makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

法律

法律が絡む話や、興味深い裁判の話。

【東京五輪の話】橋本さん、あの「違法の疑い」は、一体どうなった?

東京五輪(オリンピック・パラリンピック)が、終わりました。 コロナ騒動を除いても、様々な問題を抱えた大会でしたが… 一応、「分かり易い大事故」には繋がらずに終了。テロの危険すら存在しましたからね。よく無事に終わったもんです。 とはいえ、反省点…

【裁判の話】池袋暴走事件に、やっと地裁判決が出ました

今日の注目ニュースは、やはりこれ。 2019年4月19日。東京・池袋にて、元官僚「飯塚幸三」被告の運転する車が暴走し、多数の死傷者を出した事件。 その地裁判決が出ました。 (イメージ画像:https://free-materials.com/%e8%a3%81%e5%88%a4%e6%89%8013/) …

【ファスト映画の話】バイトのつもりが共犯者。1000万円の賠償が…

当ブログでは、以前「ファスト映画」「ファストシネマ」の話を記事化したことがあります。 アップ日は、今年の6月26日。 tenamaka26.hatenablog.com 「ファスト映画」とは、「YouTube」等の動画サイトで蔓延しているもの。簡単に言えば、「長編映画の内容を…

【破産危機の話】京都の破綻回避には、「神仏の力」が必要かと

筆者は、関西人です。 とはいっても、主な活動のフィールドは、大阪と京都。他地域には、旅行で行く程度です。 なぜ主要活動地域が大阪&京都なのか…といえば、単に「居住地域がその近辺だ」ということが大きい。そして、「交通の便が非常によろしい」という…

【YouTubeの話】運営が、賠償を肩代わりするべきですね

今やスッカリ人々に定着した、有名動画サイト「YouTube」。 筆者も、よく視聴させて貰ってます。 公式チャンネルからの情報発信が、なかなか有益で便利。 しかし、YouTubeには悪い話も多い。 例えば、「著作権を完全無視」という話。 公式チャンネルではなく…

【池袋暴走事件の話】遺族を二度絶望させる者

昨日のニュースで、最も大勢に言及されたものといえば… 恐らく、コレではないでしょうか。 「池袋暴走事故の裁判で、過失を認めない飯塚幸三被告に対し、轢き殺された松永真菜さんと莉子ちゃんの遺族が、直接質問した」 www3.nhk.or.jp(2021/6/21) 予想さ…

【麻雀賭博の話】「こうすれば微罪で済む」という、悪い見本になった感・大

「黒川弘務」氏。 この人の名前、覚えている方はどの程度いらっしゃるでしょうか? この人。東京高検の検事長にまでなった人ですが、昨年「賭け麻雀」をやっていたことがバレ、逃げる様に消えた人です。 スッパ抜いたのは、やはりあの「週刊文春」。 bunshun…

【まとめサイトの話】著作権談議 無断使用は、懲役になるかも?

先日、老舗まとめサイト「NAVERまとめ」に関する記事を書かせて頂きました。 tenamaka26.hatenablog.com 「NAVERまとめ」はサービス期間11年となる、「まとめサイト」の最古参。長らく存続してきましたが、先日サイト閉鎖・事業撤退となりました。 終了理由…

【リコール騒動の話】「ニセ署名が大量混入」という疑惑(後編)

前回記事の続きになります。 テーマは、「高須院長vs大村知事のリコールバトルが、斜め上の方向に発展」。 tenamaka26.hatenablog.com リコール騒動の発端は、2019年に開催された「あいちトリエンナーレ」という芸術祭のイチ企画。その名は、「表現の不自由…

【リコール騒動の話】「ニセ署名が大量混入」という疑惑(前編)

先日、以下の記事を書かせて頂きました。 内容は、「コタツ記事」について。 tenamaka26.hatenablog.com 話の裏も取らず、自らの考えも入れず、コピペや垂れ流しで記事を作る。こうやって作られた記事を「コタツ記事」といいます。 上記リンク先では、その発…

