makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

まさかの鳥兜

春です。草木が活発に活動を始める時期。

気候も温暖になり、外出し易くなる時期でもあります。

 

賑やかなテーマパークに出かけるのもよいですが、静かな山に行くのもオツなもの。特にこの時期は、美味しい山菜が採れます。タラの芽、山ウド、ゼンマイ…他多数。

ちょっとした運動がてら山菜を採り、家に持ち帰って料理する。春ならではの楽しみと言えます。

 

しかし、用心を欠かしてはいけません。毎年の様に「勘違いによる食中毒」が発生しています。「食べられる山菜だと思ったら、実は毒草でした」という笑えない話が多い。

今年も、そんな食中毒の話が出ています。

 

www.sankei.com(2019/4/20)

群馬県は20日、誤って有毒植物のイヌサフランを食べた渋川市の70代の夫婦が、食中毒で救急搬送されたと発表した。妻は軽症だが夫は意識不明の重体。

 

県によると、夫婦は17日に知人宅に自生していたイヌサフランギョウジャニンニクと思って自宅で炒め物にして食べたところ、同日の夕方ごろにおう吐、下痢、呼吸困難などを訴え、渋川市内の病院に救急搬送された。

https://www.sankei.com/life/news/190420/lif1904200040-n1.html 2019/4/20)

 

ギョウジャニンニク(行者葫)」は、別名「アイヌネギ」とも呼ばれる山菜。その名の通り、ニンニクに似た臭いを持つ野草で、葉や茎を食用にします。

 

この「ギョウジャニンニク」によく似た外見を持つ「イヌサフラン」という草があります。イヌサフランは猛毒。花が綺麗なので、園芸用に植えられる事がありますが、食用ではありません。

続きを読む

「メメタァ」「メギャン」で困る人々

2019年4月から、「外国人労働者の受け入れ枠」が拡大しました。

以前にも増して、外国人の方々が沢山やってきて、日本で暮らす状態に。

 

外国の方が日本で暮らすとなると、まず気になるのは「言葉の壁」ですね。

日本語は、「数ある言語の中でも、習得が難しい部類である」という話を聞きます。

 

そんな「日本語を学ぶ外国人の方々」について、ユーモラスに描いたコミックエッセイがあります。

題名は日本人の知らない日本語です。

 

(著:蛇蔵、海野凪子  KADOKAWA)

 

主人公の「なぎこ先生」は、日本語教師。著者として名前が出ている「海野凪子」さんの事ですね。

作中で明記されている訳ではありませんが、恐らくは彼女の実体験を基に描かれたエッセイ本だと思われます。

 

---------------------------

 

この日本人の知らない日本語は、日本語学校での授業風景や、先生が外国人生徒さんからの質問に答える様子を描いています。

そのヤリトリが、非常に面白い。

続きを読む

キラキラ☆政治ネーム

今年は選挙イヤー。統一地方選衆院補選が現在進行中です。

夏ごろには、参議院議員選挙が実施予定。

 

そこに来て、ちょっと変わった話が浮上。

参議院議員の「山本太郎」氏が、新党を立ち上げたそうで。新党の名前は、「れいわ新選組」。

 

www.sankei.com(2019/4/10)


上記の産経記事内で、山本議員が「れいわ新選組」という名前に込めた想いを語っています。

「れいわ新選組」という団体名に関しては「平成は経済停滞と格差が拡大した時代だった。大手企業にコントロールされた政治家たちが人々を搾取し続けた」と振り返った上で、「新時代を変えていくんだという思いで元号を使わせていただいた。『新選組』は、新しい時代に新しく選ばれる者たちという意味だ」と説明した。

https://www.sankei.com/politics/news/190410/plt1904100049-n1.html

 

なるほど。そういう意味なのですね。まあ…アリと言えばアリですが、多くの方が「新選組」という名前に引っかかった様子。

と申しますのも…この名前、幕末に存在した組織新撰組から持ってきた事がミエミエだったからです

 

新選組」と「新撰組」は、漢字は少し違いますが、”表記ゆれ”として認識されているもの。どちらも意味と読み方は同じ。

(「表記ゆれ」とは、同じモノでも書き方が複数あり、どれも通じるという状態のこと。例としては「いぬ」「イヌ」「犬」とか、「引っ越し」「引越し」「引越」など)

 

-------------------

 

新撰組(以下、この書き方で統一します)は、歴史ファンなら誰でも知っているであろう有名組織。幕末を題材にしたドラマや漫画では、主役・敵役の双方で出演する組織です。

近藤勇土方歳三斎藤一沖田総司…等々、著名人もズラリ。明治時代にまで活躍の場を広げた隊士も多数。例えば、漫画『るろうに剣心』では斎藤一が、『ゴールデンカムイ』では土方歳三永倉新八が、それぞれ主要キャラとして登場しています。

組織としても有名。所属した人間も有名。新撰組のネームバリューは群を抜いています。

 

しかし…政治団体として「れいわ新選組」と名乗るのは、ちょっと危険かもしれません。

その理由は、

新撰組は、江戸幕府を守る為に作られた、武装警察」「現体勢維持の為なら、反乱分子の殺傷もやむなしという保守・武闘派組織」

だったから。

改革とは正反対の存在です。

続きを読む

理系の方がワクワクする?…そんな歴史漫画

本日は、「ちょっと変わった人物」が出てくる歴史漫画をご紹介します。

作品の題名は『ヘウレーカ』。コミックスは全1巻と、コンパクトな分量にまとまっています。

作者は「岩明均」氏。あの有名な『寄生獣』の作者です。

 

(著:岩明均 白泉社

 

『ヘウレーカ』の舞台は、紀元前200年代のイタリア。ローマ軍とカルタゴ軍が争う乱世で、カルタゴの猛将「ハンニバル」が活躍した時代です。

(作品は違いますが、漫画『キングダム』で描かれる時代も『ヘウレーカ』と同じ頃です)

 

主な舞台は、イタリアの「シチリア島」です。そこに「シラクサシラクーザ)」という都市があります。そのシラクサにおける篭城戦(ろうじょうせん。城などに立てこもって防御すること)が、話の中心になります。

(戦争を描いた作品なので、血が苦手な方はご用心!)

 

続きを読む

けもフレ騒動(2)炎上話ばかりでも何なので…

有名アニメけものフレンズ関連記事。第2弾です。

前回記事は、以下。

 

tenamaka26.hatenablog.com

 

元々はアニメ単体ではなく、「けものフレンズプロジェクト」というメディアミックス活動でした…というのは、前回記事で述べた通り。

その中で、最も人気があるのは、2017年に放送されたアニメ第1期です。

しかし、2019年放送のアニメ第2期では「裏方のゴタゴタが原因で大炎上中」…というのも、前回記事で述べた通り。

 

ホンワカと緩いアニメだった筈が、なんとも苦い状況になってしまいました。

製作サイドが適切に対処してくれる様に、期待しております。

 

------------------------

 

さて…

派手な炎上話ばかりでも何なので、あまり騒がれない、「けものフレンズ」の地味な部分の話題をひとつ。

「何も考えないままでは、炎上する可能性が高かった。しかし、炎上を避けた」という要素について、触れてみます。

 

アニメ『けものフレンズ』と『けものフレンズ2』には、様々な動物が出演します。その全てが「可愛い女の子の姿に擬人化された状態」で描かれています。

 

続きを読む