makaran宝箱

時事ネタ・法律・エンタメなどなど、様々な話題を分かりやすく&面白く味付けしてお届け!

事の発端を覚えている人は、何パーセントいるの?

受験シーズンもほぼ終わり、次のスタートへ移行する時期になりました。

受験生の皆様、お疲れ様でした。

来年に受験する皆さん、心身を壊さない様に気をつけて、目標に進んでください。

 

そう思っていた所、受験に絡むニュースで、予想通りの動きが。

不正入試が報じられた「東京医科大」に対し、民事裁判が始まった…とのこと。

 

www.bengo4.com2019年3月22日)

東京医科大が過去の医学科入試で、女性と多浪の受験生を不利に扱う入試不正をしていた問題で、元受験生ら33人は3月22日、東京医大に約1億3000万円の損害賠償を求め東京地裁に提訴した。

訴状などによると、原告は2006年度と2011~2018年度の入試を受けた33人(20代が中心)。全員が女性で、現在も浪人を続ける受験生や進学を諦めて他学部に入った学生、他大学の医学生、現役医師、他の職務についている社会人となっている。

 

33人が連名で提訴し、総額1億3000万円の損害賠償&慰謝料ですか。

単純計算で、一人頭・約400万円。

 

各個人で状況は違うと思いますが…。仮に「入試不正で不合格になり、1年間の浪人生活を送った」とすれば、予備校の授業料や生活費で百万単位のお金が動いても、全く不思議ではありません。

 

受験後に入試不正が発覚すれば、「不正が無ければ合格していたかも知れない」「浪人しなくて済んだのに」となります。浪人生活にかかったお金を返せ!…と言い出すのは、理解できる話。

 

そもそも、東京医科大学の入学検定料金(テストを受ける為のお金)は、6万円

続きを読む

漫画『キングダム』の話(レベル2・一回は通しで読んだ事のある人向け)

前回に続き、大人気漫画『キングダム』の話です。

秦(しん)の始皇帝が、いかにして中国統一を果たしたかを描く歴史漫画。

「従来の始皇帝イメージとは、全く違う姿」を描く作品として、高い人気を誇っています。

(↓ちなみに、前回分は下記リンクにて↓)

tenamaka26.hatenablog.com

 

前回は、題名の通り「漫画をよく知らない方、初心者向けの記事」でした。

今回は、最新刊までコミックスを読んでいて、話の流れも大体分かるという「中級者くらい」を意識した記事になっております。

 

今回のテーマは、「秦の六大将軍が復活した時、主人公・信はメンバーに入れるのか?」

 

続きを読む

バリヤー展開は、できるだけ早めで

オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」などの特殊詐欺。

無くなりませんね。

 

だんだん手口も巧妙化し、「そんな手の込んだ事が出来るなら、マトモな働き口を探した方がいいのでは?」と思える事例もチラホラ。

 

そんな昨今。本日も、特殊詐欺に関するニュースが伝えられました。

 

www.fnn.jp(2019年3月20日

  巧妙化する詐欺…。検察庁の偽のホームページへの誘導する新たな手口があることがわかりました。

 18日午前10時45分ごろ、名古屋市中区の30代の女性の携帯電話に警察官を名乗る男から「国際的金融詐欺にあなたの口座が使われていた」などと電話がありました。

 女性は身に覚えがなかったものの、男に言われた通り、インターネット上でアドレスを入力したところ、表示されたのは「検察庁」と書かれたホームページ。

 さらに、「被害者認証のため」と、男の指示でホームページ上で自分の名前を入力すると名前と裁判所名などが画面に表示されたため、女性は、自分が「国際的金融詐欺」の被害にあったという男の話を信用したということです。

 

「特殊詐欺に引っかかる人は、お年寄り」というイメージがあるかも知れませんが、それはあくまでもイメージの世界。

油断すれば、誰だって引っかかります。

上記ニュースによれば、今回の被害者は30代の女性。お年寄りではありません。

 

続きを読む

漫画『キングダム』の話(レベル1・あまり知らない人向け)

超有名漫画『キングダム』

週刊ヤングジャンプ」誌上にて連載中の、大人気漫画。

連載開始から13年目、コミックスは50巻を超えました。アニメやゲーム等、関連作品も多数製作。

2019年4月には、実写映画が公開予定となっています。

 

kingdom-the-movie.jp

 

www.youtube.com東宝MOVIEチャンネル)

 

『キングダム』は、紀元前200年代の中国を舞台にした作品。『史記』という有名な歴史書を下敷きに、独自の見解で語られる物語です。

歴史上の大人物「秦の始皇帝」が、いかにして中国を統一するかを描いた作品。

 

---------------------------------

 

「この作品の特徴を、四つ挙げろ」と言われれば…。私は、以下の答えを返します。

 

(特徴1)主人公の成り上がりっぷりが凄い

続きを読む

任せていいもの・駄目なもの

本日、ちょっとビックリする話を見つけました。

郵便局員が、詐欺紛いの方法で、契約を取っている」というニュースです。

 

www.nishinippon.co.jp(2019年3月18日)

長年培った地域からの信頼を逆手に取り、高齢者に不必要な保険契約を結ばせる。客に不利益になるような保険の「乗り換え」を勧める…。日本郵便の内部資料で明らかになった不適正な営業の実態。民営化以降、全国の郵便局では収益の向上が求められており、専門家は「現場に過重なノルマが課されていることが一因」と指摘する。

 

認知症のお年寄りに契約させた」

「月額保険料が約50万円に」

「局長が、法律で義務付けられた説明をしなかったり、自局内の不祥事を隠した」

…等々、どう考えてもおかしい話がたくさん。消費者センターへの相談件数も増加しているとのこと。

続きを読む