みアリ)

【ebook-japan】 (試し読みアリ)

【e-hon】

 

【Neowing】

【紀伊國屋書店】

【コミックシーモア】

【総合書店 honto】

【光テレビブック】

【漫画全巻ドットコム】