makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

武器は・質の良いものを・2つ以上揃えて

ネットが発達した昨今。数多くの記事や情報が、次々と生まれています。

時事ニュース、エンタメ情報、イベント告知、天気予報…などなど。

 

そういった記事・情報を執筆する人や会社も色々。

同じ話を特集しても、媒体によって分析結果は様々。

多種多様な記事の中から、自分に合った情報を選ばなければならないので、読者側も大変です。

 

そんな多くの記事の中で、「閲覧されやすく、商売として成功しやすいのは何か?」と問われれば…。

それは、恐らく「医療系記事」でしょうね。

 

「健康でありたい」「病気になりたくない」という思いは、誰にでもあります。皆が興味を持ち易いジャンルです。

加えて「健康である為に、コストを惜しまない人々」というものは、いつの世でも存在しますし、その数も膨大。多人数向けの商売は、成功する確率も高くなります。

 

しかし、そういう世界だからこそ、闇もまた多いもの。

医療情報は玉石混交であり、何が正しくて・何が間違っているのか、判断が難しい分野でもあります。

その事に対し、新たな警鐘が。

 

medical.jiji.com(2019/5/22)

 あるブログが昨年、物議を醸しました。ブログの運営者は内科医を名乗る人物。医師の視点から、病気を予防するために必要な食事などを紹介していたほか、TwitterFacebookなどのSNSを上手に利用し、病気と食事に関する情報を発信していました。

 

 ところが、発信する内容に医学的な誤りが多いことや、特定の健康食品の推奨が妙に多いことを疑問視した多くの医師が、ネット上で注意喚起を始めました。このことがネット上に広く拡散し、多くの人が知るところとなりました。

 

 すると、その運営者はSNSのアカウントを削除、ブログも閉鎖しました。また、自分が医師だと詐称していたこと、特定の健康食品購入に誘導して広告収入を得るのが目的だったと公表しました

 

 本人は取材に対し「医師が栄養について説明すれば、ビジネス上のチャンスがあると考えた」と告白し、購入した方には説明や補償をする考えを示しました。

https://medical.jiji.com/topics/1161より。朱入れ等は筆者によるもの)

 

医師ではない者が、「私は医者だから、価値ある医療情報を教えます」として、SNS等で情報拡散。

目的は、「健康食品を買わせる為」だったとのこと。

上記記事には詳しく書いてありませんが、医師法違反や薬機法違反の疑いアリ。加えて、詐欺に問われるかも知れない話です。警察が動いた可能性はありますね。

 

続きを読む

異世界との約束

本日は、とある漫画をご紹介。

作品の題名は約束のネバーランド

 

(提供:honto)

  (原作:白井カイウ 作画:出水ぽすか 集英社)

 

この作品は「週刊少年ジャンプ」誌上にて、現在も連載中。

コミックスは、2019年5月21日現在で、既刊13巻。

2019年初には、テレビアニメとして放送されました。その後、第二期の製作も決定。放送予定は2020年。

約束のネバーランド』は、今、最も勢いのある作品の一つです。

 

------------------------

 

この作品は、従来の「少年ジャンプ漫画」と比べ、色合いを異にしています。

 

後に詳しく述べますが、『約束のネバーランド』には、ミステリーサスペンスの要素が多め。ちょっとしたホラー要素もあります。

また、少年漫画にありがちな「プライドを賭けた熱いバトル」というものは殆ど無く、「どうやって生き残るか?」というサバイバル要素が強い。

敵と戦う場面もありますが、主人交達に「特殊な戦闘技術」や「超能力」があるわけでもなく、「情報戦」「心理戦」「頭脳戦」等が中心になります。

 

www.youtube.com(アニプレックス公式チャンネル 2019/5/21閲覧)

続きを読む

a diversity of ghost

まだ5月ですが…各地で真夏日(最高気温30℃以上の日)の報告が相次いでいます。

この調子だと、今年の夏も危険な暑さに…?

出来れば、勘弁して頂きたいところです。

 

「暑い夏につきもの」といえば、カキ氷やアイスクリームなどの冷たい物。ヒンヤリして美味しい。

そして、ヒンヤリといえば「怪談」ですね。昭和末期頃には、テレビ番組で怪談特集が乱発されていたそうですが、最近は怪談を扱うテレビが激減。その代わりに、ネットや映像ソフトに情報が集中しています。

 

そんな「ネットで見る事ができる怪談」の中で、興味深いものがありました。

題名は『何やってんすか 霊子さん』

作者は、三上(@nezimakiatama)さん。

twitter.com(2019/5/20閲覧)

 

人気に火がつき、各種ネットメディアから取材を受けるほど。
nlab.itmedia.co.jp(2019/5/15)

続きを読む

THE・鳥山ワールドッ!

本日は、とある漫画をご紹介します。

作品名は『COWA!』(こわ!)

作者は、『Dr.スランプ』や『ドラゴンボール』等で御馴染みの、鳥山明氏。

 

(提供:honto)

 (著:鳥山明 集英社)

 

『COWA!』は、『ドラゴンボール』の連載終了後に描かれた作品。当初から「短期集中連載」として製作された作品で、コミックスは全1巻。

Dr.スランプ』や『ドラゴンボール』に比べて、話の分量としては少なめ。しかし、綺麗にまとまっており、とても読み易い作品です。

 

特徴的なのは、「作者が、楽しんで描いている」という感じが、読者にも伝わってくる…という点。

話の内容や絵柄から、「鳥山氏が、ウキウキしながら描いている」という姿が想像できます。コミックスのコメントにも、「前からやってみたかった」との文言が。

 

楽しみながらやった仕事は、結果が良い事が多いもの。特に「クリエイティブな仕事」に関しては、その傾向が顕著です。

続きを読む

「ゲームみたいだな」と思ったら、本当にゲームだった

私、ツイッターをやっています。

気になったニュースや世間話、自分が書いた記事の更新情報まで、雑多に呟いております。フォロワーの皆様、お世話になっております。

勿論、自分が発信するだけではありません。皆さんからのツイートを拝見し、楽しく読ませて頂いております。

 

しかし、楽しいツイートばかりなら良いのですが…。

迷惑なツイートやアカウントも多数存在。酷いものになれば、「明らかに違法なもの」や「名誉毀損の過激発言」など、警察沙汰になる発言が散見されます。

(そして、本当に警察沙汰になる例が多数)

 

その中でも(悪い意味で)目に付くのは、「儲け話系」のもの。

「1日15分の作業で、日給3万円!」

「毎日が給料日!」

スマホ1台で自由な生活を手に入れた!」

こんな話が、そこらじゅうに転がっています。

 

そんな旨い話が本当に存在するのであれば、確実に「ノーベル経済学賞」を受賞しますし、世界各国の財政赤字は1年以内に解決します。間違いありません。

しかし、実際の姿は違いますね。なぜなら「怪しい儲け話アカウントが語る話は、真っ赤な嘘だから」です。

 

昨日も、そんな詐欺のニュースが、またひとつ。

www.asahi.com(2019/5/17)

続きを読む