makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【儲け話の裏側】自称「億万長者」から出る、必死なアピールの謎

最近、有名人が違法薬物を使っていたとか持っていたとか、オクスリ関係の騒動が増えています。

この手の話は、誰かが捕まると芋づる式に出てくる事が多い。違法薬物を個人で作ることは難しいので、販売ネットワークから入手します。顧客の誰かが捕まると、ネットワークが明るみに出て、客も売人も一斉に捕まるという仕組み。

このネットワークを追跡できるか否かが、薬物犯罪における最大のポイントです。(取締官や警察の方々、お疲れ様です)

 

------------------------------------------

 

この騒動に関し、世間の大多数の方は「田代まさし容疑者」や「沢尻エリカ容疑者」の方ばっかり見ている感じですが…

筆者としては、以下の話が気になりました。

www.sankei.com(2019/11/11)

合成麻薬MDMA」を使用したとして、警視庁が麻薬取締法違反(使用)容疑で、「KAZMAX(カズマックス)」の通称で知られる金融トレーダー、吉沢和真容疑者(30)を逮捕していたことが11日、捜査関係者への取材で分かった。

調べに容疑を否認し、「クラブで飲み物に混入された」という趣旨の説明をしている。

 

捜査関係者によると、10日午前、渋谷署員が渋谷区内で吉沢容疑者を職務質問。任意で提出を受けた尿を鑑定したところ、MDMAの陽性反応が出たため緊急逮捕したという。

https://www.sankei.com/affairs/news/191111/afr1911110003-n1.htmlより。改行・強調等は筆者によるもの。以下同)

 

2年ほど前に沸いた「仮想通貨バブル」にて、億単位の大儲けした人々を「億り人」と呼んでいました。

今回逮捕された吉沢容疑者(通称:KAZMAX)も、その一人です。

本人は「薬物を他人に飲まされた」と供述しているそうですが、事の真偽はこれから明らかになるでしょう。

 

------------------------------------------

 

吉沢容疑者の逮捕が報じられてから、各種メディアが追加情報を伝えています。

その中に、

「吉沢容疑者が金持ち…という話は、真っ赤な嘘」

「家賃が払えない状況だった」

という記事がありました。

 

「え?億単位を稼いだのでは?」

「億単位稼いだ経験を背景に、投資セミナー等を開催し、更に儲けていたのでは?」

こういう話とは、真逆の記事です。

 

smart-flash.jp(2019/11/20)

2017年の仮想通貨バブルで大儲けし、“億り人” となった吉澤容疑者。投資初心者に向けた月額3万円のオンラインサロンで荒稼ぎしていたとされる。だが、実際の懐ろ事情は、お寒いものだったという。知人のB氏は、こう明かす。

“億り人”どころか、彼は一文無し。クレジットカードすら持っていなかったはずです。サロンで儲けているといっても、トラブル続きでカネになっていない。吉澤は、住居にも困るようになって、私に泣きついてきた。不憫に思って、部屋を借りる際に、敷金の300万円を貸したんです」


だが吉澤容疑者は、恩を仇で返してきたのだという。

 

「吉澤が連日連夜どんちゃん騒ぎをしたせいで、私のところにマンションの大家さんからクレームがあったんですよ。しかも10月には、1カ月60万円の家賃を3カ月ぶんも滞納していたことがわかったんです。

弁護士を入れて、彼を追い出しましたが、原状回復に使ったお金が100万円。いかに彼が普通じゃないかわかると思います」(B氏)

 

“億り人” ぶりをSNSで発信していた吉澤容疑者。その虚飾は、どんどん上塗りされていったという。

https://smart-flash.jp/sociopolitics/86288より。改行・強調等は筆者によるもの)

 

ソースが写真週刊誌なので、かなり疑ってかからないといけませんが…非常に興味深く読ませて頂きました。

 

この記事の内容が、事実に基づいたものだとすれば、「吉沢容疑者は、見事な大嘘つき」となりますね。薬物騒動が一段落した後、吉沢容疑者に上記Flash記事を読んで頂いて、是非とも反論して頂きたいところ。

無言で通せば「事実と認めた」という風に受け取られかねませんし、記事が嘘なら名誉棄損や業務妨害になるかもしれません。

 

f:id:tenamaka26:20191120161028j:plain

(イメージ画像https://www.pakutaso.com/201706481741-25.html

 