【池袋暴走事件の話】「疑わしきは、被告人の利益に」ではあるが…

池袋暴走事件。 2019年4月に起きた、強烈に痛ましい事件。 覚えていらっしゃる方が大半でしょう。 良く晴れた春の日、一台の暴走車が街中に出現。何の罪もない母子を始め、多数の死傷者が出てしまいました。 事件から一年以上が経過した2020年秋。やっと裁判…

【詐欺の話】しぶとく生き残る「ブラックマネー詐欺」

「ブラックマネー詐欺」という詐欺手法があります。 ご存じでしょうか? ”ブラックマネー”と聞けば、何だか「表に出せない闇の金」みたいな印象を受け、マフィアの世界で起こる話の様に思いがちですが…そうではありません。 「ブラックマネー詐欺」とは、「…

【裁判の話】SNSユーザーが注目すべき裁判、現在進行中

今、筆者が注目している裁判があります。 それは、 「自分を貶めるSNSの書き込みに対し、第三者が”いいね!”を押したことで、その第三者に損害賠償や慰謝料を求め得るか?」 という内容の裁判です。 www.huffingtonpost.jp(2020/10/21) Twitterで伊藤さ…

【転売ヤーの話】法律違反で逮捕された、中国地方の転売ヤーさん

2020年は、新型コロナウイルスが様々な騒動を引き起こした年です。 発生した事件は多種多様。人の生死に関わる深刻な話から、苦笑いで終わる小さな話まで、本当に様々です。 その騒動のひとつに、「うがい薬が店頭から消えた」というものがあります。 発生し…

【転売ヤー逮捕の話】筆者の予想が、的中した模様です(後編)

前回記事の続きです。 テーマは、「筆者の予想が、的中したらしい」「複数の転売ヤーが、これから逮捕されるかも」というものです。 tenamaka26.hatenablog.com 前回記事の内容をザックリまとめると、以下の様なものになります。 ◆2020年8月4日。大阪の吉村…

【転売ヤー逮捕の話】筆者の予想が、的中した模様です(前編)

先日、大阪の吉村知事が、「新型コロナウィルスには”うがい薬”が効く」という趣旨の会見をやって、結構な騒ぎになりました。 覚えていらっしゃる方も多いでしょう。当ブログでも取り上げました。 tenamaka26.hatenablog.com 吉村知事は、「これが特効薬だ」…

【新型コロナウイルス&うがい薬の話】転売ヤー逮捕の可能性、アリや?無しや?

当記事は、法律に関する考察です。 筆者は法曹関係者ではありませんので、「法学部の学生が考えた」くらいのものとして読んでください。 テーマは「医薬部外品の”うがい薬”を、転売ヤーが買い占めて・フリマサイト等で高額転売すれば、違法行為として捕まる…

【裁判の話】おや? NHKの様子がおかしいぞ…

先日、「受信料裁判で、NHK敗訴」というニュースを見ました。 この話、かなり興味深いものです。 www.jiji.com(2020/6/26) 東京都文京区の女性がNHK放送を視聴できないテレビを自宅に設置し、NHKを相手取り受信契約を締結する義務がないことの確認を…

【過払い金返還の話】バブルが崩壊すれば、システムも被弾する

テレビ・ラジオ・ネット等のCMで、やたら出てくる広告の中に「過払い金の返還」に関するものがあります。読者様も、一度くらいは見聞きしたことがあるのでは? 「過払い金の返還」とは、「消費者金融などの金貸しに対し、払い過ぎた利息を返還してもらう」と…

【麻雀賭博の話】黒川基準による、「逮捕」と「見逃し」の境目は?

