makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【WELQ(ウェルク)騒動の話】その5(最終回) 私にも飛び火

WELQ騒動の記憶を語るコラムの、5回目になります。

前回までは、私なりに騒動の流れをまとめてみました。

今回は、あの騒動に巻き込まれた、私自身の話をします。

 

 

とはいっても、直接巻き込まれたワケじゃありません。

WELQに記事を出した事もありませんし、騒動が起こるまでWELQの存在を知らなかった…というイイカゲンさ。

しかし、WELQ騒動は、ネット史どころかメディア史に刻み込まれるレベルの大騒動・大炎上です。何らかの形で「もの書き」をやっていれば、否応なしに影響を受けるでしょう。

私は、そんな大勢の中の一人でした。

 

 

当時の私はWELQとは違うサイトで、記事を書いていました。

連載・単発を含め、全部で5つ程度のサイトにお世話になっていたでしょうか。

依頼されて書く場合もあり、こちらから提案する事もあり、採用試験を通って長期契約で連載する時期もあり…形態は様々でした。

 

編集部の方針も、サイトにより様々。厳しい突っ込みをする所もあれば、優しくアドバイスしてくれる所もあり。

どの編集にも共通するのは、書き手を応援してくれた事です。沢山の助言を頂いたり、役立つツールを提供してくれました。

 

 

で、「そこそこ軌道にのってきたかな~?」と思った時期に、WELQ騒動が浮上。私が所属するサイトも、念の為にチェック作業に入りました。

私は、パクリやデタラメが嫌いだったので、怪しい記事は皆無。他記事から引用を行う時には、著作権法をシッカリ守って引用。

WELQ騒動は「全くの他人事」として捉えていたのですが…。

 

 

お世話になっていたサイトの中に、WELQほどでは無いにしろ、疑いのある記事を書いていた方が混じっていて騒ぎに。

「即日サイト閉鎖」なんて事にはなりませんでしたが、記事の審査が相当厳しくなり、サイト掲載までの時間が長くなりました。

 

記事の内容チェックは非常に重要ですが、そこに気を取られすぎると、サイトの更新頻度が鈍くなります。更新が減れば、「目新しい記事が無い」となって、読者も減ります。サイトが弱るスパイラルです。

その結果、他メディアと合併することに。新サイトは、私の興味をそそる内容からは離れてしまい、同時に契約期間も切れ、そこでの連載は終了。

 

間の悪いことに、「上記サイトとは別のサイトに掲載された私の記事が、全部丸パクリされる」という事件も発生。

当該サイト(私の記事を掲載していたサイト。パクラれた側)を管理する編集部に報告しましたが、どうも対応がハッキリしない。その流れで、編集とは疎遠に。

そんな事を繰り返しているうちに、「ちょっと面倒だな」となり、長期休暇に入ってしまいました。

 

ただ、書く事を止めたワケではなかったので、ツイッターの活動は細々と継続。これは、現在も続いています。

また、「時期が来たら書こう」と思い続け、ふと心の中に浮かんだネタを、ネタ帳に貯め込む作業も続けてました。

で、「そろそろ時期が来たかな?」と思い始めたので、手始めに当ブログから…ということで。

 

 

かつて連載されていた、私の記事を読んでくださった方。また読んで頂いてありがとうございます。懲りずに書いてますので、これからも宜しくお願いします。

当ブログで、始めて私を知った方。これも何かの縁。何卒、宜しくお願いします。

ツイッターで絡んで下さっている方。ツイッターの短文では収まりきらないボリュームのある記事をお届けしようと思っていますので、どうか宜しくお願いします。

 

 

--------------(記事了)--------------

 

 

【参考書籍】

『健康を食い物にするメディアたち ネット時代の医療情報との付き合い方』

【au Wowma!】

【Book Live!】(試し読みアリ)

【BOOK☆WALKER】(試し読みアリ)

 

【ebook-japan】 (試し読みアリ)

【e-hon】

【Neowing】 

 

【紀伊國屋書店】

【コミックシーモア】

【総合書店 honto】

 

【光テレビブック】

【漫画全巻ドットコム】

【楽天kobo】