makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

「元気のサプリ」は、投与のタイミングに気を遣う

2019年6月18日の午後10時22分頃。

山形県沖を震源とする、マグニチュード6.8の地震が発生。新潟県で、最大震度6強を観測。

山形県新潟県・石川県に津波注意報が出て、テレビの生中継では「つなみ!にげて!」とのテロップが入る場面も。

 

あれから一夜明け、被害の状況がハッキリしてきました。

www.jiji.com(2019/6/19)

新潟県村上市震度6強の揺れを観測した地震は19日、山形、新潟両県で延べ9232戸に上った停電が全戸で復旧した。

総務省消防庁によると、けが人は山形、新潟、宮城、石川各県で計26人に上り、800人以上が避難。発令されていた避難指示は全て解除された。

 (https://www.jiji.com/jc/article?k=2019061900335&g=soc

 

今の所、大きな土砂崩れや津波被害は報告されず。停止していた公共交通機関も次々に復旧。重傷者はいるものの、死者は出ていない模様。

ただ、揺れが激しかった為、建物の損傷・液状化現象・落下物による被害等が多数報告されています。

現地では、大雨警報が出た地域もあるとの事。余震も続いており、まだ油断できません。

 

-----------------------

 

筆者は、関西人です。

この地震情報を聞いて、ちょうど1年前に発生した「大阪府北部地震」の事を思い出しました。

 

www.mbs.jp(2019/6/17)

 

未だに、困っている人もいる。1年前だからといって、終わった話ではありません。

時間の経過によって復興の度合いは違えど、東日本・鳥取・熊本…その他「大きな災害に遭った地域」の全てに言える事です。今回の新潟・山形の地震でも、同じ事を考えます。

ニュースが流れるのは数日の事だとしても、被害の回復には長い時間がかかります。

 

f:id:tenamaka26:20190619131806j:plain

(イメージ画像 http://www.ashinari.com/2009/11/24-030720.php

 

-----------------------

 

こういう災害が発生した時に、常に悩ましいのは「エンタメ世界の住人」です。

リアルに死の危険が迫っている時に、「恋愛ドラマ」や「お笑い番組」を見ている余裕はありません。

しかし、流す方は”商売上の理由”で流しています。出来れば、止めずに流したい。ただ、もし通常通り流せば、後で「緊急時に、何を考えてるんだ!」と苦情が来て、炎上する可能性は高い。

そんな事情があるエンタメ業界。コレといった正解の無い、難しい問題ですね。

 

その「難しい問題」に、ひとつの好例を示す方がいました。その方の名は、女優の吉高由里子さんです。
www.sanspo.com(2019/6/19)

女優、吉高由里子(30)が19日、ツイッターを更新。新潟県で最大震度6強を観測した地震の影響で、TBS系主演ドラマ「わたし、定時で帰ります。」(火曜後10・0)の最終回放送が延期となったことに「娯楽は命あってのお話です」と心境をつづった。

 

地震発生直後は、身の安全が第一。

地震から暫くの間は、生活の再建が大事。エンタメは二の次。

しかし、いつまでも落ち込んではいられない。元気になるには、エンタメ要素が必要。笑う・楽しむ・感動する…という元気の素・心のサプリメントが無いと、殺伐とした生活が続きます。

そういうションボリした状況は、何とか避けたいものです。

 

吉高さんのコメントは、そういった「復興のテンプレ」を象徴するものだと考えます。

 

-----------------------

 

日本は、災害大国。

地震の発生回数や規模は、世界トップクラス。

加えて、近年では異常気象が頻発。とんでもない暑さや、信じられないレベルの豪雨は珍しいものでは無くなりました。悲しい事に。

 

災害が多ければ、復興に取り組む回数も多くなります。

復興の終着点は、「心からの笑顔」でしょう。

笑顔を引き出す為には、エンタメ要素は重要です。「不謹慎」の一言で片付けてばかりでは、被災地の元気が復活しません。

 

先ずは、美味しい食事・清潔な衣服・柔らかい寝床が必要です。

その後に、エンタメ要素。

被災から時を経ないうちは、楽しめないかも知れません。しかし、時を経て、楽しめる状態になったならば、心の底から楽しんで下さい。

 

微力ではありますが、本ブログも、その一助になれば…と思います。