特に、吉沢容疑者は「投資サロン」を主宰していたハズ。主催者が金持ちどころか無一文では、信用度がガタ落ちになります。「吉沢容疑者が無一文」という話が真実でない場合、業務妨害になる可能性が高い。

今後の吉沢容疑者がどう動くか? 注視したいところです。

 

------------------------------------------

 

この手の怪しい話を聞く度、世の中に数多ある「派手な儲け話」は、その大半が眉唾ものだ…と、筆者は考えます。

中には本物も混じっているのでしょうが、考えもせずに鵜呑みにするのは危険極まりない。

 

 

「私、儲かってます」と公言することは、かなりのリスクを伴う行為です。

単純に金銭目的の犯罪で狙われますし、先に引用したFlash記事の様に「色々と探られるネタ」としてつけ回されることになりがち。

平和に暮らしたいのであれば、金持ちであることを黙っている方が賢明です。

 

しかし、実際はどうかといえば…

ツイッター等で、「絶対に稼げる!」という謳い文句で、無関係のタグ貼りまくって必死に宣伝したり、

◆明らかにBotの挙動だったり、

◆「儲け話は必要ありません」と書いてあるのに絡んできたり

…等々、迷惑行為に走る連中が多い。

 

そういった行動は、余裕のある金持ちのものとは思えない。

本当に「簡単に儲かる」「絶対に儲かる」のであれば、なぜ必死でアピールするのか、意味不明。

 

絶対に儲かるのであれば、

「1年くらい授業料その他を保留して貰って、1年後に儲かった額の中から支払う」

「授業料支払いを終えて余った金を、手数料その他の必要経費を引いた上で、こちらの口座に振り込んでくれたらよい。こちらの財布からは、何も出さない」

「この作業を、10年間くらい続けて貰う」

という形にしてもいいハズなのに、誰もやらない。

 

絶対に儲かるのであれば、その形式でも何ら問題ないハズ。

何せ、勧誘している本人さんは儲かりまくっているハズですから、1年くらい授業料収入がなくても余裕でしょうし、絶対に儲かる=後で100%回収できるという図式になるので、応じないのはおかしい。

この疑問は、永遠の謎で終わるのでしょうね。

 

------------------------------------------

 

筆者が考える「金儲けの鉄則」は、以下の3つ。

「短期で儲かる話は、失敗すると、見込み額の数倍~数十倍以上の損が出る」

「本当に美味しい話は、独り占めにする。不特定多数には教えない」

「1~2回儲かるのはマグレ。100回やって60勝くらいの安定した成績が出て、初めて信用する」

 

とにかく、判断に時間をかけることを心がけています。

「投資はチャンスを逃さないこと!」「急がないと儲からない!」と急かされても、自分で納得して判断を下せなければ、カネを出しません。

「納得して判断を下す」ということは、「なぜ儲かるのか、自分の言葉で・理論立てて説明できる」という状態になってから、初めて可能になること。

 

「あの人が儲かるって言っているから」では、自分の言葉で説明したとはなりません。

その為、私はいつまでもカネを出しません。

「出し渋っている間に儲けが出た」となっても、それは自分の勉強不足が招いたことであり、特に不満はありません。もっと勉強しようと考えるだけ。

 

------------------------------------------

 

筆者は、「儲け話の中には、かなりの高確率で、詐欺や悪徳商法が混じっている」と考えます。

これは、油断すれば誰でも引っかかるもの。筆者も例外ではないと考えています。寧ろ、引っかかりやすい方かも。

 

被害回避の為には、「相手の言葉を鵜呑みにしない」「周囲に相談する」「判断には時間をかける」等の用心が必要です。

そこまでしても、騙しにくる連中は手口を常にアップデートしており、予想外の攻め方をしてくるので…対応しきれるかどうか?

 

怖いですね。息苦しい世の中になったものです。

 

 

--------------(記事了)--------------

 

  

【参考書籍】

悪徳商法 わざと引っかかってみました』

【Amazon】

【Yahoo! ショッピング】

【PayPayモール】

【楽天市場】

【楽天ブックス/楽天kobo】

 

【7net ショッピング】

【au Wowma!】

【e-hon】

【Neowing】

【TSUTAYAオンライン】

【紀伊國屋書店】

【総合書店 honto】