makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

YouTube談義~滅んでいい字幕動画・残って欲しい字幕動画

YouTube(ユーチューブ)。

ネットを使う方で、見た経験の無い方は…恐らくいないでしょう。

世界的に有名な動画サイトです。

本ブログでも、「公式チャンネル」から動画を拝借(埋め込み)させて頂く事があります。こんな感じで。↓

www.youtube.comANNnewsCH公式 2019/4/25閲覧)

 

YouTubeは世界有数の人気サイトですが、お騒がせ動画や著作権無視動画など、問題を多く孕むサイトでもあります。

 

なぜ、そんな問題動画が湧くのか?

それは、YouTubeに投稿した動画が再生されると、投稿主に広告料が入る仕組みになっているからです。この収入だけで生活している人もいます。

再生数を上げる為に、違法だろうと何だろうとお構いなし…という考えが諸悪の根源。

 

YouTube運営側も、そのことは承知しています。問題の内容に応じて、出来るだけ早く対応している模様。

まだまだ十分とは言い難いので、もっと頑張って欲しいところではありますが。

 

-------------------------

 

そんなYouTubeを取り巻く話で、また新たなものが追加されました。今回の話は「字幕のみ動画」「文字だけの動画」についてのもの。

字幕動画に関しては、広告料を支払わない方向に切り替わった…とのこと。

 

abematimes.com(2019/4/23)

 

ここでいう「字幕のみ動画」は、文字通り「字幕がメインで、それ以外の要素が少ない動画」のことです。

 

普通、動画といえば「様々な動きのある場面を撮影し、音声を入れたもの」を指します。本記事冒頭で埋め込んだニュースは、その典型。CGアニメ等も同様です。

ところが、そういう「動きのある場面」を一切撮影せず、動きのあるCGアニメも入れず、「スライドショーの様に、テキストだけが表示される動画」「静止画背景の上を、字幕だけがスクロールしていく動画」が数多く存在します。

それを「字幕のみ動画」「字幕動画」「文字だけ動画」「テキスト動画」「スクロール動画」等と呼称しています。

(本記事では、「字幕のみ動画」の表現に統一します)

 

「字幕のみ動画」の例となる動画を埋め込みたいのですが、どれが公式チャンネルか不明です。

公式以外の動画(いわゆる違法パクリ動画)を埋め込むと、犯罪者の閲覧数を増やす事になってしまいます。その為、埋め込みは致しません。

代わりに、典型的な「字幕のみ動画」の検索結果を貼り付けておきます。

www.youtube.com(2019/4/25検索)

上記リンク先の動画群を見て頂ければ分かる通り、本当に文字だけの動画ばかり。静止画背景とBGMが申し訳程度にありますが、ただそれだけ。

「動画」と呼ぶには、ちょっと抵抗があります。

 

-------------------------

 

そもそも、YouTubeで「字幕のみ動画」が存在する理由は、何なのでしょうか?

 

思うに、その理由は3つあります。

(理由1)実写やCGアニメ等と違い、動きが少ない。その為、編集作業が楽。

(理由2)顔出しをしなくて済むので、個人情報漏れの危険性が低い。

(理由3)字幕の内容を、他サイトから盗んでもバレにくい。

1と2は良いとして、問題は3です。他のサイトの内容を丸パクリして、出典を記載しない字幕動画が非常に多い。明らかに著作権法違反です。立派な犯罪行為。

 

テキストの内容を、イチから考えるのは面倒。だから丸パクリする。パクったかどうかは、動画を見ないと分からないので、検索エンジンでは探しにくい。その為、パクリが見つかって動画削除…とはなりにくい。

こういう事情で、字幕のみ動画を作成する連中が多いのでしょう。目的は、広告料収入のみ。楽して金儲けがしたいのです。

 

犯罪者は滅びて当然。広告料が払われないのも当然。そういう意味であれば、YouTube運営の方針転換は、支持できるものです。

f:id:tenamaka26:20190425221058j:plain

(イメージ画像 http://www.ashinari.com/2009/01/09-012597.php

 

-------------------------

 

しかし、「字幕のみ動画」が、全て悪いとは思えません。

中には、オリジナリティの溢れる、良質な動画を作る方もいます。

 

登録者2万人のYouTuber「コタツ研究所」。科学について、合成音声とテキストで解説するコンテンツが人気だ。背景が同じパターンが複数、イラストなどはオリジナルやフリーのものが使われているが、これも収益化停止の対象となった。

https://abematimes.com/posts/7000720 2019/4/23)

 

独自の視点で、分かりやすい解説を述べる字幕動画も、今回の規制対象になったとのこと。これはさすがに行き過ぎの感があります。

「文字を読む」という行為だけでは伝わりにくいものを、スライドショーの要領で説明する…という動画は、独自の価値があると言えるでしょう。

パクリではなく、手抜きであるとも言い難い。例えてみれば「パワーポイントでプレゼン資料を作っている」みたいなものです。価値の低い動画ではない。

 

逆に、「実写で動きのある動画」でも、中身スッカラカンの動画は多い。場合によっては、犯罪の様子を映した動画もある。先に排除すべきは、そういう動画からでしょう。

 

-------------------------

 

(結論)

・「字幕メインで動きが少ないから」という理由だけで、字幕動画を全て締め出すのはおかしい。

・締め出すかどうかの判断基準は、中身の良し悪しにすべき。丸パクリの字幕動画を排除するだけで、かなりの数が削減できるはず。

・動きのある動画でも、中身が無いものや、犯罪の証拠になる不適切動画も多い。先ずはそちらの排除から始める方が、YouTubeの価値は上がる。