makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

裏バイトの末路

連日、「特殊詐欺」の話がニュースに出ています。

いわゆる「オレオレ詐欺」の類です。(そういえば、「母さん助けて詐欺」って、誰も使ってませんね…)

 

この特殊詐欺。

様々な名簿を片手に、やたらめったら電話をかけまくり、騙されそうな人を探す…というアナログ手法が主流です。基本は人力。その為、求人を出す必要があります。

しかし、仕事内容は犯罪行為。有名求人誌で、堂々と募集するワケにはいきません。

 

そこで活用されるのは、ツイッター等のSNSです。

詐欺の首謀者は、SNS経由で「犯罪の片棒を担ぐ人」を探し、詐欺をやらせるのです。

これが、俗に言う「裏バイト」

 

筆者が、ソレっぽいワードで、ツイッター検索してみました。

すると…怪しいアカウントが、次々にヒットします。オブラートに包んだ表現のものから、「ヤバい仕事だから、覚悟のある人だけ受け付ける」という、何とも分かりやすいものまで様々。

中には、「雇う側(詐欺の首謀者)からではなく、雇われる側(末端希望者)からのアプローチ」もあります。驚きです。

 

------------------------

 

しかし、下記のニュースを読めば「詐欺の片棒を担ぐ事は、馬鹿な事だ」と、骨身に染みて理解できます。

 

www.news24.jp(2019/6/3)

SNS上で“海外での高額バイト募集”とうたうメッセージ。このバイトの正体を探りました。

 

記者「(裏バイトで)逮捕される可能性は?」

闇バイトを紹介する男「全然ある。裏バイトって全部犯罪なんです。海外テレアポも特殊詐欺なんで」

 

「高額バイト」「海外案件」などのキーワードを用いて、非合法な仕事のリクルートをしているとみられるツイッターアカウントに接触。闇バイトの正体を探るため、無料通信アプリでやり取りを開始しました。

http://www.news24.jp/articles/2019/06/03/07445303.htmlより。朱入れ等は筆者によるもの)

 

上記記事のポイントをまとめると、以下の様なものになります。

 

■テレビ局の記者が、「ツイッター上で、詐欺の求人を出していると思しきアカウント」に問い合わせた。すると、向こうは無料通信アプリで応答してきた。

■詐欺サイドによれば、「海外から日本に電話をかけ、相手を騙して金をまきあげる仕事」「滞在費等も含め、1日当たり約10万円の稼ぎになるだろう」とのこと。

■記者が更に突っ込んだ話を求めたところ、「裏には暴力団がいる」「海外に出たが最後、戻って来れないだろう」「逮捕は、普通にある」「儲かるなんて嘘。ずっと電話をかけさせられ、報酬は出ない」等の返答が。

■記者が「この情報を放送すると、人が来なくなるのでは?」と尋ねたら、相手はこう返答した。「正常な判断が出来ない連中が来るから、情報を流しても平気。応募者は絶えないだろう」

 

…何とも怖い話です。

上記内容が全て本当だとすれば、応募したが最後「給料ゼロの奴隷労働で、仕事内容は犯罪」という最悪の状態にハメ込まれる事に。

 

f:id:tenamaka26:20190604192305j:plain

 

ただ、冷静になると…。

「儲かるハズが、奴隷になった」という話は、あり得るものだと考えます。

その理由は、以下のひとことで表現できます。

「見ず知らずの人を騙して金を奪う様な連中が、なぜバイトとの約束を守るのだ?」

 

詐欺の首謀者は、人を騙しても平気な人達。そこにきて、「末端の自分が、使い捨てにはならない」と言い切れる理由は何ですか?

そんなもの、ありはしません。詐欺首謀者は「何がカネになるか」のみを考え、犯罪行為をも厭わない人達。そんな連中が、雇用契約労働基準法を守るわけがないのです。

 

更に言えば、特殊詐欺は組織構造がシッカリしており、「末端は、誰が真のボスか知らない」「末端から首謀者に対して、直接的な繋がりは無い」「末端が捕まっても、切り捨てられるだけ。首謀者は逃げる」という特徴があります。

そんな所に飛び込むのは、無謀です。

 

「大金を掴むはずが、収益ゼロに加え、罪を全部背負わされた」という状況になるのは目に見えています。損害賠償の請求が来る事もあります。

犯罪で生じた賠償は、破産しても消えない事が多い。ヘタをすれば、生涯をかけて払うハメになるかも知れません。

破産法

 

第二百五十三条 免責許可の決定が確定したときは、破産者は、破産手続による配当を除き、破産債権について、その責任を免れる。ただし、次に掲げる請求権については、この限りでない。

一 租税等の請求権(共助対象外国租税の請求権を除く。)

二 破産者が悪意で加えた不法行為に基づく損害賠償請求権

三 破産者が故意又は重大な過失により加えた人の生命又は身体を害する不法行為に基づく損害賠償請求権

http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=416AC0000000075#1542より。朱入れ等は筆者によるもの)

 

馬鹿な事は止めましょう。普通に働くのが一番。