makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【駄菓子の話9】かつての名は「サイバー」

大人気マンガ『だがしかし』

それに触発されて書く、駄菓子記事の第9弾です。

 

tenamaka26.hatenablog.com

 

今回取り上げるのは、クラシエ(旧・カネボウ)さんから発売されている駄菓子、ねるねるねるねです。

 

(提供:YAMADAモール)

 

ねるねるねるね」は、1986年から現在まで店頭に並ぶ、ロングセラー商品です。

『だがしかし』では、2巻に登場しています。

(提供:Neowing)

(著:コトヤマ小学館)

 

ねるねるねるね」の特徴は、何といっても

◆練れば練るほど色が変わって

◆だんだん膨らんできて

◆飴やラムネのコーテイングをつけて

◆美味い!(テーレッテレー)

…という一連の流れ。

 

ねるねるねるね」は、袋から出しただけでは、食べることができません。

ちょっとした「調理」をしなければならない、変わった駄菓子です。

そこが最大のウリ。

 

---------------------------

 

ねるねるねるね」のパッケージ内には、プラスチックトレー・材料の粉・コーティング用の飴やラムネ・かき混ぜるプラスチックスプーン…が入っています。

これらの材料を、パッケージに記されている手順通りに混ぜていくと、粉の色が変わったり、フワフワに膨らんできたり、明らかな変化が見て取れます。

 

こういう変化が、小さな子どもさんにウケた様子。「ねるねるねるね」は、売り上げを順調に伸ばし、ロングセラー商品になりました。

手を加えることで、様々な変化の起きる菓子。科学実験にも似た様子を見せることから、「ケミカル菓子」「サイバー菓子」との異名が生まれた時もあります。

しかし、この名前は現在使われておりません。今は「知育菓子」と呼ばれています。

(なお、「知育菓子」は、クラシエさんの登録商標です)

 

なぜ「サイバー」のままではいけなかったのか?

これには、ロングセラー商品にありがちな悩み「時代の流れに対応しなければならない」という背景がありました。

www.oricon.co.jp(2018/7/31)

 

『知育菓子(R)』と名付けたのは2006年からです。

 

それまで『ねるねるねるね』は、作っている途中に紫や緑色といった明るい色へと変化し、膨らむ作用もあることから『サイバー菓子』『ケミカル菓子』という名前で表現されていました。

 

子どもたちからは興味を持ってもらえていたのですが、親御さんには“体に悪い”というイメージを持たれていました。

 

それを払拭するべく、“子どもたちの知的好奇心をくすぐる”という特徴を打ち出した『知育菓子(R)』という名称に変更しました」

https://www.oricon.co.jp/special/51491/より。改行・強調等は筆者によるもの)

 

ねるねるねるね」の色が変わるのは、いわゆる「リトマス試験紙」と同じ原理。得体の知れない・怪しい理由ではありません。

中に入っている成分も、ムラサキキャベツから採取した自然素材等がメインで、合成着色料・保存料は未使用。

それでも、口に入れるものを「サイバー」とか「ケミカル」と呼称するのは、健康志向の高まりに逆行するのではないか?…との声があり、「知育」と名を変えたとのこと。

 

また、発売当初は「何ができるんだろう?」というミステリーな雰囲気がウケた様子ですが、近年は真逆。透明性が求められます。

その為、商品パッケージの説明や、ネット等での積極的な情報開示によって、イメージアップを図ったそうです。

www.nerune.jp(2019/11/17閲覧)

www.youtube.com(2019/11/17閲覧)

 

これらの行動が実を結び、一度は下がった売り上げが順調に回復。

今なお愛される駄菓子として、店頭に並んでいます。

 

---------------------------

 

クラシエさんが展開する「知育菓子」シリーズには、様々な品が並んでいます。

www.kracie.co.jp(2019/11/17閲覧)

 

「色・形状・硬さなど、素材の変化を楽しむ」という菓子もあれば、「寿司やラーメンに模した菓子を作成できる」という凝ったものまで様々。

小さなお子さんにとっては、ちょっとした「調理師」「パティシエ」の気分が味わえるお菓子。親御さんと一緒になって作れば、共通の話題にもなります。

 

特に「ねるねるねるね」は、30年以上販売されているロングセラー商品。今はパパ・ママを頑張っている方の中にも、「自分が子どもの頃に、よく作ったわ~」という方が多いでしょう。

自分がかつて楽しんだものを、自分の子も同様に楽しんでいる。そんな姿を見るのは、感慨深いものです。

 

スマホやゲームもいいけれど、たまにはこういう知育菓子を話題にして、親子そろって楽しむというのも…なかなかオツなものですよ。

 

 

 

---------(記事了)---------

 

 

↓↓「ねるねるねるね」菓子店リンク↓↓

【Amazon】

【Yahoo! ショッピング】

【PayPayモール】

【楽天市場】

【イトーヨーカドー】

【au Wowma!】

【爽快ドラッグ】

 

 

↓↓書店リンク『だがしかし』シリーズ↓↓

 

【Amazon】

【Amazon Kindle】

【Yahoo! ショッピング】 

【PayPayモール】

【楽天市場】

【楽天ブックス/楽天kobo】(試し読みアリ)

 

【7net ショッピング】(試し読みアリ)

【Amebaマンガ】(試し読みアリ)

【animate ONLINE SHOP】

【au Wowma!】

【Book Live!】(試し読みアリ)

【BOOK☆WALKER】(試し読みアリ)

【ebook-japan】(試し読みアリ) 

【e-hon】(試し読みアリ) 

【Neowing】

 

【TSUTAYAオンライン】

【Renta!】(無料サンプル・試し読みアリ)

【紀伊國屋書店】 

【コミックシーモア】(試し読みアリ)

【総合書店 honto】(試し読みアリ) 

【ひかりTVブック】(試し読みアリ)

【漫画全巻ドットコム】