makaranTB

手作り&裏読み&日替わりブログ

【アイデアグッズの話】批判している方、数的根拠を示せますか?(前編)

「さんぽセル」というアイデア商品が存在します。販売しているのは、「悟空のきもち THE LABO」という会社です。

この商品は、小学生向けの品物。「重いランドセルを、お手軽に運べる」という逸品です。

the-labo.com(2022/6/15閲覧)

 

今のランドセルは、一昔前に比べると、なかなか重くて大変。

教科書だけでなく、学習用タブレット端末等も収納しなくてはならず、お子さん方は大変です。

その負担を軽減しようと考え、生まれたのが「さんぽセル」です。

 

「さんぽセル」は、市販のランドセルに取り付ける部品のようなもの。

主な構成部材は、パイプ・キャスター(ローラー)・部材固定ベルトです。

これらをランドセルに取り付け、ランドセルを「スーツケース」「キャリーバッグ」の様な格好にする。これで重いランドセルを、比較的軽々と運べます。

 

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ショッピングカート キャリーカート 千鳥格子レッド ライフ UW-6018 パール金属 ライフ カート ウイズ キャリー ドット UW-6007
(上画像:「キャリーバッグ」の例。「さんぽセル」ではありません。画像提供:Amazon)

 

そして、「さんぽセル」は簡単に折り畳み可能。”キャリーバッグ形態”から”普通のランドセル”に戻し、背負うこともできます。

かなりの優れモノで、お値段が5400円。発売元によると、「注文を頂いた後、納品まで3~4ヶ月待ち」の人気商品とのこと。

 

しかも、この商品を思いついたのは、小学生だというから驚きです。アイデアマンとして、将来有望なのでは?

そのアイデアから始まり、医学生や部品製造企業等が協力。晴れて「さんぽセル」が世に出た…という流れですね。

 

------------------------------------------

 

しかし、この「さんぽセル」に対し、称賛ではなく批判・疑問の声が出ます。

その手の声が散見されたのは、ネット空間。批判内容は、「危ない」「身体が弱くなる」というものが多かった。

 

この批判に対して、「さんぽセル」を発明した側から反論アリ。

その反論も、かなり的確なものが揃っていて、「ますます将来有望」と感心するものでした。

www.buzzfeed.com(2022/6/3)

news.tv-asahi.co.jp(2022/6/7)

 

続きを読む

【知床遊覧船事故の話】他責にしても、罪は軽くならない

知床遊覧船沈没事故。

恐らく、多くの方がご存じであり、憤っている。そんな事故でしょう。

 

発生したのは、約2ヶ月前の2022年4月23日。

北海道東部の知床半島にて、観光客向けの遊覧船「KAZUⅠ(カズ・ワン)」が沈没。乗員2名と乗客24名が船上にいましたが、未だに生存者発見の報告はなし。

残念ながら、遺体で発見されたケースは多数あります。が、行方不明の方も同じくらいに多い。非常に悲惨な事故となっています。

 

------------------------------------------

 

筆者は、この事故ニュースを見て、「ある程度の詳細が分かるまで、記事化するのは止めた方がいい」と考えました。故に、当ブログでは記事にしなかった。「ツイッターで、少々触れた」という程度です。

 

事故というものは、ある日突然起こるもの。

今回の場合は、今のところ生存者や目撃者がいない。海難事故の為、証拠に乏しい。

こういう事情がある為、情報が出て来るまでは下手なことは言えません。故に、関連ニュースを追いかけていたものの、記事化しませんでした。

 

が、「KAZUⅠ」を運営する会社について、様々な駄目情報が流れ始め、社長はフルボッコ状態に。

ブラック企業体質で、船長は労働過多。
非常用の連絡手段がないままで出航。
船体を改造し、浸水すればアウトな構造にした。

…こういう話が報じられ、「どうも人災の側面が濃い」という見方が強まっています。その為、筆者は「記事化のタイミングが来た」と判断した次第です。

www.j-cast.com(2022/4/25)

www.fnn.jp(2022/4/26)

www.stv.jp(2022/6/4)

 

続きを読む

【ロシア版マクドの話】マクドというより、「緑看板の店」かな?

ロシアによるウクライナ侵攻。

これを問題視して、所謂「西側陣営」に本拠を構える大企業が、続々とロシアから撤退しています。

 

その大企業の中に、ファーストフード最大手「マクドナルド」の姿があります。

東西冷戦が終わりを迎える際、真っ先にロシアの首都モスクワで店を開いた。そんな老舗までもが、ウクライナ侵攻を理由にしてロシアから撤退。

「ロシアの行動が、いかに大きな騒ぎを起こしているか?」を象徴する話です。

www.bbc.com(2022/5/17)

 

------------------------------------------

 

マクドナルドは、ロシアから事業撤退する際、現地の設備をロシアの富豪に売却。

買い受けたロシア富豪は、店舗を「ロシア版マクドナルド」として再生。その店が、つい先ごろオープンしました。

新しい名前は、「フクースナ・イ・トーチカ」。

 

ただ…

この店、既に複数方向から「パクリ疑惑」が持ち上がっています。

難儀な船出ですね。

www.yomiuri.co.jp(2022/6/13)

www.bbc.com(2022/6/13)

 

続きを読む

【ガソリンの話】回りまわって、真綿首

新型コロナウイルス騒動も、かなり沈静化した昨今。日本政府は、観光客を起爆剤とした経済回復を考え、外国人観光客の入国制限を緩和しました。

地方自治体も同様。コロナ騒動で生じた様々な制限を緩め、割引サービスを広め、コロナ前の状況に何とか持って行こうとしていますね。

 

しかし、そういう活動を邪魔するニュースが、ここ最近増えています。

そのニュースとは、「ガソリン価格の高騰」です。

www.sankei.com(2022/6/8)

 

続きを読む