makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

PC・スマホ・ネット・IT

ツイッターが、「逃走ツール」になる日

本日早朝、驚愕の事件が発生。 大阪府吹田市の交番にて、警察官が刃物で刺され、拳銃を奪われるという事態に。 被害に遭った警察官の方ですが、傷は深いものの命は助かったとの事。 しかし、意識不明の重体という報道もあり。早い回復を祈ります。 ---------…

この商品の使い午後地は、更によいものと家族が私が言う買う

Amazon(アマゾン)というネットサービスがあります。ご存知の方は、とても多いでしょう。 ネット通販の最大手であり、 「Kindle(キンドル)」という電子書籍リーダーを発売し、 「Echo(エコー)」というAI搭載のスマートスピーカーを製作し、 「Primeビデ…

使い回しは、一撃必殺

不正アクセス。 ネットが当たり前になった昨今、よく耳にする言葉です。 要は「ネットでの不法侵入」とでも言いましょうか。正当な権限を持たない者が、何らかの手段で防御壁を破り、システムの中に侵入する事です。 不正アクセスによる被害は、「ページの改…

YouTube談義~滅んでいい字幕動画・残って欲しい字幕動画

YouTube(ユーチューブ)。 ネットを使う方で、見た経験の無い方は…恐らくいないでしょう。 世界的に有名な動画サイトです。 本ブログでも、「公式チャンネル」から動画を拝借(埋め込み)させて頂く事があります。こんな感じで。↓ www.youtube.com(ANNnews…

ネットは完全匿名ではない。悪質行為者の素性は暴かれる。それに加担した者も。

フィギュアスケートの「羽生結弦(はにゅう ゆづる)」選手。 世界トップクラスの有名選手です。冬季五輪で金メダルを獲得した実績もある、物凄い選手。 そんな羽生選手に絡むネタで、以下の記事を見つけました。 残念ながら、歓迎できない内容ですが…。 www…

懸賞という名の魔物

日々の報道を見ていると、ある話題が毎日の様に流れてきます。 「よくここまでやるな…」「そんな事、よく考えつくな…」と驚く事が多数。 その話題とは「詐欺」。 振り込め詐欺などの「特殊詐欺」や、偽ホームページを作って情報を抜き取る「IT関連の詐欺」な…

トランスフォームの必要性

皆さん、新聞を定期購読していますか? ネットではなく、「新聞配達員さんが、毎朝配達してくれる、紙の新聞」です。 私は、1紙だけ取っています。 その新聞販売所の職員さんと話す機会があったのですが、「昔に比べて、新聞を取る人が減って、年々弱ってい…

「一番カッコイイのは、脇役」という漫画

超有名ゲーム『ドラゴンクエスト』シリーズ。 日本にRPG(ロール・プレイング・ゲーム)を浸透させた立役者。 ナンバリングタイトルは1~11まで発売されており、リメイク・スピンオフ・他機種移植版などを加えると、100を超えそうな勢いのシリーズ作品です。…

バリヤー展開は、できるだけ早めで

「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」などの特殊詐欺。 無くなりませんね。 だんだん手口も巧妙化し、「そんな手の込んだ事が出来るなら、マトモな働き口を探した方がいいのでは?」と思える事例もチラホラ。 そんな昨今。本日も、特殊詐欺に関するニュースが伝…

その情報、大丈夫ですか?

2017年6月、神奈川県大井町の東名高速道路で、痛ましい事件がありました。 いわゆる「東名高速での、あおり運転死亡事件」です。 建設作業員の石橋和歩(かずほ)被告が、パーキングエリアでの振る舞いを注意されて激昂。 腹いせに、注意した相手を車で追い…

勝者は少ない方がいい

いつの世でも、詐欺は無くなりません。 そのネタの王道は、昨今問わず「儲け話」が多数。 社会システムや科学技術が進歩しても、人間の欲は昔のまま。 なかなか修正されません。 一方、「何をどうすれば儲かるか」という営業トークは、時代に応じてアップデ…

バカッターが、速攻で、個人情報を特定されてしまう理由

連日報道されている、いわゆる「バカッター」の面々。 今度は「大戸屋」で発生した模様です。 www.tokyo-sports.co.jp 裸の状態でトレーを持ち、股間を隠す…という「裸踊りの様子」を撮影し、ネットにアップ。 その後、大炎上。 この手の炎上ネタは減って欲…

新たな特殊詐欺「リバースヴィッシング」

ネットは便利ですが、便利なモノには毒があります。 「個人情報の流出」「仮想通貨口座への不正アクセス」「ワンクリック詐欺」等の嫌な話は、枚挙に暇がありません。 そんな嫌な話が、またひとつ増えそうです。今度のキーワードは「リバースヴィッシング」…

「名前は? 学歴は? 顔写真は?」的なトレンド記事は、ページを見なくても中身が分かる

先日から行方不明だった、関東地方の女子大生。 事件に巻き込まれたかも?…との話が出ていましたが、ここに来て急展開。 死体遺棄容疑で男が逮捕され、その男の供述した場所から、女性の遺体が発見されました。 www.sankei.com 逮捕されたのは、広瀬晃一容疑…

「WELQ(ウェルク)騒動」を振り返る その5(最終回) 私にも飛び火

WELQ騒動の記憶を語るコラムの、5回目になります。 前回までは、私なりに騒動の流れをまとめてみました。 今回は、あの騒動に巻き込まれた、私自身の話をします。 とはいっても、直接巻き込まれたワケじゃありません。 WELQに記事を出した事もありませんし、…

「WELQ(ウェルク)騒動」を振り返る その4 DeNAが鎮火に尽力

WELQ騒動の記憶を語るコラムの、4回目になります。 前回までの内容を簡単にまとめると、 大企業「DeNA」が運営する医療情報サイトに、「WELQ(ウェルク)」というものがあった。 Google検索の上位に出る為の対策(SEO)を徹底追究した結果、見事成功する。 し…

「WELQ(ウェルク)騒動」を振り返る その3 記事製作現場が…カオス

WELQ騒動の記憶を語るコラムの、3回目になります。 前回までの内容を簡単にまとめると、 大企業「DeNA」が運営する医療情報サイトに、「WELQ(ウェルク)」というものがあった。 Google検索の上位に出る為の対策(SEO)を徹底追究した結果、見事成功する。 し…

「WELQ(ウェルク)騒動」を振り返る その2 医療と思ったらオカルトだった

さて…WELQ騒動の記憶を語るコラムの、2回目になります。 前回の内容を簡単にまとめると、 球団を持つレベルの大企業「DeNA」が運営する医療情報サイトがあった。名前は「WELQ(ウェルク)」。 「Google検索で、上位に表示される事」を最重要視して、様々な対…

「WELQ(ウェルク)騒動」を振り返る その1 WELQって何?

さて…先日の「再開のご挨拶」にちょっと出た「WELQ(ウェルク)騒動」って、皆さんご存知でしょうか? 2016年末に、大きな話題となった騒動です。 この騒動、私の執筆活動を大きく阻害してくれました。未だに根に持っています(笑)。 あれから2年以上経過し、…