makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【災害の話】備えはOKですか?

本日は、取り急ぎお知らせをば。

 

台風10号が、接近しています。

各種メディアは勿論、筆者もツイッターで情報拡散はしているつもりですが、当ブログでも同様に注意喚起をしたいと考えます。

 

--------------------------

 

tenki.jp(2019/8/14 20:28)

 

上記記事は、今現在ヒットする記事の中で、最新のものです。

大型・低速・強い勢力の台風10号は、九州と四国の手前あたりに存在。

今後、ゆっくり北上する見込み。

 

予報では、最も雨に警戒しなければならない地域は、四国地方。場所によっては、24時間の降水量が「1000ミリ」を超える見込み。

 

四国に次いで警戒を要するのは、東海と九州。

九州が危険なのは明白ですが、東海は台風の中心から離れた所にあり、「遠いから大丈夫では?」との認識がありそうですね。

しかし、台風から遠い所でも、台風のパワーに引っ張られて、強い勢力の雨雲が流れ込む事があります。油断はできません。

 

www.jma.go.jp(2019/8/14閲覧)

 

--------------------------

 

近年、台風等による大規模災害が予想される場合、交通機関は積極的に「運休」を選択しています。

利益よりも、人命第一。

 

 
www.nikkei.com(2019/8/14)

JR西日本は14日午前、山陽新幹線の新大阪―小倉間の運転を15日に終日見合わせると発表した。同新幹線の計画運休は2018年9月の台風21号、24号に続き3回目。

15日はUターン客などの利用が見込まれていたが、広報担当者は「乗客の安全確保を第一に考えた。事前に運休を知らせることで混乱を防ぎたい」としている。

 

JR東海15日に山陽新幹線東海道新幹線との直通運転を取りやめ、同新幹線の本数を上下線で50本以上減らして運行する

その分、16、17日の朝の時間帯を中心に上りの「のぞみ」を増発して対応する。九州新幹線も15日は始発から本数を減らして運行する。

 

国内の空の便は14日に九州発着を中心に日本航空で約70便、全日空で約40便が欠航した。15日は日航が170便以上、全日空が120便以上の欠航を決めた。

 

西日本高速道路は台風の暴風域に入る見込みの大分道東九州道岡山道などが15日に一部区間で通行止めとなる可能性があるとしている。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48565300U9A810C1EA2000/より。改行・強調等は筆者によるもの)

 

状況は、リアルタイムで更新されています。ネット環境があれば、確認は可能。

情報を流しているページは沢山ありますが、一例として「JR西日本」と「NEXCO西日本」のページを御紹介します。

筆者は関西在住なので、以下のページを参考にしますが、同様のサイトは各地域毎に存在します。「自分の地域の情報は、何処で確認できるのか?」をご存知無い方は、早めに検索しておいた方が無難。

JR西日本列車運行情報

NEXCO 西日本の高速道路・交通情報

 

--------------------------

 

今回に限らず、台風接近時には「洪水に対する警戒」も必要です。

ネットでは、河川情報をリアルタイムで閲覧可能です。一例として、大阪の河川情報ページを御紹介。

 

www.osaka-kasen-portal.net(2019/8/14閲覧)

 

ハザードマップの確認や、河川を監視するカメラの映像にもアクセスできます。

「ちょっと川の様子を見てくる」として、ズブ濡れになりながら外出しなくても、家の中にいながら情報を取得できます。(そもそも、大雨の時は河川に近づくのは危険。止めましょう)

 

f:id:tenamaka26:20190814225549p:plain

(イメージ画像 https://illustrain.com/?p=16315

 

 

他にも、台風到達前にやっておきたい対策は多数。

「風で飛びそうな物を片付ける」

「雨戸を閉めておく」

「非常用持出袋を枕元に置いておく」

「避難場所の位置を再確認」

「外出しなければならない用事(買物等)を、可能な限り済ませておく」

ちょっと挙げただけでも、これくらいはあります。早めに動く事が重要。

 

備えあれば、憂い無し。

「ちょっとオーバーかな?」くらいの、用心し過ぎるレベルでもOKです。

早めに準備し、自分や家族の身を守りましょう。

 

 

------------(記事了)------------

 

 

↓↓↓【過去に執筆した関連記事】↓↓↓

 

tenamaka26.hatenablog.com

 

tenamaka26.hatenablog.com