makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

追悼の形は、人それぞれ

先日、有名漫画家「モンキー・パンチ」氏が、死去されました。享年81歳。

 

氏といえば、やはり『ルパン三世』シリーズですね。

原作漫画は勿論、アニメ・実写映画・ゲーム…等々、幅広いメディアミックス展開でも有名。

ルパン三世を、1度も見た事が無い」という人を探す方が難しい。そんなレベルです。

 

ルパン三世』シリーズは、とても広範囲に展開した作品です。その為、ルパンシリーズ製作に関わった人々も多く、あちこちから「モンキー・パンチ氏を惜しむ声」が発せられました。

f:id:tenamaka26:20190429223942j:plain

(イメージ画像)

 

特に「日本テレビ系列」では、長年に渡ってルパンのアニメシリーズを放送してきた…という、強い繋がりがあります。

その為なのか、氏の死去が報じられると、急遽予定変更。追悼の意を込め、「金曜ロードショー」で、ルパン三世の劇場版アニメ『ルパンvs複製人間(クローン)』が放送されました。

 

www.youtube.com(TMS Entertainment公式 2017/7/26公開)

 

この『ルパンvs複製人間』は、あの『カリオストロの城』より前に製作・上映された作品。今から40年ほど昔の作品です。が、今でも楽しく鑑賞できるクオリティ。

さすがルパンシリーズですね。

 

-----------------------

 

日本テレビに限らず、モンキー・パンチ氏やルパンに関わった方は多数。

様々な方が、モンキーパンチ氏を惜しむ声明を出されています。

漫画に関わった方、アニメ製作に関わった方、役を演じた声優さんや俳優さん、テーマ曲を歌った歌手の方…。

 

本当に色々な方がコメントを出されていました。その中でも、ちょっと変わっていたのが、このお二人。

 

www.daily.co.jp(2019/4/17)

モンキー・パンチ氏の訃報が発表された17日、叶姉妹はブログで「長年にわたって私達をワクワクする世界観を魅せてくださり本当にありがとうございました。謹んで哀悼の意を表すとともに、心より感謝を申し上げます。合掌」と追悼し、2人の峰不二子コスプレ写真をアップした。

 (https://www.daily.co.jp/gossip/2019/04/17/0012249675.shtml

 

叶姉妹のお二人は、アニメに造詣が深い様子。アニメキャラのコスプレ姿で登場する事が多々あります。

今回は、『ルパン三世』に欠かせないキャラである「峰不二子」のコスプレ姿で登場。

しかも、かなり完成度が高い。

 

-----------------------

 

この投稿は、亡くなった方への追悼の意味で、世に出たものです。これに対し、賞賛の声はあっても、炎上したという話は聞いていません。

見る人が見れば、「不謹慎な!」と怒りの声が出るかも知れませんが…。少なくとも筆者は「怒りの声」が出たという話を聞いていません。

 

それは何故か?

 

恐らくは、感謝の意を表し、氏の作品を愛するが故の行為だったからでしょう。

「ふざけてコメント出した」という感じは皆無。ちゃんとした追悼のコメントを添えていらっしゃいますし、コスプレ姿も「リアル不二子ちゃん?」との評判が出る凄さ。

 

モンキーパンチ氏は、人々を楽しませる為に、作品を描き続けた人。

ならば、楽しそうな姿で見送るのが一番なのか…と。

そういう考えが伝わってきますね。だから賞賛されたのでしょう。

 

-----------------------

 

大事なのは、相手に対する思いやり。

伝統的な手続きや儀式も大切ですが、そればかりでも窮屈です。

 

亡くなった方が、生前大切にされた考えを土台にして、形式にこだわらない見送りを行う。そういう方法も、味があって良い。

笑いを大切にされている方であったなら、笑って見送るのもよし。

「仰々しい儀式は苦手」と言う方であったなら、簡素にするのもよし。

全ては、故人の考えを最優先に。面と向かって苦情を言われない範囲であれば、少々個性的であってもいいじゃないですか。