makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

ハンター議員vs愛護団体

先日、ある地方議員さんについての話で、ネットが沸きました。

その方とは、福井県高浜町議会の「児玉千明」議員です。

福井県高浜町は、日本海と山に囲まれた地域。2019年2月末時点での人口は、約1万人。

高浜原子力発電所がある事で知られた町です。

 

abematimes.com2017.05.10 AbemaTimes

 

児玉議員は、狩猟免許をお持ちの方。

福井県高浜町は、自然が豊か。都会に比べれば野生生物が多い所です。議員活動とは別に、ハンターとして活躍できる場面がある地域。

鹿や熊などをハントし、解体・精肉までをこなす方。いわゆる「ジビエ」に関わる方ですね。

 

------------------------------

 

この児玉議員。冒頭で「ネットで話題になった方」と書きましたが、正確に言えば「ネットで炎上した」という人。

その理由は、彼女のスキルである「狩猟」にあります。

 

児玉議員は、獲物と一緒に記念撮影したり、解体の様子などを撮影してネットにアップしていたのですが、その画像を見たユーザーから抗議が来たとの事。

話題の画像群を見ましたが、恐らく「皮を剥いだ獲物の横に、変顔した児玉議員が写った画像」が、ユーザーの気に触れたのでしょう。

 

www.fukuishimbun.co.jp(2019年3月14日)

 

そのユーザーの中に、とある団体の関係者がいた様子。

問題の投稿を見た公益財団法人から、高浜町議会事務局に対し、「児玉議員の辞職を求める要望書」が提出されました。

要望書を送付したのは、女優の杉本彩さんが代表理事を務める公益財団法人、「動物環境・福祉協会Eva」。

 

www.tokyo-sports.co.jp(2019年3月14日)

女優・杉本彩(50)が代表理事を務める公益財団法人「動物環境・福祉協会Eva」は14日、フェイスブックで、福井・高浜町議会の児玉千明議員(30)に議員辞職を求める要望書を送付したことを発表した。

 

狩猟免許を持つ児玉議員は息絶えた獲物の前でふざけたポーズで写真を撮ったり、動物の命を冒とくするようなコメントをSNSに掲載した。

 

この「動物環境・福祉協会Eva」は、いわゆる動物愛護団体

ハンティングの対極に存在する組織。

抗議を出したくなる気持ちは、分かりますね。

 

------------------------------

 

児玉議員の行為は、恐らく合法的行為。免許を持ってハンティングしており、「違法な猟で逮捕」という話が出たワケでもありません。

従って、今回の騒ぎの根本は、「思想・信条のぶつかり合い」という事になります。

つまり、「動物の命を奪ってよいのか?」という話。

 

この話、かなり難しいテーマです。

「動物の命を奪うことの是非」を語りだすと、本を1冊や2冊書いたところで終わりません。

個人の思想信条の話でもありますが、人間の生物学的側面、経済活動、食文化、宗教的対立、果ては生態系などの話にも届いてしまう壮大な問題。

 

「これが正しい」と断言できれば、もうずっと前に問題解決しているハズです。それが出来ない難問ですから、未だに揉めているのです。

現時点で言える限界は、「狩猟肯定と否定、どちらにも一理ある」という所までだと考えます。

(ただ、動物愛護を題目にして暴れ、国際指名手配を喰らう様な輩はアウトですが。)

 

------------------------------


他方…。

 

ネット上では、児玉議員側がフルボッコになっている様子。

私の様な天邪鬼は、「ネット炎上騒ぎに遭遇すると、炎上意見とは別の見方が欲しくなる」という、少々厄介な趣向の持ち主。

彼女を攻撃する立場とは別の意見を探してみました。

 

すると、以下の記事を発見。

ハンター経験のあるユーザーさんが、児玉議員を擁護する意見を述べています。

 

www.j-cast.com(2019年3月15日)

ハンター経験のある「主夫太郎」さんは2019年3月15日、ブログで「児玉千明議員の炎上~ハンター目線も含めて~」と題した記事を公開。児玉議員が投稿したとみられる、2枚の写真を引用したうえで、

 

「この白目をむいている顔が『命を軽視している』証拠だというのが動物愛護の人達を含めた一般の方々の意見でした。(中略)少なくてもこの写真からだけでは命を軽視しているように僕には見えませんでした」

主夫太郎さんは「一般の方々は解体というものがどういう過程で行われどれほど大変なことかご存知ないと思います」と主張し、「丁寧に作業することに多くの忍耐と獲物に対する敬意がないと決してやり遂げられないことをご存知ないのだと思います」と呼び掛けた。

 

