makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

【駄菓子の話12】「元ネタを知らない人」が増加している…?

大人気マンガ『だがしかし』

それに触発されて書く、駄菓子記事の第12弾です。

 

tenamaka26.hatenablog.com

 

今回取り上げるのは、「食べルンですHi」です。

 

(提供:Amazon)

 

「食べルンですHi」は、カラフルなラムネ菓子。

何色のラムネが出てきたかで・運勢を占う…という、オマケ的な楽しみ方もできます。

 

この商品は、『だがしかし』の4巻に登場しています。

(提供:Neowing)

(著:コトヤマ 小学館)

 

---------------------------

 

「食べルンですHi」は、あのチャレンジ精神溢れるメーカー「オリオン」さんが製造する商品です。

 

orionstar.co.jp

 

オリオンさんが、どれくらいチャレンジャーかといえば…

過去に「コカ・コーラ社」とガチで裁判やるくらいのチャレンジャー。

コカ・コーラ社といえば、飲料大手の世界的大企業です。

その話は、当ブログでも書かせて頂きました。

 

続きを読む

【違法薬物の話】黄泉沼へ沈む前に、立ち止まる勇気

ここ最近、違法薬物関連の話が多い。

「有名人が逮捕」との話もいくつか出ていますが、その中でも最も騒がしいのは、「沢尻エリカ」容疑者に関するニュースでしょう。

そんな沢尻容疑者に、新情報が追加されました。

www.sankei.com(2019/12/6)

合成麻薬MDMA」を所持したとして麻薬取締法違反容疑で女優の沢尻エリカ容疑者(33)=東京都目黒区碑文谷(ひもんや)=が逮捕された事件で、警視庁組織犯罪対策5課が自宅から合成麻薬「LSD」を押収していたことが6日、捜査関係者への取材で分かった。

東京地検は勾留期限の6日に起訴するか刑事処分を判断する。

 

捜査関係者によると、11月16日朝の家宅捜索時に紙片を発見し、鑑定の結果、紙片からLSDが検出された。

LSDを染み込ませた紙片を口に含んで使用するタイプとみられる。沢尻容疑者は、捜索で押収された粉末状のMDMAが入ったカプセル2個とともに所持を認めている。

 (https://www.sankei.com/affairs/news/191206/afr1912060004-n1.htmlより。改行・強調等は筆者によるもの。以下同)

 

LSD(エル・エス・ディ)は、強烈な幻覚作用のある麻薬の一種。勿論、日本では違法薬物に指定されています。

沢尻容疑者は、「MDMAだけではなく、大麻・コカイン・LSDも服用した」と供述していましたが、証拠が押さえられたとの報道は見当たらなかった。

今回、LSDの現物が押収されたとのこと。どんどん罪が重くなる方向に行っています。

 

勾留期限は本日・12月6日まで。今日中に動きがあり、またニュースになるでしょう。

(※12/6 18:00追記 沢尻容疑者は起訴されました。が、直後に弁護士から保釈請求が出て、地裁が保釈を決定しました)

 

----------------------------------

 

連日報道される、薬物犯罪の話と、違法薬物の怖さの話。

ネット・テレビ・ラジオ・出版物…様々なメディアを通して、多くの方が情報を伝えています。

 

その中で、筆者が特に関心を持った方が2名いらっしゃいます。

どちらも、身に染みて薬物・依存症の怖さをご存じの方です。

その方たちが語った言葉を当記事で紹介させて頂き、読者様が薬物を軽く考えない様にして貰えれば…と考えます。

 

続きを読む

【マンガの話】福か、悪夢か

本日は、とあるホラー&スリラー&サスペンス漫画をご紹介します。

作品のタイトルは、ゴールデンゴールドです。

(提供:Neowing)

(著:堀尾省太講談社)

 

ゴールデンゴールド』は、月刊漫画誌「モーニングtwo」にて連載中の作品です。

コミックスは、既刊6巻。

 

上画像は、単行本1巻の表紙になります。

可愛い女の子と、テカテカのお地蔵様みたいなものが描かれていますね。

とてもホラー要素がある感じには見えませんが…。

 

----------------------------------

 

