makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【ドコモ事件の話】セブンペイから学べなかったのか…

今、世間を騒がせている金融・IT関連の話題といえば、「ドコモ事件」です。

この話、強烈に厄介で深刻な問題。まだ全体像がハッキリしていませんが、下手をすると「未曽有の金融テロ」くらいの大事件になりかねない。そこまで危険な話です。

www.asahi.com(2020/9/9)

NTTドコモの電子決済サービス「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出しが相次いだ問題で、ドコモ口座を利用していない人が被害に遭っていることがわかった。

銀行口座の暗証番号などが盗まれると、被害を防ぐのは難しい状態だった。

 

各行は「身に覚えのない取引があれば連絡を」と呼びかけており、対象行の顧客は注意が必要だ。

https://www.asahi.com/articles/ASN995CY2N99ULFA012.htmlより。改行・強調等は筆者。以下同)

 

------------------------------------------

 

今回の事件を簡単に言えば、

「全く知らない口座へ、自分の預金が数万~数十万単位で、勝手に移されていた」

というもの。泥棒にやられたのと全く同じです。

しかも、家の金庫などではなく、セキュリティが効いているハズの銀行口座から盗まれていた為、衝撃度は倍増。とんでもない話です。

 

mainichi.jp(2020/9/9)

NTTドコモの電子マネー決済サービス「ドコモ口座」を利用し、地方銀行口座から不正に預金を引き出される被害が相次いでいる。

各行はそれぞれの口座とドコモ口座を連携させるための新規登録を停止。被害件数や被害総額は調査中だが、今後拡大する可能性もある。

 

8日までに被害が確認されたのは、

七十七銀行仙台市)、

中国銀行岡山市)、

東邦銀行福島市)、

滋賀銀行大津市)、

鳥取銀行鳥取市

の5行。

 

このほか、大垣共立銀行岐阜県大垣市)でも不正の疑いのある取引があった。

 (https://mainichi.jp/articles/20200909/ddm/041/040/055000c

 

続きを読む

【新型コロナウイルス騒動の話】支援策は歩いて来ない。だから探しに行くんだねぇ

前回記事の続きになります。

テーマは「これから発生するであろう、次の新型コロナ騒動に対処するには?」というもの。

www.makaranbox.com

 

2020年をカオスな状況にした「新型コロナウイルス騒動」。

未だに鎮火しそうな感じがしません。

 

問題を一気に解決へ導く「ワクチン」の研究も進んでいますが、そうそう簡単にはいかない。

中国やロシアが作るワクチンは、早めに出来上がりますが、信頼性があまりにも低い。「怖くて打てない」と仰る方が大半でしょう。

他方、イギリスやアメリカ等が作るワクチンは、安全性を担保する為に開発時間を多く必要とします。安全性と信頼度は高めですが、直ぐにはできません。

少しずつ前進しているのは間違いありませんが、もう少し時間がかかります。

www.bbc.com(2020/9/9)

 

------------------------------------------

 

他方、医学的分野とは別方向で、「キナ臭いな…」と言いたくなる問題があります。

それは、経済的問題。

www.jiji.com(2020/9/8)

www.sankeibiz.jp(2020/9/8)

 

続きを読む

【新型コロナウイルス騒動の話】気の緩みは不可避。しかし、これからの危機は回避可能かも?

本日は、ちょっとした注意喚起・警告的な話をば。

「この記事を読んで、身構えて下さる方が増えればいいな」と考えながら、筆を進めていきます。

 

------------------------------------------

 

2020年をカオスな状況にした「新型コロナウイルス騒動」。

ウイルスが根絶されることはなく、未だに感染者が増え、死者数も増えています。

この問題は、様々な分野に深刻な影響を及ぼしています。

 

しかし、最近の巷を見るに、「よくない方向で、ウイルス騒動に慣れてきた」と思しき光景がチラホラ。

要は、”警戒感が緩んでいる”という話です。

 

そもそも、本来「警告を発すべき側」である省庁やマスコミからして、緩みが目立ち始めています。

毎日報じられる「本日の新規感染者数」のニュースは、もう天気予報並みの立ち位置。

「飛沫が飛び散るから、同じマイクを回して使わない方がいい」「使うとしても、マスク着用で」という話が出ているのに、某首長さん達は「マスク無し&マイクの奪い合い」で宣伝スピーチをやる。

記者会見で所見を述べる専門家が、マスクをちゃんと着けずに鼻丸出し。

「密集を避けてください」と訴える場が、記者だらけで密集。

…いろいろと奇妙な光景が散見されます。

 

警告を発する側がツッコミどころを抱えている…となれば、最悪です。誰も言うこと聞いてくれなくなります。「他人に注意する前に、お前らがちゃんとやれ」で終わってしまいますので。

 

------------------------------------------

 

同様に、我々一般市民にも、緩んだ様子が。

 

人のいない所では構わないとしても、ショッピングセンターの様な「そこそこ人の多いところ」でマスクをしない。

手洗い・うがいをやらない。

手指消毒剤を使う人が減っている。

 

「喉元過ぎれば、熱さを忘れる」という話でしょうか。まだ熱さは続いているのですが…。

www.jiji.com(2020/9/4)

 

続きを読む