makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【笑ってはいけない話】「美術品修復・失敗騒動」の根底にあるもの

先日、かなり深刻というか、脱力系お笑いネタというか、何とも奇妙なニュースが流れていました。

その内容は、「美術品の修復を失敗した」というもの。

bijutsutecho.com(2020/11/12)

スペイン北西部の都市パレンシアのハイストリートにある銀行のファサードを飾っている女性像が、素人の修復家によって修復不可能なほどのダメージを受けた。

 

「The Art Newspaper」によると、1923年に初めて公開された同作は、かつて家畜の牧歌的な風景の中で微笑む女性が描かれていたもの。

地元の画家アントニオ・グスマン・カペルによるフェイスブックの投稿では、「ポテトヘッド」や「ドナルド・トランプ」「漫画」などという保護活動家や美術愛好家から怒りの声が上がっている。

 

スペインの美術保全協会(ACRE)はツイッターに「プロの修復ではない」と書き込んでおり、パレンシアを拠点とする保存修復家イラノス・アルグドは、「修復は修理ではない。修復は、国際的に承認された基準に従わなければならないし、IPCE(スペイン文化遺産協会)やスペインに存在するほかの認定機関が適用している基準にも従わなければならない」とコメントしている。

https://bijutsutecho.com/magazine/news/headline/23063より。改行等は筆者によるもの)

 

この手の「古美術品を修復しようとしたら、強烈な失敗作が出来上がった」という話。ここ数年で増加しています。

中でも有名なのは、「キリストのフレスコ画(壁画)を素人が修理したら、キリストではなく猿みたいになった」という事件でしょう。

失敗の衝撃度は巨大で、Tシャツのデザインに採用されてしまうレベルに。

www.afpbb.com(2013/8/22)

(クラブティー) ClubT スペイン フレスコ画 偉大なる修復~善意が生んだ悲劇~ Tシャツ Pure Color Print(シルバーグレー) M シルバーグレー(提供:Amazon)

 

続きを読む

【ロボットの話】リアル『ターミネーター』への序曲?

先日、以下のニュースが報じられました。

その内容は、ロボット開発に関するもの。

www.bloomberg.co.jp(2020/11/10)

ソフトバンクグループは傘下のロボットメーカー、ボストン・ダイナミクスを韓国の現代自動車に売却する方向で協議している。

事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

 

提案されている条件によれば、最大10億ドル(約1050億円)相当の取引で、ボストン・ダイナミクスの支配権を現代自が握ることになるという。関係者の1人が語った。

関係者は全員、情報が非公開であることを理由に匿名を条件に話した。

条件は最終決定されておらず、取引が成立しない可能性もあるとしている。

 

ボストン・ダイナミクスと現代自、ソフトバンクグループの担当者は、いずれも交渉についてはコメントを控えた。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-11-09/QJJG93T0G1L201より。改行は筆者によるもの)

 

ボストン・ダイナミクスといえば、「歩行ロボット」で有名な企業。

最近だと、四足歩行の犬型ロボット「Spot」が市販されて話題になりました。

www.youtube.com(2020/6/17)

 

ボストン・ダイナミクスは、元々MIT(マサチューセッツ工科大学)発の企業。一度はグーグル傘下に収まったものの、後にソフトバンクに買収されて今に至ります。

ソフバン関連企業の為、コロナ禍で「観客を入れての試合」が難しかった時には、ホークスの応援団として活躍したこともあり。

www.softbank.jp(2020/7/10)

 

続きを読む

【映画の話】『アルマゲドン』便乗軍団…とも言えない、苦笑い作品の裏事情

先日、「最近見た映画」に関する記事を書かせて頂きました。

取り上げた作品は、1998年の映画『ディープ・インパクト』と『アルマゲドン』です。

tenamaka26.hatenablog.com

 

上記記事の内容は、「なぜ同時期に、似た映画が2本製作されたのか?」について、背景を探るものになっています。

結論は、「パクリではない。そもそも、パクる意味が無い」「時代背景が、同じ路線の映画を生んだ」というもの。

詳しくは、上記リンク先をご覧くださいませ。

 

----------------------------------

 

で、ここからが当記事の本題。

 

『ディープ・インパクト』と『アルマゲドン』は、パクリ&パクられの関係ではありません。

しかし、『アルマゲドン』をパクった…と言われても仕方ない作品は、他に沢山あります。

いや、パクったというよりも、「元ネタの知名度に、便乗する気まんまん」と受け取られて当然。そんな作品がワンサカあります。

筆者の知る範囲だけでも、以下の様なものがズラリ。

 

続きを読む

【今週のお題】隕石映画が被った背景

今週のお題「最近見た映画」より~

 

 

先日、ツイッターのトレンドに、「テレビで、ディープインパクトやってる!」という話題が浮上していました。

それを見た筆者は、「ん? 競馬の話?」と思ったのですが…どうやら違った模様。

話の内容は、映画の『ディープ・インパクト』が、地上波で流れてたというものでした。

ディープ・インパクト (字幕版)(提供:Amazon)

 

筆者は、放送は見逃しました。が、題名を聞いて「所蔵コレクションの中に、映像ソフトがあったハズ」と思い出し、棚の奥からソフトを引っ張り出して鑑賞しました。

 

『ディープ・インパクト』は、1998年のアメリカ映画です。

「地球に巨大隕石が衝突する」という予測が報じられ、地球滅亡を避ける為に人類が奔走する…という内容。典型的なパニック映画です。

制作陣に「スティーブン・スピルバーグ」氏を招き、若き日の「イライジャ・ウッド」氏を配役した映画としても知られています。

 

1998年の映画ですから、ちょっと古いですね。

しかし、CGが本格導入された後の作品ですから、今観ても迫力は十分。

 

------------------------------------------

 

で、『ディープ・インパクト』の話が出たら、高確率でセットになる別映画が存在します。

その映画のタイトルは、『アルマゲドン』です。

アルマゲドン (字幕版)(提供:Amazon)

 

続きを読む