makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【ホラーコメディの話】ゾンビ vs シルバー世代

先日、ホラー映画28日後...について、記事を書かせて頂きました。

この作品は、「ノロノロ動くゾンビ」ではなく、「陸上選手並みに突進してくるゾンビ」を描いた異色作。

その試みがヒットし、「ゾンビものに新しい風を入れた」として、高い評価を受けました。未だに有名で、面白さは健在。

tenamaka26.hatenablog.com

 

そこから派生して、28日後...』と全く無関係だが・間違えて鑑賞してくれないだろうか?…といった思惑が見え隠れする作品についても、記事を書かせて頂きました。

いわゆるB級映画の話です。

tenamaka26.hatenablog.com

 

この記事を読んで頂いた読者様から、ロンドンゾンビ紀行という、別のB級映画に関する話を頂戴しました。

 

筆者は、その映画を見た事がありません。興味が湧いたので、調べてみると…

B級映画のド真ん中を貫く、「The・B級映画」と言うべき作品でした。

他方、ゾンビ映画に新要素を入れようと頑張った」という雰囲気もあります。

 

ある意味で衝撃的。その勢いで、今回の紹介記事を書く事にしました。

(なお、当記事にはホラー要素が少々含まれます。苦手な方は注意して下さい)

 

--------------------------------

 

ロンドンゾンビ紀行』は、2012年のイギリス映画。

題名から「イギリスの首都・ロンドンで、ゾンビが暴れる話でしょ」と思われるでしょうが…その通りです。分かりやすい題名。

 

(提供:タワーレコード)

 

事の始まりは、

▼ロンドンで建設工事をやっていると、偶然に古代遺跡が発見される。

▼事情をよく知らない建設作業員が、遺跡の中を調べる。

▼と、そこに眠っていたゾンビが甦り、作業員を襲う。襲われた者もゾンビとなって、どんどん増殖。

…という、「ゾンビあるある」そのまんま。特に珍しい展開ではありません。

 

--------------------------------

 

ロンドンゾンビ紀行』の特徴は、「ゾンビと戦う主人公達」にあります。

 

ゾンビと戦う人々は、主に「銀行強盗を考える様な、ロクデナシ集団」「老人ホームの住人」です。

その為、老人が画面に出てくる事も多く、「逃げる老人と、追いかけるゾンビ」といった場面がチラホラ存在しますが…。

 

御老体の中には足腰が弱っている方もいて、”高齢者用の歩行補助器具”や”車椅子”を使って逃げます。

一方、追いかけるゾンビの動きは、ゾンビのお約束「めちゃくちゃ緩慢でノロノロ」というものなので…

両者が、丁度いい具合の追跡劇を繰り広げます。

一風変わったハラハラ感が満載。

 

また、足腰のしっかりした元気な御老体もいて、「若いモンに負けるか!」と活躍する場面もアリ。

武器を持ってゾンビを薙ぎ倒す姿は、なかなかに頼もしい。

 

--------------------------------

 

…とまあ、『ロンドンゾンビ紀行』は、ホラーよりもコメディに分類されそうな作風ですが、イギリス作品にはこの手のモノがチラホラ。

最も有名なものは、ショーン・オブ・ザ・デッドという作品ですね。2004年のイギリス映画です。

(提供:タワーレコード)

この『ショーン・オブ・ザ・デッド』は、超有名ゾンビ映画ドーン・オブ・ザ・デッド』のパロディ。

本家では絶対やらないであろう描写を、タップリ盛り込んだ作品です。

 

どうもイギリスでは、こういうパロディ製作が好まれる模様。

有名コメディ集団「モンティ・パイソン」に代表される様な、皮肉タップリのお笑いが好まれる国。その土地柄が、パロディ製作を後押しするのでしょう。

 

--------------------------------

 

ロンドンゾンビ紀行』も、『ショーン・オブ・ザ・デッド』と同じ匂いがします。

加えて、そこはかとなく漂うB級感がタップリ。

 

何せ、邦題に「紀行」という言葉が入っています。

紀行とは、「旅行記」とか「道中記」とかいう意味。つまり「観光」の意味合いが強い言葉です。

その名の通り、ロンドン名物が脱出の有効的手段になったりします。本格的ゾンビ映画では、あまり重要視されない展開です。

斬新と言えば、斬新。

 

興味を持たれた方は、この機会に鑑賞されてはいかが?

 

ただ、『ロンドンゾンビ紀行』は、あくまでB級映画に分類されるもの。

鑑賞後に「やっぱりB級だった…」と言う所までが、お約束です。

 

 

------------------(記事了)------------------

 

 

↓↓Shopリンク↓↓

ロンドンゾンビ紀行Blu-ray

 

 【au Wowma!】

 【e-hon】

 【Neowing】

【TSUTAYAオンライン】

 

【YAMADAモール】

【タワーレコード】 

【ムラウチドットコム】

【楽天】