ハンターとそれ以外の人々のギャップを完全に埋めるのは無理だとしつつも、「一般の方々が知らない、気付かない視点から『ハンターとして命を大切にしている』という説明をいくらかでも加えられればと思い今回のブログを書いてみようと思いたちました」としていた。

 

…確かに。賛同できる部分はあります。

私、「動物を捕獲し、精肉に至るまでの工程」を見た事がありますが、見ただけで大変だと分かる重労働。

毛や血を上手に処理するのは一苦労ですし、寄生虫などにも注意が必要。

 

「処理が面倒。途中でもいいから、捨てちゃえ」となれば、命を粗末にしていると言えます。しかし、児玉議員に関しては、そういった情報を見ません。食べる事が可能なレベルにまで処理している様子。

「獲った以上は、最後まで処理する」という姿勢は、悪ではないと考えます。

 

------------------------------

 

そもそも、「狩猟そのもの」に関しても、正誤で割り切れない部分があります。

その理由は「獣害」。

人に直接的危害を加える生物もいますが、農作物を荒らす生物もいます。無視できないレベルで。

 

www.maff.go.jp

 

上記資料によれば、「平成29年度だけで、野生生物による農作物被害額は、約170億円。その半分以上が鹿や猪によるもの。次点でサルとカラス」とのこと。

この金額を、「ちょっとじゃん。気にするな」と言ってよいかどうかは…疑問です。

 

獣害対策として、電気柵設置などのコストが増えている事も確か。

ああいった防護設備は、ちゃんと作らないと効果が見込めません。

他方、ちゃんとしたものを作るには、それなりの費用がかかります。

その隙間を埋める為に、ハンターが活躍する。道理が通っていると考えます。

 

------------------------------

 

…とまあ、児玉議員を擁護する意見もあり、それなりにスジが通っている事は確かです。

ただ、児玉議員に問題が無かったかと言えば…?

「あった」と思いますね。大きく分けて、2つ。

 

 

(問題1)政治家だった

児玉議員は、紛れも無く政治家です。

政治家になったのであれば、若かろうが年寄りだろうが、男だろうが女だろうが、それなりの覚悟があって出馬したはずだと思われて当然です。

政治家や公務員は「公人」。税金を原資に活動している方々です。それゆえ、言動に隙があれば、強烈な打撃を喰らう可能性が高い職業。

そこを意識して、情報発信方法を考えるべきでした。

…まあ、児玉議員に限った事ではないですけど。

 

(問題2)ネットの怖さを理解していたか疑問

児玉議員は、現在30歳。幼い頃からネット環境があった世代ですね。それゆえ、ネットでの情報発信が身近すぎて、用心が足りなかった部分はあるでしょう。

SNSの怖さを、いまいち理解していないのかも」という意味では、バイトテロ案件と重なる部分が見え隠れします。

世の中は、ハンティングの理解者ばかりではありません。誰が見ているか分からない所に、誤解されかねない画像を掲載するのは、ちょっと無用心。

「ページの目立つ部分に、動物を供養している画像を掲載する」といった行動をしているだけでも、流れは変わったはず。

 

 

政治家は、批判を受けやすいもの。SNSは、世界中に拡散されるもの。

それを加味して、もっと慎重になるべきだったと考えます。

 

------------------------------

 

最後に。

 

この問題を、このまま放置するのはマズイ。

批判されても、真っ向から反論する材料を持っておくべきですし、今から反論しても良いと考えます。

 

先述の様に、獣害による農作物被害は存在しています。

ハンティングに理解のある方が、擁護記事を発表してくれています。

児玉議員は、「若い人が、地方を盛り上げる為に頑張っている」という話で、テレビ出演経験もある方です。

沈黙を続け、何もしないのは惜しい。

何らかの形で、自分の考えを詳しく説明した方がよいでしょう。

(ひょっとして、今まさに準備中なのでしょうか?)

 

現状では、「3/14の記事以来、児玉議員の動向が分からない」という状況が続いています。

この状況が続けば、「児玉議員は、反論できないから、忘れ去られる事を待ってる」と邪推されてしまいそう。

動くなら、早目で。

 

児玉議員は、自分なりの覚悟や哲学があって、狩猟活動をしていらっしゃったと思います。きちんとデータを示して、説明すればいい。

それで世論の潮目が変われば、議員に対する評価も良くなるでしょう。

ハンターへの偏見が、減るかも知れません。

何より、高浜町有権者が喜ぶでしょうね。「うちの議員さんは、騒ぎになっても隠れず、堂々と説明する人だ」と思うでしょうから。

 

この騒ぎがどう収束するかは、児玉議員次第。

 

 

【↓参考↓】「現代の猟師やジビエ」について、分かりやすく説明してくれる作品です。

書店リンク>『山賊ダイアリー リアル猟師奮闘記』第1巻 (岡本健太郎 講談社)