makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【マンガの話】京と林檎の物語

本日は、様々な面白さを持つグルメ漫画を御紹介します。

作品のタイトルは、舞妓さんちのまかないさんです。

 

(提供:Neowing)

(著:小山愛子/販売:小学館)

 

舞妓さんちのまかないさん』は、「週刊少年サンデー」誌上にて連載中の作品です。

コミックスは、既刊11巻。

 

websunday.net(2019/10/26閲覧)

舞妓さんちのまかないさん』は、「日常系のマンガ」であり、「料理マンガ」でもあり、「花街の日常や裏話を描くマンガ」でもあります。

 

作品の舞台は、現代の京都。京都の夜を彩る「舞妓(まいこ)」と、彼女達を支える裏方のお話です。

…といっても、主人公はその「裏方さん」なのですが。

 

----------------------------------

 

ここで、念の為「舞妓」の説明を。

 

テレビなどでよく取り上げられる「舞妓さん」といえば、京都の祇園あたりで見かける、オシロイ・着物・花簪(はなかんざし)などを身にまとった、若いお姉さんのことですね。

 

しかし…舞妓さんは、実は修行中の身。「実地研修生」「OJT」みたいなものです。

真に一人前とされるのは、「芸妓(げいこ)」と呼ばれるお姉様方です。宴席で、唄や舞踊を披露し、お客様をもてなすことを仕事にされている方。それが芸妓さんです。

 

舞妓さんは、芸妓さんの前段階にいる方々。

集団生活を送りながら、芸妓としてやっていく為の礼儀作法や芸事を学び・磨いていきます。お座敷に出ることも多い。「社員寮での生活」みたいなものですね。

(ちなみに、舞妓さんの前段階を「仕込み」と呼びます。完全に学生扱いで、客先に出ることはありません。『舞妓さんちのまかないさん』では、仕込みと舞妓が共同生活を送る家「屋形」を、主な舞台にしています)

 

----------------------------------

 

舞妓さんちのまかないさん』は、舞妓さんの集団生活を支える食事係が主人公。この食事係のことを「まかないさん」と呼びます。

下画像で、赤いエプロンをした女の子が、主人公のまかないさん「キヨ」さん。年齢は16歳。

 

(提供:Neowing)

(著:小山愛子/販売:小学館)

 

キヨさんは、舞妓を目指して京都へやって来たのですが、イマイチ稽古に身が入らず、舞妓の道を諦めることになります。

が、郷里に帰る直前、前任のまかないさんが体調不良でダウン。キヨさんが、成り行きで皆の食事を作ることに。

この食事の評判が良かった。そのまま、後任のまかないさんとして皆の世話をすることになりました。

 

キヨさんの作る食事は、高級レストランを超える味…ではありません。ごくごく普通のもの。

しかし、舞妓仲間の評判は上々。絢爛豪華な料理とは正反対の”ホッとする家庭の味”であり、「キヨさん無しでは、ウチの舞妓さん達はバテてしまい、やっていけない」とまで言われるポジションになります。

キヨさんの素朴な料理が、「毎日が稽古の連続であり、上下関係のある集団生活で、疲弊しやすい」という身である舞妓さんにとって、大きな癒し要素になっていますね。

 

また、キヨさんは舞妓さん達と同年代であり、舞妓さんの上下関係とは離れた位置にいる人。修行のグチを言っても、キヨさんは優しく聞いてくれます。

舞妓さんが、溜めているストレスをキヨさんにグチりながら、ホッとする料理でヒーリング。舞妓さんは、身体も心もリフレッシュ。また稽古を頑張ろうと思うのです。

「キヨさん無しでは、やっていけない」と言わしめる理由は、ここにあります。

 

なお、このグチりの中に「舞妓さんの、日常における喜怒哀楽」が滲み出ており、なかなかに興味深い作風へと仕上がっています。

 

---------------------------

 

舞妓さんちのまかないさん』の特徴を、もうひとつ挙げるとすれば…青森県を始めとする東北の名物が、よく出てくること」がありますね。

 

主人公のキヨさんは、青森県出身という設定。たまに里帰りしますし、京都でも”故郷の味”を作ることがあります。

「味噌貝焼き」「ひっつみ汁」「イカメンチ」「なべっこ団子」…その他多数。

また、青森には欠かせない「りんご」は勿論、「イギリストースト」等のご当地名物も、劇中に登場します。

本物をご存知の方には、たまらない描写のハズ。

 

----------------------------------

 

舞妓さんちのまかないさん』は、色々な要素を含んだ作品です。

京都の舞妓さんの華やかな姿と、隠れた日常生活の風景。

青森の美味そうな名物・名産品。

そして、キヨさんの作る、何とも暖かい家庭料理の数々。

 

マッタリ・ホッコリしたい時に、『舞妓さんちのまかないさん』はオススメの作品です。

 

 

-----------------(記事了)-----------------

 

 

↓↓書店リンク↓↓

舞妓さんちのまかないさん

 

【Amazon】

【Amazon Kindle】(試し読みアリ)

【Yahoo! ショッピング】 (試し読みアリ)

【PayPayモール】

【楽天市場】

【楽天kobo】(試し読みアリ)

 

【7net ショッピング】(試し読みアリ)

【Amebaマンガ】(試し読みアリ)

【animate ONLINE SHOP】

【au Wowma!】

【Book Live!】(試し読みアリ)

【BOOK☆WALKER】 (試し読みアリ)

【ebook-japan】  (試し読みアリ)

【e-hon】 (試し読みアリ)

 

【Neowing】 

【TSUTAYAオンライン】

【Renta!】(試し読みアリ)

【紀伊國屋書店】

【コミックシーモア】(試し読みアリ)

【総合書店 honto】 (試し読みアリ)

【ひかりTVブック】 (試し読みアリ)

【漫画全巻ドットコム】