makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

マンガ

おすすめのマンガを紹介。もしくは、マンガにちなんだ事件を紹介。

【マンガの話】二人目の孫子

先日、中国古典『孫子』にまつわる記事をアップ致しました。 tenamaka26.hatenablog.com 『孫子』といえば、兵法書の超メジャー書籍。紀元前の書物ですが、令和時代になっても通用する内容が多い。故に、今でも解釈本が沢山出版され、愛読者も多いのです。 …

【諸子百家の話】『孫子』の魅力を語ってみる

筆者は、漫画『キングダム』を好んで読みます。 当ブログでも、関連記事をいくつかアップしています。 (提供:Amazon) 『キングダム』は、今から2200年以上前の中国を舞台にした話。いわゆる「春秋戦国時代」と呼ばれる時期を描く作品です。 春秋戦国時代は…

【アニメの話】『うる星やつら』と「声優交代」と「先輩の愛情」

新年早々、驚きのエンタメニュースが飛び込んできました。 その内容は、超有名漫画家「高橋留美子」氏のデビュー作『うる星やつら』が、完全新作アニメとして帰ってくる…というもの。 『うる星やつら』ファンには、堪らない話といえるでしょう。 www.oricon.…

【参院選の話】赤松氏は、タレント候補か否か

来年・2022年。参議院議員選挙が実施されます。 参議院は、3年ごとに半数が改選されるという仕組み。議員総数は、248名。よって、2022年の当選者数は、全国で124人となります。 この124議席を巡って、現段階から選挙戦が始まっています。 そして、以下の話が…

【マンガの話】サクサクな福本漫画

本日は、とある裏社会モノの漫画作品をご紹介します。 作品のタイトルは、『銀と金』です。 (提供:Amazon) 『銀と金』は、1990年代に連載されていた漫画作品。既に完結済みで、コミックスは全11巻。 作者は、『賭博黙示録カイジ』で有名な漫画家、福本伸行…

【マンガの話】薬を巡る抗争

本日は、とある「裏社会モノ」の漫画作品をご紹介します。 作品のタイトルは、『満州アヘンスクワッド』です。 (提供:Amazon)

【映画の話】『アダムス・ファミリー』と『サザエさん』の共通点

恥ずかしながら… ついこの間、筆者は生まれて初めて『アダムス・ファミリー』をマトモに鑑賞しました。 今回見たのは、2019年のアニメ版『アダムス・ファミリー』です。 (提供:Amazon) 筆者は、以前から『アダムス・ファミリー』の存在は知っていました。 …

【今週のお題】コードネームは「RED DEVIL」

~今週のお題「赤いもの」より~ 「赤いもの」といえば…思いつくのは、食べ物のことだけ。 筆者は食いしん坊であり、今は食欲の秋。もう食べ物のことしか頭にありません。 ただ、「赤い食べ物」と一口に言っても、種類は膨大。 肉・野菜・ジュース・調味料……

【マンガの話】歴史ドラマか? 現代劇か?

本日は、かなり濃い内容を描く、大人向け漫画のご紹介をば。 作品のタイトルは、『チ。ー地球の運動についてー』です。 (提供:Amazon)

【マンガの話】Disりって、実はツンデレ?

本日は、とある漫画をご紹介します。 関西人の筆者には、かなり刺さる作品です。 タイトルは、『三成さんは京都を許さない―琵琶湖ノ水ヲ止メヨ』です。 (提供:Amazon) 『三成さんは京都を許さない―琵琶湖ノ水ヲ止メヨ』(以下『三成さんは京都を許さない』…

【漫画家の話】「高橋留美子」氏は、どこまで多才なんだか…

先日、こんなニュースが報じられました。 内容は、超有名漫画家の「高橋留美子」氏が、アメリカの漫画賞「ハーベイ賞」の殿堂入りを果たしたというもの。 www.nikkansports.com(20201/10/14) 「うる星やつら」「めぞん一刻」「らんま1/2」などで知られる…

【マンガ&実写ドラマの話】弱視の姐御と、一途なヤンキー

10月になりました。秋本番が到来。 この時期は、テレビ番組の改変期でもあります。様々な番組が終わり、そして始まる時期です。 そんな中、今年の秋に始まる新作ドラマで、筆者が注目している作品があります。 そのタイトルは、『恋です!~ヤンキー君と白杖…

【漫画家さんの話】劇画の巨星、天へ

本日、『ゴルゴ13』の生みの親である「さいとう・たかを」氏が亡くなった…というニュースが報じられました。 先ずは、ご冥福をお祈り致します。 www.sankei.com(2021/9/29) 劇画「ゴルゴ13」などの作品で知られる漫画家、さいとう・たかを(本名・斎藤隆…

【アイス・氷菓の話】『ハンチョウ』で知る、あのアイスの名前

筆者は、ネットで「全国の地方紙記事」を見るのが好きです。 北は北海道から、南は沖縄まで。名の通った地方紙から、ニッチな市民新聞に至るまで。様々な地方紙記事を読みますね。 昨日も、いつもの様に地方紙記事を検索していましたが…興味深い記事をひとつ…

【アニメの話】”余計な味付け”は、不要です

言わずと知れた超有名漫画作品、『鬼滅の刃』。 その新作アニメ(第2期)について、放送内容等の詳細が発表されました。 放送開始は、この秋(恐らく10月)から。 放送時間は、日曜深夜。 放送局は、フジテレビ。 hochi.news(2021/9/6) ------------------…