ゴールデンゴールド』の舞台は、瀬戸内海に浮かぶ架空の島「寧島(ねいじま)」です。

寧島は、「因島尾道に近い、小さな島」という設定。民宿・食品スーパー・雑貨屋・小さなスナックなどはあるものの、コンビニはありません。

これといった観光の目玉もなく、外部から訪れる人は少ない島です。

寧島には、本州との連絡船があり、交通の便はそれほど悪くありません。

島の子ども達が、路線バス感覚で船に乗り、塾通いができる程度の交通網は備わっています。

この島に住む中学生の女の子「早坂流花(はやさか・るか)」が、『ゴールデンゴールド』の主人公です。

 

続きを読む

【お手軽ダイエット?の話】もし本物が存在すれば、国が動くハズ

ダイエット。

老若男女問わず、頭の痛い話です。

筆者も…万年ダイエッターの人間です。

 

ダイエットは、楽なものではありません。しかし、できるだけ苦しまずに痩せたい。

こう思う方は多いでしょう。

その願望を見透かす様に、「簡単に痩せられる!」「これだけやればOK!」と威勢の良い広告を出す業者は多いもの。

そして、消費者庁から「根拠のないことを言うな!」と怒られる業者も後を絶ちません。

昨日も、そんなニュースがまたひとつ。

 

www.asahi.com(2019/11/29)

「体に貼るだけでやせる」などとうたったダイエット用品の広告表示には合理的な根拠がないとして、消費者庁は29日、景品表示法違反(優良誤認)で販売業者3社に再発防止などを求める措置命令を出した。

 

消費者庁によると、命令を受けたのは、

シンビジャパン(東京)

ユニッシュ(大阪市

タットワ(東京)

の3社。

 

3社は遅くとも今年4月以降、パッチ型のダイエット用品に関し

「貼るだけカンタン」

「へそに貼るだけでくびれが出現!」

などと自社のホームページに掲載し、短期間で著しい痩身(そうしん)効果があるかのような表示をした。

 

消費者庁は3社に表示の裏付けとなる資料の提出を求め、提出された資料を調べたが、合理的な根拠がないと判断したという。

3社は取材に対し、「誤解を招くような表示をしないよう努めていく」などとそれぞれコメントした。(兼田徳幸)

https://www.asahi.com/articles/ASMCY5Q7GMCYUTIL03H.htmlより。改行・強調等は筆者)

 

続きを読む

【炎上広告の話】命の話は、取り扱い注意

先日、ちょっとした炎上騒ぎがありました。

騒ぎの中心にあったのは、厚生労働省が発注した「人生会議の啓発ポスター」です。

www.sankei.com(2019/11/26)

厚生労働省は26日、終末期にどのような医療やケアを受けるか事前に家族や医師と話し合っておくよう啓発するポスターについて、患者団体の抗議文など批判を受けて同日予定していた自治体への発送を中止した。

 

厚労省が「人生会議」と愛称を付けた取り組みを普及させるため、吉本興業に委託して作成し、25日に公表したばかりだった。

https://www.sankei.com/life/news/191126/lif1911260043-n1.htmlより。改行・強調等は筆者によるもの。以下同)

 

このポスターは、「終末期医療」とか「ターミナルケア」とか「アドバンス・ケア・プランニング」等と呼ばれるものについて、人々に考えて貰うことを目的に作成されています。

 

人は、いずれ死にます。

人生会議とは、余命宣告されるレベルになる前に、

「残された時間を、どうやって過ごして貰うのか」

「どうやったら患者さんを快適にできるのか」

「患者さんの意思表示能力が低下する前に、できることはないか」

等をあらかじめ考えて貰うこと…がテーマの話。患者さん本人だけでなく、家族や医療関係者をも巻き込んで行うものです。

 

「もう助からない」となってから慌てても、出来ることは少ない場合があります。そうなる前に、いろいろと話をしてください…と促す。

そういう提案が、当該ポスターを通して宣伝される見込みでした。

 

------------------------------------------

 

人は、いずれ死ぬ。

それは分かっているとはいえ、「元気なうちから、死ぬ時の準備話? 縁起でもない!」と反発する方は少なくない。

そういう方に対して、「少しでも考えを変えて貰えれば」との想いを込めて生まれたポスターである。

…こう考えれば、納得できる部分は大きいでしょう。

 

しかし、実際には炎上騒ぎになり、ポスターは配布前にお蔵入りとなりました。

何故か?

 

続きを読む