makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

振り返ればネタがある

この記事を書いているのは、2019年4月30日の夜8時ごろです。

あと少しで、平成時代から令和時代に変わります。

 

f:id:tenamaka26:20190430205205j:plain

(https://www.pakutaso.com/20190436091post-20200.html)

 

元号というものは、何かしらの区切りをつけるキッカケとして、とても良いものです。

仕事・趣味・習慣…等々。日々の生活を見直し、素晴しいものは持ち続け、そうでないものは止める。なかなか出来ない事ですが、「元号の変化が、気分の変わり目」となれば、効果は抜群。どう考え、どう活かすかは、我々次第。

 

-----------------------------------

 

そんな折、面白いCMを見つけました。飲料メーカー「サントリー」のCMです。

thetv.jp(2019/4/29)

 

このCM。上記リンク先によれば、「本日・4月30日だけの限定放送」となっていますが…。実は、YouTubeでも配信されています。

 

 

この「宇宙人ジョーンズ」のCMシリーズは、10年以上前から放映されている長寿CMです。

有名な俳優である「トミー・リー・ジョーンズ」氏が、地球を調査しにきた宇宙人として出演。「日本人では無い者の目から見た、日本」を描いたCMとして、結構有名。

CMのネタに、その時代の世相や事件を反映させる事も多く、ちょっとした資料にもなります。

 

今回は、過去のシリーズを再編集し、BGMには有名歌手「中島みゆき」氏の曲を使用。

ドキュメント番組『プロジェクトX』の雰囲気がある仕上がりになってますね。

 

-----------------------------------

 

このCMに限らず、本日は「平成を振り返る」という内容の報道特番が多い。

そういった番組を見て、「ああ、あんな事もあったね」と思い出す方もいらっしゃるでしょう。

「あの事件は驚いた」「この商品には世話になった」等々、思い入れのある話が沢山あろうかと思います。

 

その中で、筆者が思う「平成時代における、最大の変化」は、ネットの普及です。

ネットの出現と普及により、世の中のありとあらゆるモノが様変わりしました。今や、「ネットを一度も使った事の無い人」を探す方が難しい。そんな世の中。

 

ネットの隆盛で、新たに栄えた分野・業種は数多くあります。その逆もまた然り。この勢いは、今後も強くなると思われます。

特に次世代の通信規格「5G」が本格稼動し、そこにAI(人工知能)が加われば…。「映画やアニメで描かれる、SFの世界」が、本当に実現するかも。

あらゆる車両の完全自動運転、医療機器や工業機械の遠隔操作、災害情報の高速広報、ドローンによる飛行宅配…他多数。

可能性は無限。

 

-----------------------------------

 

上記に挙げた新技術候補を見て、「いやいや、さすがにそこまでは無いでしょ」と思われる方、多分いらっしゃると思います。

確かに、「絶対実現する」とは断言できませんね。何が壁になるか分かりません。実現の可能性が高いというだけ。

 

しかし、過去を振りかえってみれば、いかがでしょうか。

平成31年(2019年)に生きる人が、平成元年(1989年)にタイムスリップできたとして、当時の人に「これからはネットが発達して、こういう世の中になります」と言っても…多分信じて貰えないでしょう。

 

スマホひとつを見てもそうです。

手のひらサイズの小さな機械に、電話・テレビ・音楽プレイヤー・ゲーム・データ閲覧…等々の機能が入り、誰でもお手軽に使えます。その機能を、無限に近い状態(記憶容量の許容範囲内)で増やす事もできますね。新しいアプリを入れれば済む話ですから。こういった事は、もう当然の話。

この「平成31年では当然の話」を、31年前の世界で言っても、殆どの方は想像できないでしょうね。鼻で笑われて終わり。

 

同じ様な状況は、次の時代である令和にも起こる。その可能性は極めて高いでしょう。

遠い未来の人々が、「令和元年の人に、今の状況を説明しても、信じて貰えないだろうな」と思う姿が、目に浮かびます。

歴史は繰り返す。

 

-----------------------------------

 

ただ、そういう発展をしていくからこそ、忘れてはならない基本があります。

それは「自分の頭で考える事」です。

 

大量の情報が、超高速で拡散される時代。しかし「情報の質」に関しては、重要視されていない感があります。

デマや嘘が氾濫し、それにより選挙の結果すら変わる時代。それが平成31年

決して好ましい状況ではありません。

 

変な情報に惑わされない為には、「自分の頭で考える事」が必要です。

これは「情報の真贋を見破る」という高レベルの話ではありません。「ネットではこう言ってるけど、本当にそうか?」と、立ち止まって考えてみる事を指します。

 

-----------------------------------

 

元号が令和に変わる。良い事だ」という雰囲気が溢れる今夜。

本当にそうでしょうか?

 

良いか悪いかが決まるのは、これから。元号の表記が変われば良くなる!…というものではありません。

今言えるのは、「良い時代にする為に、仕切り直すキッカケとしての元号変更」という所まで。

全ては、これからの活動にかかってきます。

新たな元号の世界を生きる、その準備は出来ていますか?