makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【新型コロナウイルスの話】「3ヶ月前の大阪」が、東京に忍び寄る

日本国内の、新型コロナウイルス検査陽性者(いわゆる感染者とされる人)が、かなりの勢いで増えています。

特に酷いのは、東京を中心とする首都圏。次いで大阪を中心とする関西圏。

感染力の強いデルタ株の話が出てきてから、筆者は「日本でも感染者が増えるだろうな」と考えていましたが…その通りになっています。

www3.nhk.or.jp(2021/7/29)

news.tbs.co.jp(2021/7/29)

 

ただ、誤解してはいけないのは、「検査で陽性になった者は、全員がウイルスに感染して具合が悪くなる…と決まったワケじゃないという点。

これも、以前から言われている話です。

 

検査には、「偽陽性」「偽陰性」という誤検知が付き纏います。精度100%というものは、今の所見当たらない。

仮に症状が出たとしても、個人差が非常に大きい。亡くなる方もいれば、ほぼ症状のない人もいる。

 

まぁ、検査で陽性が出ないに越したことはないのですが…

数字の裏側を考えずに鵜呑み&一喜一憂するのも、また問題です。煽りに乗せられては駄目。

 

------------------------------------------

 

他方、感染者増加の勢いが弱くならない限り、あちこちに問題が生じます。これは確実。

特に、医療関係者への影響は甚大です。病院がパンクし、医療崩壊が起こりかねない。

mainichi.jp(2021/7/28)

 

日本でも、医療崩壊は起きました。今年の5月、大阪で。

保健所との連絡が途絶え、家を病院代わりにせざるを得ない。そんな状況が、つい3ヶ月前に発生しているのです。

news.tv-asahi.co.jp(2021/5/2)

 

続きを読む

【災害の話】東北地方に「台風8号」接近中

現在、東北地方に「台風8号」が接近しています。

weathernews.jp(2021/7/27)

kahoku.news(2021/7/27)

 

この台風8号。

一昨日くらいまでは、「ひょっとして、五輪開催中の東京に直撃か?」という話もありましたが…その後、進路を北寄りに変えました。

現在のところ、宮城県に向かって進んでいます。今夜から明日の午前中にかけて、台風が上陸する見込み。

近隣地域の方は、今後の情報に注意してください。

 

----------------------------

 

今回の台風は、中心気圧がさほど下がっていません。

気象庁が、2021年7月27日16時53分付で発表した「令和3年 台風第8号に関する宮城県気象情報 第9号」によると、中心の気圧は990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートル。

台風としては、言うほど強力ではない。

 

「強力な台風」で思い出すのは…

関西空港を薙ぎ払い、関西地方各地で車や家を吹き飛ばした「2018年(平成30年)台風21号」です。

この台風は、最大瞬間風速58メートル超えでした。その時の様子は、以下。

www.youtube.com(2018/9/5)

 

続きを読む

【ネット詐欺の話】「被害拡大警報」発令中

世の中は、東京五輪の話題一色ですが…。

こういう時にこそ、他の話も忘れてはいけません。

例えば、「ハッキング被害」「不正アクセス」の話。

 

この手の犯罪を考える者は、「お祭り騒ぎ」や「流行りの時事ネタ」を隠れ蓑にしがちです。

世の中がお祭り騒ぎで浮かれていれば、警戒心が緩む。何か「通常ではない事」があっても、スンナリ受け入れてしまう危険が高まります。

 

 例えば、こんな記事が。

www.sankei.com(2021/7/24)

 

続きを読む

【東京五輪の話】炎上した「小林賢太郎」氏を、擁護してみる(後編)

前回記事の続きになります。

テーマは、「五輪組織委員会からクビキリを喰らった、小林賢太郎氏を擁護する」というもの。

tenamaka26.hatenablog.com

 

東京五輪開会式の演出を担当していた、元コメディアンの「小林賢太郎」氏。

彼が「ラーメンズ」というコントユニットで活動していた時に、「ホロコースト(ユダヤ人虐殺)」をネタにしたコントを発表したことがありました。

その情報が、ツイッター等で拡散。

ホロコースト関係のネタは、国際的に取り扱い注意なネタですから、結構な炎上騒動になりました。この騒ぎを受け、五輪組織委員会は小林氏を解任。

…これが、騒動の概要です。

 

------------------------------------------

 

つい先ごろ、五輪開会式の音楽担当者「小山田圭吾」氏にも、大規模な炎上騒動がありました。

過去の雑誌インタビューで、「障害者リンチ」を誇らしげに語っていた記事があり、その記事がSNS等で拡散。

小山田氏は弁解するも、通用せず。五輪スタッフからは身を引くことになりました。

 

小林氏と小山田氏の炎上に共通する点は、「過去の話が、今になって炎上」というものです。

しかし、筆者が思うに、「両案件は、似て非なるもの」です。同じ炎上騒動でも、掘り下げて考えれば別の面が見えてくる。

また、この手の炎上に関しては、「炎上した本人を責めて終わるものではなく、大元である五輪運営側を問題視しなければ駄目だ」と考えます。

 

上記の二点を考慮に入れた上で、当記事では小林氏を擁護し、その根拠も示していきたい。

 

続きを読む