makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【マンガの話】作者様が、いらっしゃいました

先日、とあるラブコメ漫画について、記事を書かせて頂きました。

作品のタイトルは、『ヤンキー君と白杖ガール』です。白杖は、「はくじょう」と読みます)

 

tenamaka26.hatenablog.com

 

『ヤンキー君と白杖ガール』は、ラブコメ作品には珍しい「社会派要素」が豊かな作品。

ヒロインは、視覚障害者(弱視)の女子高生という設定。その立場から、社会に対する疑問を投げかける展開が多い。

ホッコリ・ヤキモキするラブコメ要素も満載ですが、考えさせられる話もアリ。読み応えのある作品です。

 

(提供:Neowing)

(著:うおやま KADOKAWA)

 

この作品を紹介する記事を書き、その旨をツイッターで宣伝したところ、意外なアカウントからコメントを頂きました。

そのアカウントは、『ヤンキー君と白杖ガール』の作者である「うおやま」先生のアカウント。

ご本人様から反応を頂き、かなりビックリしました。

 

先生からは、お礼の言葉と、追加情報を頂きました。

どうもありがとうございます。

 

------------------------------------

 

当ブログに掲載した、先日の記事には、

◆『ヤンキー君と白杖ガール』を、視覚障害者の方にも読んで貰える形にすればいいと思う。

◆漫画本編で、「そういうことをやりたい」と書いてあったので、そのうち実現するだろう。

という文言を書きましたが…実は、既に動きがあった様子。

 

 

先生から教えて頂いたのは、「サピエ」というサイト。視覚障害者向けの情報サービスを提供しています。

ここに『ヤンキー君と白杖ガール』の音訳図書に関する情報アリ。1巻は音訳済み。他は鋭意進行中。点字版も製作着手されているとのこと。

 

筆者の情報検索能力は、まだまだですねぇ。

またひとつ、勉強になりました。

www.sapie.or.jp(2019/9/28閲覧)

 

なお、サピエの本格的な利用は、会員登録を前提としています。

データ検索程度であれば、誰でも使用可能ですが、図書データのダウンロード等は会員専用。

会員登録・利用を検討されている方は、申し込む前に、利用規約をよく確認してくださいませ。

(規約掲載ページ:https://www.sapie.or.jp/entry.shtml

 

------------------------------------

 

いや、しかし驚きました。

まさか作者本人さんからメッセージを頂くとは思っていなかったので。

ネットは凄い!…と、改めて実感しました。

 

これが、「ネットの光の部分」なのでしょう。

こっちを伸ばす方向に行けば、足りない部分を埋め合わせたり、新たな視点が得られたり、成長の切っ掛けをゲットしたり等々、良いことだらけのサイバー空間になるのですが…。

実際は、デマや誹謗中傷などの「闇の部分」が多く、なかなか上手にはいきませんね。

 

他人を貶めることより、お互いを高め合う方向で考えた方が、何かとお得なのですが…。

 

------------------------------------

 

また、こういうことも考えました。

「誰も見ていない…と寂しく感じても、きっと誰かが見ているから、無駄では無い。大丈夫だ」

 

筆者は、当ブログの様な執筆活動を行っていますが、記事に対する明確な反応は稀。

コメントを頂く場合もありますが、それほど多くはない。

日によっては、明確な反応どころか「閲覧数そのもの」が激下がりし、ションボリすることも。

 

同じ経験を持つ方は、かなり大勢いらっしゃるのではないでしょうか?

仕事でも、趣味でも同じ。「こんなことしても、誰も気に留めてくれないんだろうな…」と考えたことは?

 

そう考えて、寂しい気持ちになるのは、ままあることです。

しかし、きっと誰かが見てくれます。

今は目に見えなくとも、いつか・何らかの形で、成果が目に見える時が来ます。

その時まで、諦めず続けることが大切。

 

ただ、「漫然と続けているだけ」では、なかなか目に見える結果が出ないのも事実。

時には自分の活動を振り返り、成果を見詰め直すことも必要。

その際、「否定しないこと」がポイントですね。「何を上乗せできるか?」「スキルの幅を広げるには、何にチャレンジすればいいか?」と、前向きに考えた方がいい。

そういった地味な作業を、楽しく・前向きに繰り返すことで、知らぬ間に貯蓄が出来上がっていく。よくある話です。

 

休みながらでも、ゆっくりでもいいので、前向きにいきましょう。

ちょっと苦しいことがあっても、「そういうクエストが配信された」くらいに思って、楽しくいきましょう。

何が楽しいかを決めるのは、自分自身。明らかな犯罪行為や迷惑行為はNGですが、「自分が楽しいと思うもの」は、割と自由に決めてよい。

それが、人生を楽しむコツ。

 

 

------------------(記事了)------------------

 

 

↓↓書店リンク『ヤンキー君と白杖ガール』↓↓

【Amazon】

【Yahoo! ショッピング】

【楽天kobo】

 

【7net ショッピング】

【au Wowma!】

【Book Live!】(試し読みアリ)

【BOOK☆WALKER】(試し読みアリ)

【ebook-japan】  (試し読みアリ)

【e-hon】

【Neowing】

 

【TSUTAYAオンライン】

【Renta!】(試し読みアリ)

【紀伊國屋書店】

【コミックシーモア】(試し読みアリ)

【総合書店 honto】

【ひかりTVブック】

【漫画全巻ドットコム】