「レートが低ければ、麻雀賭博しても捕まらない!」「なぜなら、検察幹部が麻雀賭博やってもお咎めなしだもの!」 この話が出たのは、2020年5月のこと。まだ覚えていらっしゃる方も多いでしょう。 元検察幹部の「黒川弘」氏に関する事件です。 bunshun.jp(2…

【麻雀賭博の話】賭博麻雀大会「黒川杯」が、ガチで開催されました

先日報じられた、「検察幹部の黒川弘務検事長が、麻雀賭博をやっていた」という話。 黒川氏本人が認め、森法務大臣も認め、ニュース内容は真実だと確認された…にもかかわらず、懲戒免職ではなく自己都合退職。黒川氏には、退職金約6000万円が支払われます。 …

【麻雀賭博の話】このままだと、日本が「麻雀賭博大国」になる

先日報じられた、「検察幹部の黒川弘務検事長が、麻雀賭博をやっていた」という話。 当ブログでも、この話題に触れました。 結構反響が大きく、「ああ、皆さん怒っているんだな」という感じが伝わってきましたね。 tenamaka26.hatenablog.com 検察幹部が、賭…

【黒川弘務検事長の話】どう見ても真っ黒。また「上級国民騒動」に発展するのか?

昨日、強烈なスキャンダルが報じられました。 その内容は、「検察幹部の黒川弘務検事長に、犯罪の疑いアリ」という話です。 いや、疑いというか…現状を見るに、「ほぼ確定」と言えるでしょう。 bunshun.jp(2020/5/20) 東京高検検事長の黒川弘務氏(63)が…

【裁判の話】中国共産党政府に、破産の懸念アリ

先日、海の向こうから「あの国らしいな」と言ってしまうニュースが飛んできました。 その内容は、「アメリカで、中国共産党政府を相手に、損害賠償を求める裁判が次々と起こっている」というものです。 さすがは、世界一の訴訟大国。 請求の理由は、 「新型…

【煽り運転&ネットデマ騒動の続報】政治世界のナアナアが、裁判でも通用する…とは限らない

「キモトさ~ん!」 「逃げも隠れもしませんから!」 このフレーズ、覚えている方は…ちょっと減ってしまったのでしょうか? 2019年の夏、世間を沸かせたフレーズです。 この言葉を発したのは、「宮崎文夫」容疑者。 「茨城県守谷市の常磐自動車道で、煽り運…

【呆れた政治家の話】地方議員であれば、住民の手でクビキリ可能ですよ

新型コロナウイルス騒動に伴い、マスクが品薄状態です。 「日本国内での消費量が激増」と、「中国の物流が止まって輸入量減」とのダブルパンチで、かなりの品薄状態。 そこに、一般の店でマスクを買い占め・高額で転売する「悪質転売ヤー」が加わり、トンデ…

【新型肺炎 & ネット炎上の話】「炎上バカチューバーの負う損害賠償」を計算してみる

日本国内で、「新型コロナウイルス肺炎騒動」が大きくなり始めたのは、恐らく1月中~下旬頃です。 それから、約1ヶ月が経過しましたが…。 騒動の規模は、大きく・深くなるばかり。まだまだ先が見えません。 新型コロナウイルスの発端である中国では、死者数…

【逃亡の余波】ゴーン被告逃亡劇で、関係者全員が傷を負う騒ぎに その2

先日、「カルロス・ゴーン被告の国外脱出騒動で、各方面に大ダメージ」というテーマで、記事を書かせて頂きました。 tenamaka26.hatenablog.com 背任などの疑いで逮捕・起訴され、保釈中だった「カルロス・ゴーン」被告。 彼が、映画さながらの奇抜な手法で…

【逃亡の余波】ゴーン被告逃亡劇で、関係者全員が傷を負う騒ぎに その1

連日報道されている、「カルロス・ゴーン被告の、国外脱出騒動」関連の話。 日本は勿論、世界規模の大騒ぎなっています。 www.sankei.com(2019/12/31) 今のところ、ゴーン被告は公に姿を見せていません。 「1月8日に、逃亡先の中東・レバノンにて会見を行…

【大脱走】カルロス・ゴーン氏の逃亡劇が、「映画ネタ」になる高レベルだった件

2020年に入って、早くも3日目。 ボチボチ、のんびりモードから通常生活モードへ切り替え始めた方も多いでしょう。故郷や旅行先からのUターンで、交通機関が本格的に混雑しているところもあります。 反面、年末年始にのんびりどころか、最もバタバタした業界…