makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【平成特撮の話】過去の積み重ねを上手に活かす、そんな作品

当ブログでは、有名特撮作品ウルトラシリーズについて、よく記事を書かせて頂いております。円谷プロさん。勝手ながら、いつもお世話になっております)

 

ウルトラシリーズ」は、「仮面ライダーシリーズ」「スーパー戦隊シリーズ」と並ぶ、日本有数の特撮シリーズ。

初代『ウルトラマン』が放送されたのは、1966年(昭和41年)。それから50年以上経過した現在でも、新シリーズが製作・放送中です。物凄く息の長いシリーズ作品ですね。

 

----------------------------

 

そんなウルトラシリーズ作品群の中から、今回紹介させて頂くのはウルトラマンマックスという作品。

 

(提供:animate ONLINE SHOP)

 

ウルトラマンマックス』は、2005年(平成17年)に放送されたテレビシリーズで、全39話。

基本的に、1話完結形式の構成になっています。

(たまに前・後編があります)

 

 

ウルトラマンマックス』は、「ウルトラマンの原点に戻ろう」とする意図が強烈に伝わってくる作品。

主人公である光の巨人「ウルトラマンマックス」が、人類を攻撃してくる怪獣や異星人と戦う…という、ウルトラシリーズの王道を行くストーリーです。

「分かりやすい」「楽しい」「カッコイイ」という、子どもさんが好みそうな雰囲気が強く、重厚なテーマやメッセージは少なめ。

純粋に”娯楽作品”として楽しめる造りになっています。

 

(提供:ホビーサーチ)

(上画像:ウルトラマンマックス)

 

----------------------------

 

「純粋な娯楽作品」という特徴の他には、「親子で楽しめる作品を目指した」という点が挙げられます。

場合によっては、「祖父母・父母・子ども」の三世代で楽しめるかも。

 

なぜそう言えるのか?

それは「過去作品の使い方が、非常に上手」だからです。

 

ウルトラマンマックス』よりも前に放送されたウルトラシリーズは、数多く存在します。

その作品群に出演した人物や怪獣などを引っ張ってきて、レギュラーやゲストキャラとして配置しているのですが…。

この使い方が上手い。往年のファンなら、ニヤリとしてしまう演出がアチコチに仕掛けられています。

例えば、以下の様な配役が。

 

◆地球防衛組織の長官→黒部進初代ウルトラマンの、ハヤタ隊員役)

◆同組織の科学者→桜井浩子初代ウルトラマンの、フジアキコ隊員役)

◆ゲスト出演の科学者→二瓶正也初代ウルトラマンの、イデ隊員役)

 

この他にも、ウルトラシリーズに関係の深い役者さんが、多数出演されています。

 

同様に、過去シリーズから出演する敵怪獣陣も多数。しかも、有名どころが多い。エレキング」「ゼットン」「バルタン星人」等々、過去シリーズを見たことが無くても・名前は知っている…というキャラが多い。

 

 

更に言えば、主人公・ウルトラマンマックスの設定にも、過去作品ファンを喜ばせる要素が多め。

ウルトラシリーズお決まりの「光線技」は勿論、『ウルトラセブン』で多用された宇宙ブーメラン「アイスラッガー」に似た技を、ウルトラマンマックスも使います。

おじいちゃん・お父さん世代は「懐かしい!」と喜び、お子さんは「カッコイイ!」と喜ぶ。一粒で二度美味しい演出。

 

(提供:ホビーサーチ)

 

----------------------------

 

ウルトラマンマックス』の冒頭を簡単に説明すると、以下の通り。

 

▼時は21世紀。世界各地で自然災害は酷くなる一方であった。その災害の中に、「怪獣による被害」があった。

▼様々な災害への対処を目的として、地球規模の防衛組織が設立。その中で、「怪獣専門部署」として「DASH(ダッシュ)」という実働部隊が組織された。

▼生物が繁栄すると、必ず天敵が出現し、世界のバランスを保とうとする。それが自然の摂理である。つまり、怪獣は「人類の天敵」として出現したのだ。人類は、怪獣と戦わねばならない。

 

▼ある日のこと。日本国内にある火山地帯で、地震災害が頻発。災害ボランティアが現地に入り、被災者を支援していた。

▼そこに、突然「高熱を発する怪獣」が出現。地震の元凶はこいつだったらしい。慌てて逃げ惑う人々。

▼DASHの戦闘機が緊急発進し、怪獣を倒す。これで一件落着。

▼しかし、また別の怪獣が出現。DASHが迎撃するが、今回は怪獣の攻撃を受けて墜落。いくら防衛組織でも、いつも簡単に勝てる訳では無い。

 

▼怪獣の攻撃を受け、怪我して倒れるDASH隊員の前に、一人の災害ボランティアが姿を見せる。

▼彼の名は「トウマ・カイト」。今はボランティア活動をしているが、実は過去にDASHの入隊試験を受け、最終選考まで残った経歴を持つ。その為、DASHが使う武器の操作には、多少の心得があった。

▼怪我した隊員の代わりに、勝手に戦闘機に乗り込んで怪獣を退治しようとするカイト。しかし、やはり入隊試験に落っこちた人間である。本職の隊員が勝てない相手に、カイトが勝てる道理は無かった。

▼「このままでは危ない!」とカイトが思った時、天空から「赤い火の球」の様なものが突如襲来。カイトを助ける。

 

▼その赤い球には意思があるらしい。カイトに話しかけてきた。

「私は、M78星雲から来た、文明の観測員だ。観察しているうちに、君の信念に出会い、それに共感した。もし私を受け入れてくれるなら、怪獣を倒す手助けができる。協力しないか?」

▼その申し出を受け入れるカイト。すると、真っ赤な姿の巨人が出現。後に「ウルトラマンマックス」と名付けられる巨人の戦いは、ここから始まる。

 

----------------------------

 

ウルトラマンマックス』は、ウルトラシリーズの王道的作品。

謎の事件が起き、DASHが調査して背景を暴き、怪獣が現れ、最終的にウルトラマンマックスが退治する…という、「安心して鑑賞できる展開」になっています。

 

他方、過去作品に対するオマージュというかパロディというか、ちょっと変わった話も多いことで有名。

「昔は侵略を考えたけど、長いこと地球で暮らして、いろいろあって…もう侵略を止めたわ」と言ってくるキャラも出演します。

 

そんな面白いエピソードに関しては、他記事で御紹介します。

長くなったので、本日はここまで。

 

------------------(記事了)------------------

 

 

↓↓Shopリンク↓↓

ウルトラマンマックス TV COMPLETE DVD-BOX』

 

【animate ONLINE SHOP】

【au Wowma!】

【e-hon】  

【Neowing】

 

【TSUTAYAオンライン】

【Yahoo! ショッピング】

【紀伊國屋書店】

【総合書店 honto】

 

【タワーレコード】

【ムラウチドットコム】

【楽天】