makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【詐欺の話】「多くの人が忘れている」というのは、「知られていない」のと同じ

昨日、以下の記事をアップ致しました。

テーマは、「”振り込め詐欺”や”特殊詐欺”と呼ばれる、架空請求詐欺事件」について。

 

tenamaka26.hatenablog.com

 

この手の詐欺は、ン十年単位で蔓延しているものです。ここ最近の話ではない。

「詐欺に警戒しましょう」というアナウンスは多いですが、それでもなお引っかかる人が絶えない。

その理由のひとつとして、「犯人は、常に手口をアップグレードする」というものがある。上記記事は、その辺について語るものです。

 

------------------------------------------

 

この「アップグレード」ですが…

「新手口を開発すること」を指すイメージが強い言葉ですね。

詐欺師は、手を変え品を変え、あまり知られていない手口で攻めてきます。故に、油断できない。

 

そうかと思えば、「使い古された手口を発掘&復活させる」という詐欺師もいます。

これは、厳密にいえば「アップグレード」と表現できないかも知れません。が、「古すぎて、アナウンスされなくなった手口」は、最早「新規の手口」と性質が同じ。

「多くの人が忘れている」というのは、「知られていない」というのと同じです。本当に油断できません。

 

------------------------------------------

 

例えば、こんな話があります。

本日(2021年11月21日)付の記事です。

特殊詐欺に関する記事ですが、手口が超古典的。「見ず知らずの相手から、宝くじが当たったという知らせが来る」というものです。

www.yomiuri.co.jp(2021/11/21)

 

続きを読む

【詐欺の話】犯人は、手口をアップグレードしてくるのです

「振り込め詐欺」や「特殊詐欺」と呼ばれる、架空請求詐欺事件。

未だに被害者が出ている、厄介な犯罪です。

 

筆者の知る限りでは、「少なくとも20年ほど前には、既に存在していた手法」です。

20年も経過すれば、「古典的な部類」に入りそうな、年季の入った詐欺手法になる筈ですが…。

未だに騙される人が絶えないのは、どこか「人の本質を押さえた」といえる手法なのでしょう。人が人である限り、どうしても消えない「心の隙間」を突く。故に、騙される人がゼロにならない。

 

そして、「犯人が、手口を常にアップグレードしている」という点も、かなり用心しなければならない点です。

特殊詐欺に関する情報は、あちこちでアナウンスされています。それでも引っかかるということは、「アナウンスされていない新手法」が次々生まれている…ということ。

 

犯人は「努力して、新しい騙しのテクニックを生み出す」という日々を過ごしているのです。

こちらも、「騙されない努力」をしなければならない。

常に警戒して、用心に用心を重ねて過ごさねばならない。

何とも難儀な時代になったモンですね。悲しい。

 

------------------------------------------

 

で、この「特殊詐欺」に関する話ですが…

「今迄あまり見られなかった新手法」に関する話が報じられ、しかも「その手法を見破って、被害を防いだ」というニュースが飛び込んできました。

 

被害を防いだのは、コンビニ店員さん。お手柄でした。

www.asahi.com(2021/11/20)

 

続きを読む

【ゲームの話】月蝕の夜に咲く(追記有)

(念の為、注意)

当記事には、至極微量ではありますが、ホラー要素が含まれています。

大抵の方は大丈夫だと思われますが、ホラーアレルギーの酷い方は読まない方がいいかも知れません。そんな方は、当ブログの別記事をお楽しみくださいませ。

 

----------------------------------

 

本日、2021年11月19日。

日本各地で、月蝕(月食)が観測されていますね。

筆者も、酒を片手に・肉眼で楽しみました。見事に欠けていた。

weathernews.jp(2021/11/19)

 

続きを読む

【「日本維新の会」の話】当ブログでは、衆院選前に警告していましたよ…

先日の衆院選で、大幅に議席を増やした「日本維新の会」ですが…。

早速といいますか、かなり異様な問題が報じられています。

 

ニュースを報じたのは、毎度御馴染み「週刊文春」さん。

ニュースの内容は、「維新議員の伊東信久氏が、マルチ商法に深く関わっている」というもの。

 

マルチ商法は、問題の多い商法として知られています。

消費者庁からも警告が出るくらい、数多くの問題を抱えるビジネス。

詐欺のネタに使われることもアリ。

(参考:消費者庁資料「マルチ商法にご用心!」https://www.caa.go.jp/publication/pamphlet/pdf/120712pamph.pdf

 

bunshun.jp(2021/11/10)

 

続きを読む