makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

「WELQ(ウェルク)騒動」を振り返る その4 DeNAが鎮火に尽力

WELQ騒動の記憶を語るコラムの、4回目になります。

前回までの内容を簡単にまとめると、

  1. 大企業「DeNA」が運営する医療情報サイトに、「WELQ(ウェルク)」というものがあった。
  2. Google検索の上位に出る為の対策(SEO)を徹底追究した結果、見事成功する。
  3. しかし、記事内容がデタラメ過ぎて、各方面から激しいツッコミや抗議を受け、ネット史に残る大炎上事件になった。
  4. WELQは、自称「医療情報サイト」。しかし、実際は主張の根拠が曖昧過ぎる記事ばかり。酷いのになると、「肩こりの原因は、幽霊」という記事もあった。
  5. 炎上記事が多発した背景には、「運営側のチェックが不十分過ぎる」「記事を書く側は、クラウドソーシングで募った人々。専門家集団でも何でもない」というものがあった。
  6. そんな酷い体制なのに、ひたすら記事を量産する目的は、「目立つ事で閲覧者を増やし、広告収入を増やすこと」

こんな感じでしたね。

 

今回は「炎上後のDeNAの対応」について、触れていきます。

 

 

結論から言えば、こうです。

DeNAの事後対応は、WELQの記事内容と正反対で、かなりマトモなものだった」

 

本格炎上後、DeNAの上層部(社長など)が、大勢の記者を入れた会見を行います。ネット生中継も行われました。私も見てました。

DeNAは、自らの非を認め謝罪。質疑応答を含め、3時間に及ぶ長丁場。DeNA側は、できるだけ質問に答えようと努力している様子でした。「誤魔化して逃げよう」「会見したというアリバイを作ろう」という感じは無かったと思います。

 

まあ、あそこまで酷い内容の記事を流し、中には「薬機法(旧・薬事法)」や「著作権法」等に違反している疑いがある、そんな記事も多かったので、開き直るワケには…いかないでしょうけど。

 

 

未だに、WELQのページは存在しています。但し、記事は一切なく、短い謝罪文と連絡先が掲載されているだけ。

https://welq.jp/

DeNA」といえば、このトンデモサイトの話…こういう図式が完全に消える見込みは、今のところ無さそうです。

 

引っかかっているのは、DeNAに対して、このトンデモサイトの作り方を指南し、構築に深く関わったとされている女性企業家が雲隠れしていて、未だに公の場で喋っていない事」ですね。

海外在住との事で、炎上直後には現地に飛ぶ記者もいた様ですけど、逃げられたんでしょう。取材した記事を見た記憶がありません。

 

 

さて、本日はここまで。

しかし、まだ話は終わらないんですよ…

次回は「この炎上が、私の活動にとって大迷惑」という話を。

 

私が、約2年間、本格的なネット執筆活動から離れる事になった経緯について。

決して愚痴ではありません…。

 

参考書籍『健康を食い物にするメディアたち ネット時代の医療情報との付き合い方』(著:朽木誠一郎 BuzzFeed Japan Book)

↓↓↓↓書店リンク↓↓↓↓↓

【ebook-japan】

【NTTぷらら/光テレビブック】

【漫画全巻ドットコム】

【e-hon】

【総合書店 honto】