makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

セガとマサルさん

本日・6月3日は、ゲーム製作事業等で御馴染みセガSEGA)」の誕生日です。

 

www.famitsu.com(2019/6/3)

 

セガといえば、かつて「メガドライブ」「ドリームキャスト」等のゲームハードを出していた事もある企業。任天堂ソニーと、熾烈な戦いを繰り広げた会社としても知られています。

 

セガのゲームには、独特の世界観をもつ作品が多く、今もなお熱狂的ファンが存在します。

そんなセガファンの一人に、花中島マサルという男性がいます。

 

この名前を聞いて、気付かれた方もいらっしゃるでしょう。この男、セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさんの主人公です。

 

(提供:honto)

 (著:うすた京介 集英社)

 

というわけで、本記事は『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん(以下、マサルさんと表記)』の紹介記事となります。

ガチのセガファンの方には物足りないかも知れませんが、最後までお付き合い頂けるとありがたい。ヨロシクお願いします。

 

----------------------------

 

マサルさん』は、鬼才「うすた京介」氏の初期連載作品。1990年代後期に、「週刊少年ジャンプ」誌上にて連載されていました。コミックスは、通常版で全7巻。その勢いを維持したまま、アニメにもなりました。

 

主な内容は、「シュールギャグを中心とした、格闘漫画」といったところ。

物語冒頭を、少しだけ説明すると…

 

 

▼ここは「県立わかめ高校」。この学校に、男子の転校生がやって来た。彼の名は「藤山起目粒(ふじやま おこめつぶ)」。高校2年生。

▼藤山くんは、転校ばかりの学生生活を送っており、友達がなかなかできなかった。彼は、「わかめ高校では、友達100人作るぞ!」と奮起して入学する。

編入されたクラスにて、自己紹介をする藤山くん。クラスメイトは、気さくで良い人ばかりに見えた。

ただ1名を除いては。

▼その「ただ1名」の生徒は、名を花中島マサルという。格闘技の天才であり、空手・柔道・ボクシング等々、種目を問わず・数々の大会で優勝を決めた男。

▼その恵まれた才能の反面、普段の行動や格好が奇妙。その奇妙さが周囲にも波及し、マサルと関わった人間は、皆が変態扱いされるという状況。

マサルは、ここ3ヶ月ほど学校を休んでおり、どこにいるか不明だった。が、藤山くんの転校初日に、マサルも復学。

マサルは、藤山くんに(一方的な)好意を持ち、「フーミン」というあだ名をつけ、頼んでもいないのに「ここ3ヶ月間、どこで何をしていたのか」を語り出す。

マサルが学校に来なかったのは、幻の格闘技セクシーコマンドーの書籍を手に入れ、修行していたから…だという。「セクシーコマンドー」は、マサルが習得した格闘技の中でも異色の存在であり、同時に「これをやる為に、自分は生まれてきたのだ」と確信させるものだった。

▼フーミンの目の前でセクシーコマンドーを駆使し、相手を次々に倒していくマサル。その姿を見て「すごい」と思うフーミン。同時に「言動が奇妙過ぎて、何言ってんだか分からん」という違和感を持つフーミン。

▼そんなマサルと行動を共にするうちに、「自分もマサルと同様、変態扱いされる」という未来が待っているのだが…。その事に、この時のフーミンが気づく由も無かった。

 

 

…こんな感じです。

格闘漫画なのですが、「世界を救う」とか「強敵を倒す」とか、そういうの全くナシ。

後に「セクシーコマンドー全国大会」が開催されたりもするのですが、その結末も予測の遥か斜め上を行くもの。

そもそも、題名に「外伝」とありますが、元ネタがありません。なぜか外伝が先に出る…という状況に。

他にも、ひたすら意味不明でシュールなネタが多数描かれます。が、「理由はよく分からないけれど、病みつきになる」という読者が続出。

まだ読んでいない方には、是非とも読んで頂きたい作品です。

 

----------------------------

 

ところで…。

マサルさん』には、随所にパロディが描かれています。

 同じジャンプ作品である『キン肉マン』を始め、『ドラえもん』等の他誌作品や、ハリウッド映画を元ネタにしたものが満載。

その元ネタの中に、セガ発祥の品が出てきます。

商品名は「ロボピッチャ」セガは、ゲーム以外の商品も出していたのですね。

 

 

筆者は、実物を所有した事も、使った事もありません。資料を読むに、「室内用ピッチングマシン」との事。ここでいう「室内」とは、普通の家庭の事ですね。ピンポン玉の様な軽いものを投げ、プラスチックのバットで打っていた様子です。

 

この「ロボピッチャ」が、『マサルさん』の中でよく出てきます。ピッチングマシンとしても、それ以外のマシンとしても。

どんな役柄で登場するのか?…については、ネタバレになるので述べません。どうぞ本編をご覧になってくださいませ。

後のうすた京介作品『ピューと吹く!ジャガー』や『フードファイタータベル』の原点が、『マサルさん』の中に垣間見えます。病みつき注意。

 

 

↓↓↓『マサルさん』書店リンク↓↓↓

 【animate ONLINE SHOP】

【BOOK☆WALKER】(試し読みアリ)

【e-hon】

【ebook-japan】(試し読みアリ)

 

【NTTぷらら/光テレビブック】(試し読みアリ)

【Renta!】(無料サンプル・試し読みアリ)

【TSUTAYAオンライン】

【Wowma!】 

 

【総合書店 honto】(試し読みアリ)

【漫画全巻ドットコム】(試し読みアリ)(全巻セット)

【楽天kobo】(試し読みアリ)

 

 

↓↓『マサルさん』アニメDVD Shopリンク↓↓

 【animate ONLINE SHOP】(DVD)

 【TSUTAYAオンライン】(DVD)

【タワーレコード】(DVD)