【マンガの話】聖闘士の武器使用率

5日ほど前。 筆者は、1985年から始まった漫画『聖闘士星矢(セイント・セイヤ)』について、記事をアップ致しました。 tenamaka26.hatenablog.com 上記の内容は、「作品を愛するが故の、ツッコミ記事」になっています。 ツッコミの隙がある少年漫画。これは…

【マンガの話】少年漫画、かくあるべし~『聖闘士星矢』の成長曲線が強烈

「今更遅い!」と、読者様から総突っ込みを喰らいそうですが… 筆者は、今『聖闘士星矢』(セイント・セイヤ)にハマっています。 しかも、アニメ最新作『聖闘士星矢Ω』ではなく、1985年から始まった元祖『聖闘士星矢』です。ジャンプコミックスです。 (提供…

【マンガの話】DaiGo氏に読ませたい漫画

自称メンタリスト「DaiGo」氏による、ホームレス&生活保護&低所得者を馬鹿にした発言。そして、その後の大炎上騒動。 本人さんが、表立った行動を完全に停止。現在は「有料会員向けの動画更新」くらいしか行っておらず、話が片付かない状態で放置されてい…

【マンガの話】スルーに萌える漫画

(注意)当記事は、某ホラーコメディ漫画の紹介記事です。 コメディ作品ですから、ガチなホラーよりも怖さは控えめ。とはいえ、ホラーコメディの中では、恐怖指数は高い方ですので、苦手な方は注意してください。 ---------------------------------- 本日は…

【マンガの話】ホッコリする血まみれホラー?

本日は、久しぶりに漫画の紹介をば。 作品のタイトルは、『怨霊奥様』です。読み方は、そのまんま「おんりょうおくさま」。 ほんの少しだけ、ホラーテイストのある漫画作品です。 (提供:Amazon) 『怨霊奥様』は、電子書籍サイト「BookLive!」発の漫画作品…

【歴史の話】現代版デマルカシオン

筆者は、学生の頃、勉強が嫌いでした。 理由は、「何の役に立つか分からない」というもの。意味不明なものに対し労力を割く…というのは、苦痛以外の何者でもない。故に、勉強が嫌いでした。 しかし、社会人になり、学校では決して習わない様々なことを学んで…

【マンガの話】『ゴールデンカムイ』総復習、完了

※注意※ 当記事には、漫画『ゴールデンカムイ』と、アニメ『機動戦士ガンダムUC』のネタバレが含まれています。その点を了承して頂いた上で、読み進めてください。 ---------------------------------- 先日、以下の記事をアップ致しました。 内容は、 (1)…

【マンガの話】『ゴールデンカムイ』総復習のチャンス到来

最近、長年続いた名作連載漫画が、次々と終了していきます。 終了したものの中には、「筆者好みの作品」も多く、何とも寂しい。 この前は、『絶対可憐チルドレン』『双亡亭壊すべし』が終了とのニュースが報じられました。 次いで『ジョジョリオン』が完結と…

【マンガの話】『ジョジョリオン』完結 なお、次のラスボスは…

最近、長年続いた名作連載漫画が、次々と終了しています。 人の手によるものですから、そのうち終わる。それは分かっているのですが、何とも寂しい。 この前は、『絶対可憐チルドレン』が終了とのニュースがありました。 そして、今度は『ジョジョリオン』が…

【マンガの話】大団円チルドレン

本日のニュースを見て、ちょっと驚きました。 「週刊少年サンデー」における長期連載&看板漫画のひとつ、『絶対可憐チルドレン』が終了したとのこと。 (提供:Amazon) www.oricon.co.jp(2021/7/14) テレビアニメ化もされた人気漫画『絶対可憐チルドレン』…

【映画と炎上の話】100ワニ映画レビューも、大炎上へ

『100日後に死ぬワニ』 この漫画作品の名前を、一度でも耳にした方は、結構多いのではないでしょうか? 当ブログでも、何度か記事にしています。 (提供:Amazon) この『100日後に死ぬワニ』が、『100日間生きたワニ』と名を変え、劇場版アニメになりました。…

【今週のお題】中二病・欲張りセット

~今週のお題「一気読みした漫画」より~ 「一気読み」となると、あまり長い作品では難しい。 ホドホドの長さで、しかも完結済みでないと、一気には読めません。 そうすると、筆者がパッと思いつくのは…『犬神』ですね。 1996年から連載された作品で、既に完…

【マンガの話】『キングダム』展開予想の答え合わせ(後編)~今後の六大将軍

前回記事の続きになります。 テーマは、大人気漫画『キングダム』の展開について。特に「秦(しん)の六大将軍」に注目した内容になっています。 tenamaka26.hatenablog.com 本題に入る前に、注意事項をば。 当記事は、前回記事と同じく、「未だ単行本になっ…

【マンガの話】『キングダム』展開予想の答え合わせ(前編)~2年前の予想を振り返る

今回は、久しぶりに、大人気漫画『キングダム』の話をば。 (提供:Amazon) 念の為、作品の概要を説明すると… 『キングダム』は、古代中国を舞台にした作品です。「秦の始皇帝」と、その部下である将軍「李信(りしん)」を中心とした戦国大河ドラマ。 2006年…

【マンガの話】未完の大作になりそうな『ベルセルク』

先日、有名漫画家の「三浦建太郎」氏が、お亡くなりになりました。 享年54歳。まだまだ若いのに…。 謹んでご冥福をお祈り致します。 mainichi.jp(2021/5/20) ---------------------------------- 三浦氏は、超有名ダークファンタジー漫画『ベルセルク』の…